デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ベーリング海峡にトンネルという話とか、ナウシカに出てきそうなキノコとか。ニュースをいくつか。20070427
最近のニュースからあつめたネタ。

なんか、SFみたいな話だ。

ベーリング海底にトンネル計画、米ロ結び100キロ越
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200704250036.html
「米国アラスカ州とロシア東部チュトコ半島を隔てるベーリング海峡の海底に、地下トンネルを造る計画が持ち上がっている。これまでにも計画はあったが、冷戦下の米ロが協力することはなく、棚上げ状態だった。しかし、冷戦が終了し、改めてトンネルの利便性に注目が浴びている。各国のトンネル建造推進者ら24日、モスクワで会合を開き、トンネル計画の着手に向け、6月にドイツで開かれる主要国首脳会議(G8)で、各国政府にトンネル建造着手に向け、強く働き掛けていく方針を決めた。」(CNNより抜粋。)

109キロの世界最長のトンネル。現在最長は英仏海峡トンネルの50キロ。
調査に10年、開通までさらに20年だそうですが、開通直後にテロでおじゃんとかなったりして。
そういえば、昔ベーリング海峡にダムを造って発電所を建設するというSFありませんでしたっけ? 


アムールヒョウが絶滅寸前 野生に25頭と WWF
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200704200018.html
「極東ロシア沿海州に生息するアムールヒョウが、絶滅寸前の危機にある。今年2月から3月にかけて、同地域を現地調査した世界自然保護基金(WWF)は18日、野生での生息数は25─34頭だとして、保護対策の強化を訴えている。」(CNNより抜粋。)

前にNHKの番組で見た時、ああ、こりゃ早いうちに絶滅しちゃうな、とは思ったものの、今でも「保護」という段階なんですね。
そういや、あの番組、ソ連軍の自然破壊を原因にしようしようという作りになってたような。理由として偏りすぎじゃないのか?


「空き交番」ゼロ達成=3年で1925カ所解消−勤務員は1割増・警察庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007042600260
「警察官の不在が常態化した「空き交番」が、2004年から3年間で1925カ所解消され、今月1日現在でゼロとなったことが26日、警察庁のまとめで分かった。」(時事通信より抜粋。)

最近、近場の交番にいっつもおまわりがいます。2人いる時もあるくらい。確かに人をいるようにさせるつもりなのかもしれない。

化石ネタふたつ。

恐竜の皮膚痕残った化石発見・国内初、27日から一般公開
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070426AT1G2600D26042007.html
「福井県立恐竜博物館は26日、同県勝山市の約1億2000万年前の地層から、恐竜の皮膚痕が残った化石を発見したと発表した。同博物館は「恐竜の体を覆う皮膚痕の発見は国内では初めて」としており、27日から一般公開する。」(NIKKEI NETより抜粋。)


高さ8メートル!のキノコだった=約4億年前の謎の化石−米シカゴ大など
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%B2%BD%C0%D0&k=2007042501077
「19世紀半ばにカナダなどで発見された約4億年前(デボン紀)の長さ8メートル前後の生物化石は、巨大なキノコ類だったと、米国のシカゴ大や自然史博物館などの研究チームが25日までに米地質学会誌に発表した。」(時事通信より抜粋。)

8メートルのキノコって・・・すげー、まるで『風の谷のナウシカ』に出てくる腐海の植物みたいだ。


「モナリザの住所」を特定・イタリアの研究者
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=STXKC0045%2024042007&g=K1&d=20070424
「レオナルド・ダビンチ(1452―1519)が名作「モナリザ」のモデルにしたとされる女性、リザ・ゲラルディーニが住んでいた家と生家の住所が、イタリア研究者の調査で判明した。ともにフィレンツェ市の中心部。ANSA通信が23日、伝えた。」(NIKKEI NETより抜粋。)

リザ・ゲラルディーニは裕福な商人の妻で、「それによると、リザは16歳で結婚してから死亡する2年前までの1495―1540年にかけ、ドゥオモ(大聖堂)近くにあるストゥーファ通りの屋敷に住んだ」とのこと。さすがに建物自体は現存してないそうです。


日本大使館人質事件から10年、ペルーで追悼式典
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1G2300O%2023042007&g=K1&d=20070423
「左翼ゲリラにより人質72人が127日間拘束され、武力突入で犯人14人全員、人質ら3人の計17人の死者を出した在ペルー日本大使公邸人質事件の解決から22日で10年を迎え、ペルー軍主催の記念式典が首都リマ南部の軍施設で開かれた。」(NIKKEI NETより抜粋。)

そうか~、もう10年か。なつかしい。
しかし、「元人質が参加した軍事パレードの後、突入訓練に使われ、今は博物館として保存されている大使公邸のレプリカで、特殊部隊による突入を再現するパフォーマンスも行われた。」ってあるけど、なんか人死にも出た事件なのに、こうしたパフォーマンスが行われるというのも面白い。


5人目の宇宙旅行者が帰還=富豪のシモニーさん
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_sci&k=20070422012060a
「上5人目の宇宙旅行者となった米マイクロソフト社の元ソフト開発者で大富豪のチャールズ・シモニーさん(58)が21日、カザフスタンに無事帰還し、約2週間にわたった国際宇宙ステーション(ISS)への旅は非常に素晴らしかったと語った。(写真は、地球に帰還したシモニーさん)」(時事通信より抜粋。)

旅行費は2500万ドル(約29億5000万円)とのこと。うう、確かに宇宙旅行なんてのは最高だし、私めも行けることなら行ってみたい。しかしその額って、何度ロシア旅行ができることか。


プーチン氏、退任示唆?
http://www.jiji.com/jc/p?id=20070426215445-5193884
「「来年の年次教書演説は別の大統領が行うだろう」と語った。」(時事通信より抜粋。)

年次教書演説の写真の記事から。そういえば、前に「プーチン大統領3選へ改憲を=任期延長も−ロ上院議長が提案」という記事を紹介しましたが、どうやらこれについては思い違いをしていたようで、プーチンが配下の議員にそういわせたとか、周囲がそう言っていると感じてしまってましたが、このミロノフ上院議員が、自分がすでに二選されているので、自分の三選を考えて、プーチンも三選されちゃったりするのがいいんじゃないの? みたいな感じで勝手に言ってるだけらしいです。ニュース記事書く時は背景とか知らないとダメですね~。


関連記事
スウェーデン国王来日。イランの英兵捕虜問題。他、ニュースいくつか
http://xwablog.exblog.jp/10546126/


デジタル・クワルナフ サイト・トップへ
[PR]
by xwablog | 2007-04-27 01:57 | ニュース
<< 歴史家たちの歩んだ人生とその業... 母乳を飲んでパワーアップ! 1... >>