デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
タグ:ビザンツ ( 4 ) タグの人気記事
ビザンツ皇帝に仕えたヴァイキングたちを紹介する。ラーション『ヴァリャーギ ビザンツの北欧人親衛隊』
ヴァリャーギ、ビザンツの北欧人親衛隊

『ヴァリャーギ ビザンツの北欧人親衛隊』

(マッツ・G・ラーション。訳/荒川明久。国際語学社。2008年。2600円。294ページ)
序 皇帝のもとへの逃亡
第1章 憧れの帝都、ミヒクラガルズル
第2章 初期の状況
第3章 厄介者のヴァリャーギ、ミヒクラガルズルへ
第4章 ヴァリャーギの掟
第5章 ハーラル毅然王の冒険
第6章 ルーシ人の攻撃
第7章 行列、出撃そして軍事遠征
第8章 大惨劇
第9章 鼻を削がれた恨み
第10章 キリアラックス
第11章 皇帝に謁見した北欧諸王
第12章 聖王の加護
第13章 衰退から滅亡へ
第14章 名誉ある帰国
第15章 ビザンツの遺産
ルーン石碑一覧
ルーン石碑に刻まれたギリシャ遠征
石碑分布図・画像と銘文
ビザンツ王朝系図・歴代ビザンツ皇帝
ビザンツ関連年表
参考文献
索引
訳者あとがき


なんと! ヴァリャーギ親衛隊の本が出ましたよ。
今日は『戦争は女の顔をしていない』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ )を買いにジュンク堂まで行ったのですが、こんな本が売ってるのに気づいて、吃驚しました。
中世に北欧からビザンツ帝国まで行ってビザンツ皇帝の親衛隊として戦った人たちのことを扱った本です。それも最盛期のことだけではなく、ちゃんと衰退期のことまで範囲に入っています。
サガで謡われた人物たちが多いですが、ビザンツ史料や、アルメニアやグルジアなどの史料も参照し、どのような活動をしていたのか、などを紹介しています。もちろん、キエフ・ルーシ関連のことも書かれています。
ヴァリャーグものとなると、つい全盛期の話ばかりになってしまうものですが、12世紀以降のことも扱ってるし、アラビア史料からの情報まで含まれているので、今まで聞いたことないような話まで入っていて、それだけでも面白いかと。

はじめは気づかなかったのですが、この本書いたのは『悲劇のヴァイキング遠征』の著者でした。

悲劇のヴァイキング遠征

『悲劇のヴァイキング遠征 東方探検家イングヴァールの足跡1036-1041』

(マッツ・G・ラーション。訳/荒川明久。新宿書房。2004年。2500円。240ページ)


これは癖のある本でしたが、なかなか楽しめました。
今回の『ヴァリャーギ』も、やはり癖がありますが、前よりかは読み易いみたいです。みたいです、っていうのは私もまだ全部読んでないから。訳者も前回と同じ人です。

今日は、『ヴァリャーギ』の他にもユーラシア選書の『モスクワを歩く 都市伝説と地名の由来』『キャラバン・サライのロシア 歴史・民族・地政学』(上巻だけ)を買ってしまいました。あ、『戦争は女の顔をしていない』を買い忘れた!
先日、ルースカヤ・プラウダ関連の論文があると知って「中世ロシア法文献における慣習の反映」と「ルースカヤ・プラウダ簡素本の起源と意義」(ともに草加千鶴氏)を読んだばかりですが、同人誌のこともあり、最近なんかロシア関連立て続け。
それにしても、今、この忙しい時期に、こんな出されると困りますよ! どこから読もうか・・・

参照サイト
悲劇のヴァイキング遠征
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/new5-15/html/mybooks/ISBN4-88008-324-0Viking.html
近衛隊・親衛隊の歴史
http://mentai.2ch.net/whis/kako/1014/10142/1014216184.html
ヴァリャーギからグレキへの道(洞窟修道院)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/hosetu3.html
海賊の話「ヴァイキング その17 ワリャーグ2」(kitonbo.com)
http://www.kitombo.com/pirates/0620.html
ヴァリャーグ(ヴァリャーギ。ワリャーグ)
http://www.toride.com/~digxwa/digxwaFiles/dicf/dic_03uf/d_varyagu.htm

関連記事
間に合うかはかなり微妙ですが、コミケ74は『リューリク家君主一覧』にしようかと思ってます。
http://xwablog.exblog.jp/9162711/
バシレイオス1世の人脈と政治力についてとかペルシアの十二支とか。『史林』第91巻 第3号
http://xwablog.exblog.jp/9075441
深紅の魔女が秘めた聖宝をめぐる旅。麻木未穂『黄金の魔女が棲む森』第1巻。ローマ帝国が舞台のラノベ。
http://xwablog.exblog.jp/8032370
[PR]
by xwablog | 2008-07-29 03:37 | 書庫
バシレイオス1世の人脈と政治力についてとかペルシアの十二支とか。『史林』第91巻 第3号 


『史林』第91巻 第3号 史学・地理学・考古学
(史学研究会。発売/東京堂出版。2008年。1200円。162ページ)
論説
叡山文庫所蔵の『事林広記』写本について------宮紀子
ペルシア語文化圏における十二支の年始変容について ティムール朝十二支考-----諫早庸一
日清戦争後における経済構想 金子堅太郎の「工業立国構想」と外資輸入論の展開------中元崇智
研究ノート
「簒奪皇帝」の栄光と失敗 ビザンツ皇帝バシレイオス1世の政治運営をめぐって-----小林功
19世紀以前の那覇を描いた俯瞰的絵図の基礎研究 年代・構図・系譜------堀川彰子
書評
南川高志編著『知と学びのヨーロッパ史 人文学・人文主義の歴史的展開』-----伊藤順二
浅野豊美編『南洋群島と帝国・国際秩序』-------冨永望
紹介
エドガール・フォール著(渡辺恭彦訳)『チュルゴーの失脚 1776年5月12日のドラマ』-------谷田利文
訃報
本会元理事長 佐藤長先生を偲ぶ

今日は友達がオススメしてくれた『鈴木式電磁気的国土拡張機』(栗岳高弘)を買うために久々にジュンク堂など行ってみたのですが、残念ながら売ってなかったので、代わりになにか買うかな〜、と考えてこれにしました。
『史学雑誌』の最近のやつか『歴史群像』か『ナショナルジオグラフィック』の最新号にしようか迷いましたが、内容でこれにしました。小林功氏によるバシレイオス1世周辺の政治的関係を扱ったものなんですが、これが非常に面白かったです。やはりここらへんの時代の話はたまらなく魅力的ですね。
バシレイオス1世が基本的には軍事力を背景とした政権のトップであって、政治力を持つ人材となんとかして繋がりを持とうと苦心してる様子がみれて面白いです。フォティオスとの関係もあって、東欧ロシアへのその後の影響も考えると見逃せない時代かと。
あと、ペルシア圏における十二支のことについて解説した話も興味深かったです。西方にきた十二支のことなので、もしかしたらブルガールの十二支の話とか出てくるかと思ったけど、ひとことも無かった。そういや突厥は6世紀には十二支を使ってたそうですが、そこからの経由で?

『歴史群像』は最近読むのないですね。今回もパスのままでいいや。『ナショナルジオグラフィック』に写真がある武装勢力の議長は確かに悪人面です。カッコイイけど。

参照サイト
史学研究会 The Society of Historical Research
http://wwwsoc.nii.ac.jp/shr/
小林功のホームページ
http://homepage.mac.com/nikephoros/oha/index.html
諫早庸一(UTCP)
http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/members/data/isahaya_yoichi/
ペルシア語文化圏における十二支の年始変容について(感想)(むとうすブログ)
http://samayoi-bito.cocolog-nifty.com/mutous/2008/07/post_da7b.html

関連記事
ラテン帝国建国の経緯を当事者が描く。ヴァルアルドゥワン『コンスタンチノープル征服記 第四回十字軍』
http://xwablog.exblog.jp/8845471
今日放映の『失われた千年王国 ビザンチン~イスラムとカトリックの間に生きた帝国』のことなど
http://xwablog.exblog.jp/7720534
深紅の魔女が秘めた聖宝をめぐる旅。麻木未穂『黄金の魔女が棲む森』第1巻。ローマ帝国が舞台のラノベ。
http://xwablog.exblog.jp/8032370
[PR]
by xwablog | 2008-07-16 23:39 | 書庫
ヘラクレイオス朝のこととか。『史学雑誌』第79編-第12号
20070118

また『史学雑誌』です。あ、これ、表紙は毎回同じようなものなので、流用です。

史学雑誌100_1

『史学雑誌』第79編-第12号
(史学会。1970年)
「ヘラクレイオス王朝におけるビュザンティオン世界の成立」杉村貞臣
「承久の乱後の新地頭補任地(拾遺)--承久京方武士の一考察・補論」田中稔
「第13回国際歴史学会議報告」村瀬興雄
「ワルシャワにおける国際代表制度史学会について」磯見辰典
史学会第68回大会記事

「ヘラクレイオス王朝におけるビュザンティオン世界の成立」は『ヘラクレイオス王朝時代の研究』などの杉村貞臣氏(今も関西学院大?)。いままでのビザンツ史研究の中でヘラクレイオス朝がどのように定義されてきたか、ユスティニアヌス帝時代からの流れでのヘラクレイオス朝の成立と状況、当時の内的及び外的な出来事がどのようにして影響したか、などについて書いてありました。
従来よく見られたローマ・ビザンツ史の3期分割ではなく、2段階に分けて見る方法、つまりローマ帝国そのものだった時代とローマ帝国としての有り様が残っていた時代を前半とし、その後地中海東部、とくに小アジアとバルカンに勢力が限定されてからのギリシア的・キリスト教的なビザンツ帝国の時代を後半とする見方を示し、その転換点がヘラクレイオス朝だった、という話を順序良く分かりやすく解説してくれてます。

4世紀、当時ローマ帝国に組み込まれていたギリシアでは、テッサロニキを中心としてキリスト教も広まっていたけど、それでもやはりギリシア文化は併存してあった。けど、ローマからビザンティウム(コンスタンティノープル)への遷都した後、意識的にローマ文化そしてキリスト教に重きをおいて、コンスタンティノープル及びその周辺がしっかりとギリシア文化圏でありながらも、そうした要素を排除した帝国を作っていく。しかし、その後の外圧などでラテン文化圏とオリエント文化圏を喪失し、方針を転換して再度ギリシア的要素を「導入」していくことに。
その動きがとくに現れているのがヘラクレイオス朝というわけです。
今まで、それほど「どんな王朝だったのか」なんて考えたこともなかったのですが、なんとなくイメージがつかめそう。これ、1970年の本だから40年近く前の記事だけど、現在の研究ではどうなってんだか。

まあ、とても面白かったので、『ヘラクレイオス王朝時代の研究』は読んでみたくなりました。


「第13回国際歴史学会議報告」もちょろっと読んだのですが、これ、モスクワで開かれたやつでした。会の様子などが報告されていましたが、日本からは90人も出席してたとか。開場はモスクワ大学なんですが、ホテルはロシアホテルとウクライナホテルだったとか。もっと近くにホテルなかったのか、それとも宿泊先が限定されてたのか。『河童が覗いたヨーロッパ』の時にも書いた気がしますが、当時のソ連では宿泊先は自分では決定できなかったようです。
大会の初っぱなに議長とかの挨拶の後、「レーニンと歴史」という講演が行われるというのも雰囲気があっていいな。聞いた参加者たちにとっては迷惑だろうけど。
他にも冷戦時代らしい東西両国の学者たちによる批難合戦みたいのとかがあったらしくて燃えます。あとボイコットした国とかもあるという。

「・・・この主張は西欧側としては常識的な見解であるが、ソ連側の激怒を招いた。ラフトの説明がまだ続いているのに、ソ連の学者がマイクロフォンをつかんで『あなたはわが国の政府を侮辱した』と叫んだ。」

まあ、そういう時代だったのでしょう。
それよりも、古代史部会とかがもりあがらなかったらしく、そこらへんの内容紹介とはは全然無いのでがっくり。中世史に関してもほとんど無し。


参照サイト
日本ビザンツ学会
http://homepage.mac.com/nikephoros/
ビザンティン帝国同好会
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/9837/

関連記事
ビザンツ帝国の経済的相互関係をまとめた報告。渡辺金一訳『ビザンツ帝国の都市と農村 4~12世紀』
http://xwablog.exblog.jp/9983515
陸海の要衝を抑え繁栄し長命を誇ったローマ帝国の継承国家。井上浩一『生き残った帝国ビザンティン』
http://xwablog.exblog.jp/9505395
[PR]
by xwablog | 2007-01-18 00:29 | 書庫
『失われた千年王国ビザンチン』が放映。これは見逃せぬ!という記事
古い記事です。

---------------------------
2006年05月25日
『失われた千年王国ビザンチン』が放映。これは見逃せぬ!

ああ、もう5時だ。

しもたー。『世界ふれあい街歩き』の「リガ」を録画忘れたー。一応一度見ましたが、録画はするべきだった。

来週や再来週はみたいテレビ番組が多いです。
特に重要なのは、6月2日のNHK夜10時にやる『失われた千年王国ビザンチン イスラムとカトリックの間を生きた帝国』ですね。前にBSでやったという番組の短縮版かな?

NHKスペシャル
http://www.nhk.or.jp/special/

BSとの兼ね合いがあるのか、3話あったのを全部やってはくれない?


あ、今ちょうどテレビ朝日のニュース番組で、ギリシャ系アメリカ人のことやってます。
ニューヨークのアストリアはギリシャ系住民が多い。七万以上だそうです。ギリシャ以外では最大だとか。


あと、他に重要な番組は。

5月27日NHK深夜1時5分『探検ロマン世界遺産』「クロアチア・ドゥブロブニク」
28日NHK教育15時30分『ヨーロッパ食材紀行』「カサゴ」
30日NHK深夜00時『アマゾンの攻防』これは見逃してたので、よかった。
31日NHK教育19時『地球ドラマチック』「コロンブスの航海」
NHK22時『その時歴史が動いた』「ベトナム戦争」
NHK深夜00時『世界ふれあい街歩き』「リューベック」
6月3日NHK教育23時30分『土曜フォーラム』「水辺に命を都市再生への歩み」
4日NHK23時10分『NHKアーカイブス』「氷雪の春オホーツク海沿岸飛行」
NHK深夜1時25分『イタリア世界遺産』
5日NHK教育22時25分『アフガニスタン・命の水を求めて』
7日NHK教育19時『地球ドラマチック』「ストーンヘンジ前編」

え、NHKしかないのね。

て、『世界ふれあい街歩き』のリューベック編ですが、ナレーターが何故か小池栄子ですよ。どうして彼女が?

ワールドカップが6月にはじまるの知りましたが、ちょうど旅行の時にかぶってしまうので、録画予約がずれてできないかもしれないのが怖い。

ビザンティン帝国同好会
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/9837/

 

Posted by 管理人・馬頭 at 05:07  |Comments(0) |TrackBack(0) | TV番組 , ドキュメンタリー , 歴史

---------------------------


関連記事
出てくる人が少し微妙だけど面白い。『日本刀なるほど物語』他。そして『宗像教授』。という記事
http://xwablog.exblog.jp/7480780
中世のバルカン半島に広まったキリスト教の宗派を解説。ディミータル・アンゲロフ『異端の宗派ボゴミール』
http://xwablog.exblog.jp/7545773
これのためにアンテナを買え。NHK BSハイビジョン。シリーズ『ビザンチン帝国』という記事
http://xwablog.exblog.jp/7457552
[PR]
by xwablog | 2006-05-25 02:36 | 日記