デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
タグ:軍事・治安 ( 139 ) タグの人気記事
アメリカがインドに武器売却予定。F18とF16。とかニュース記事でした。
古い記事。

---------------------------
2006年03月03日
アメリカがインドに武器売却予定。F18とF16。

今日見たテレビで知りましたが、石坂浩二は日本プラモデル工業協同組合の特別顧問だそうです。ミリタリーもの好きそうでした。

それはともかく。
今、ブッシュがインドに行ってるそうです。核協力や武器売買の話とかしたそうで、インドにF16やらF18が売られることになるようです。ほかにも最新鋭武器を売るかもといってます。

インドにF16、F18売却=新鋭武器提供の用意も−米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060303-00000036-jij-int
「米国防総省は2日、インドに高性能戦闘機F16、F18を売却する方針を発表した。米印両国は同日のニューデリーでの首脳会談で原子力協力の実施で合意したが、軍事面での協力も一層強化していく考えだ。」(Yahooニュース。3月3日読売新聞より抜粋。)

それに核協力の方も次ぎのように。
インドの核、軍民分離で米と合意…核保有、国際認知へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060302-00000114-yom-int

「インドを訪問中のブッシュ米大統領は2日、ニューデリーの迎賓館でインドのシン首相と会談し、両国が原子力協力を進める前提条件だったインドの核関連施設を軍事用と民生用に区分する「軍・民分離」で合意した。」
(Yahooニュース。3月3日。読売新聞より抜粋。)


こうしたアメリカの動きはなんでなんだろ? ロシアに武器市場とられないように必死なのかな?
インドはパキスタンとのことを考えて武器を買うのか?
そういえば、イランは昔はF14を使っていたそうですが、今は何を使ってるんだろ。


今日の失笑ニュース
<センバツ>史上5校目、夏春連覇の夢消える 駒大苫小牧
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060303-00000110-mai-spo
「開幕まであと20日に迫った3日、駒大苫小牧が昨夏に続く不祥事でセンバツの出場を辞退した。前部長の暴力行為が発覚して6カ月余り、さらに日本高校野球連盟が出場校に綱紀粛正を呼び掛けてわずか1カ月後に繰り返された不祥事だった。「誠に残念。センバツをもり上げる大きな力と期待していた」と苦渋の表情を浮かべた脇村春夫会長。夏の教訓は生きず、史上5校目の夏春連覇の夢は消えた。」(Yahooニュース。3月3日、毎日新聞より抜粋。)

<メール問題>元記者への法的措置も 鳩山幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060303-00000093-mai-pol
「メールを提供したとされる元記者について「被害者でなく加害者。何らかの法的な措置をとることも考える」と述べた。」(Yahooニュース。3月3日毎日新聞より抜粋。)

どっちも馬鹿だ。苫小牧の方はやっぱりあの時見せしめにしとけばよかったのに。民主党の方はどうしようもないほどの知恵のなさ。指導者不在の烏合の衆。これで第2党なんだからな。自民党に票を入れるような馬鹿な行動するぐらいなら、次善の策として民主党に入れるしかないとは思いますが、こんなの見ると入れる気すら失せそう。


最後に喝采を送りたいニュース。
友人救出でワニと格闘の60歳女性に栄誉賞、豪州
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200603030025.html
「クイーンズランド州の州都ブリスベーン在住のアリシア・ソロハンさん(60才)。同州のワニの生息地でキャンプ中、友人男性が体長4.2メートルのワニに噛(か)まれ、テントから引きずり出されそうになるのを目撃。とっさにワニの背中に飛び乗り、自ら腕を噛まれながらも勇敢に格闘したという」

お、おばあちゃん。あんた、凄い度胸だよ。話自体は2004年らしいんですが、今度市民名誉賞を貰えるとか。ああ、それは是非あげてやってください。それが相応しい。

関連記事
ドキッ! スホーイだらけの軍拡大会。最新鋭戦闘機が大集合。ポロリもあるよ。

Posted by 管理人・馬頭 at 23:35

この記事へのコメント

蒸しパンさんと雪豹さんのコメント。民主党がgdgdだということ。


>永田議員
もう、いっぱいいっぱいなんですよ。
借金もいっぱいいっぱい〜。

>民社党
そんなのもう覚えてません・・・。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年03月05日 23:48
---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-03-03 01:52 | ニュース
徘徊老人とは違うのだよ! 徘徊老人とは! ・・・公園でエアガンもって遊びました。
これは古い記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

徘徊老人とは違うのだよ! 徘徊老人とは!

この前友人たちと●●●公園でエアガンを持って遊びました。まあ、サバゲーやったわけじゃなく、ただ武装して徘徊するだけというもの。それでも最近全然銃持ってなかったので楽しかったです。自分ははじめやる気満々だったのですが、その日はあまりにも寒く(雪も残ってた)、仕事あがってからだったのでかなりトーンダウンしてしまい、手軽なMP5Kにしときました。でもマガジンはちゃんと四つ持ってったのは秘密だ。


2006年01月G36_公園

友人を撮影。得物はG36。

ホント、カッコいい銃だ。



2006年01月G36全体_公園

長くて上手くフレームに収まりきらないので、斜めにして撮る。グレネードつけた状態はあまり好きじゃないけど、これはええよ。折畳みストックの形もいいし、ドットサイトとスコープが両方ついててもそれほど不自然じゃないし。

しかし、別の友人が言うにはG36は「モダン過ぎる」とのこと。
まあ、その人の持ってった銃に比べればな!


2006年01月PPSh2_公園



2006年01月PPSh_01

ひとりだけお楽しみ装備。銃の方はわざわざ改造して作ってもらったやつだとか。
木製ストックは持ち心地がとてもよかったです。



2006年01月mp5000_公園

こっちの人は部屋に帰ってきてから、気の向くままにいろいろ付けまくってこんなことしてます。

やり過ぎかと思われますが、本人はいたって幸せそう。日常生活は穏便に済ませてるくせして、内実は、おもちゃ屋で買ったエアガンを帰るまで待てないで開けるような人です。アメリカで生まれればもっと幸せになれたのに、残念。


参照サイト
H&K社
http://www.heckler-koch.de/flashintro.html

どうでもいいことですが、MP7A1ってフォルムがカッコ悪いですね。



この記事へのコメント

モザイクじゃなくて目線にしてくれたほうが、戦犯みたいでよかったなぁ・・・。
Posted by モーリー at 2006年02月07日 00:33
目線・薄消しだと誰だかわかっちゃうと思って潰しといた。一応目線バージョンも作ってあげたよ。

コメントに画像あげられないから、下のURLに行って見て。

http://www.toride.com/~digxwa/digxwaFiles/upf/up008.htm
Posted by A級戦犯・馬頭 at 2006年02月07日 09:59

てか、イニシャルにしなさいイニシャルに!
●●●公園って!実名上げちゃ、メーでしょ?
目線でも知らない人は分からないから平気だと思うよ?
分かる人は驚きもしないだろーしねぇ。
Posted by 虎狼 at 2006年02月08日 21:49

>Y公園
そんな気つかわなくて大丈夫だよ。
目線の方が問題だと思うけど。
まあ、一応見回りのおっさんにも見られたし修正しときます。

Posted by 管理人・馬頭 at

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事
内戦終結のための最後の戦い。未完の大作。打海文三『覇者と覇者 歓喜、慚愧、紙吹雪』
http://xwablog.exblog.jp/9799336/
ソ連の警察官が惨殺遺体の謎に迫る。ウィリアム・ハート主演『GORKY PARK(ゴーリキーパーク)』
http://xwablog.exblog.jp/9754399/
豊富なカラー写真と図版でワルサー社の拳銃を紹介。床井雅美『ワルサー・ストーリー』
http://xwablog.exblog.jp/9587775/
[PR]
by xwablog | 2006-02-06 12:37 | 日記
ロンドンを征したる者の帰還。ロンドン旅行をした友人からのおみやげ。
冬のロンドンに旅行した友人がポストカードのおみやげをくれました。

--------------
2006年01月31日
ロンドンを征したる者の帰還

先週、友人がロンドンを旅行したのですが、ロンドンの主要な史的名所は回ってきた模様。羨ましい限りです。生憎ほとんど話はしてもらえませんでしたが、写真はすでに見せてもらっています。ただ、陸軍の博物館とか聖堂の内部での写真は無かったので、もしかしたら撮影禁止なのかもしれないですね。ロシアだとビデオは駄目だけど写真はほとんどの場所でOKなんですよ。

彼からは絵はがきのお土産をいただきました。

Attack on the British Squares by French Cavalry, Battle of Waterloo, 18 June 1815


「Attack on the British Squares by French Cavalry, Battle of Waterloo, 18 June 1815」
(デニス・ダイトン/画)

デニス・ダイトンはロンドン生まれのイギリスの画家で、軍事ものの絵画を多数描いている人物(元海軍の将校?)。ネルソン海洋博物館にあるトラファルガー海戦の絵とかを描いたものの、貧困のうちに若くして死去。(1791-1827年生没)

詳しくは
http://www.nmm.ac.uk/mag/pages/mnuInDepth/Biography.cfm?biog=23

これの他にも2枚貰いました。

Grenadier of an unidentified Volunteer Regiment, c 1805


「Grenadier of an unidentified Volunteer Regiment, c 1805」
(アーサー・ウィリアム・デーヴィス/画)



あと女王の絵はがきも。

エリザベス2世


エリザベス2世の絵はがき。
どんな場面なんだろ。

----------------

たしか、数日だけロンドンに滞在してきたとか言ってたような。海軍の博物館だかにも行ったはず。あんまり詳しく話してくれなかった。



[PR]
by xwablog | 2006-01-31 20:33 | 日記
不穏なイラン情勢。状況が悪くなると大きなことを言うやつが力を持つということ。核の話。
去年のニュースからの古い記事。
すでにこの段階からイランと米国との関係が壊滅的に拗れれた。

----------------
2006年01月25日
不穏なイラン情勢。状況が悪くなると大きなことを言うやつが力を持つということ。

現在イラン情勢が不穏な感じになってるのはニュースなどで伝わっているかと思いますが、どうもフランス大統領の「核攻撃しちゃうよ」発言とか米国の強硬な態度とか、そしてイラン大統領の妄言気味な発言とか、そこらへんを見てると、自分としては正気とは思えないですね。いや、駆け引きとしてそういった発言をしてるんだろう、というのであればいいのですが、なんか本気で言ってるみたいな感じがするので。

-------関連ニュース---------
交渉責任者24日訪ロ イラン、核問題で協力強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060123-00000249-kyodo-int
<仏大統領>領土へのテロ攻撃の国には核攻撃を行う用意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060119-00000152-mai-int
イランと交渉余地なし 付託「絶対必要」と米長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000030-kyodo-int
イランの核開発への対応を巡って揺れるブッシュ政権
http://www.idcj.or.jp/1DS/11ee_josei050125.htm

いろいろ緊迫した情勢の国とかありましたが、どうも追いつめられた人たちは大きなことを言う人間の発言を好むというか、出来もしないことを強く言う人間の発言が好きですよね。追いつめられているがゆえに出る発言なんでしょうけど、よく考えればもっとマシな判断は出来るだろうに・・・・。

イラクだけでも噴飯ものなので、アメリカ犬どもがペルシアを汚すようなことにはなりませんように。

で、ペルシア繋がりで、『炎の門』のことでも。
ペルシアとスパルタの戦い、テルモピュライの戦いを描いた『炎の門』ですが、ちゃんと読んでなかったので一応読み切ることにしました。

昨日の自転車の話に移りますが、結局自転車のブレーキは壊れてしまったので修理してもらいました。安物の自転車を買った罰じゃ、と自転車屋の長老も言っておりました。今まで自分の部屋まで自転車入れてたけど、もう盗まれてもいいから外に置こう。

-------------

そっか。ここで『炎の門』の記事も少しだけ入れてるのですね。
ちなみに、『300』のDVDは九月下旬に発売予定だそうですよ。
[PR]
by xwablog | 2006-01-25 11:46 | ニュース
アニメで救難隊のお話は珍しいですね。『よみがえる空』。 という記事
古い記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2006年01月13日
生活苦は救難してくれ無い救難隊のお話『よみがえる空』

自衛隊の航空救難団の青年を主人公にしたアニメ『よみがえる空 RRESCU WINGS』が1月8日から始まりました。(テレビ東京、日曜深夜1時30分から)
第一話を見ましたが、小松に配属されたヘリパイの内田のまったりとした新生活ではじまります。まだ導入部ということで、ずっとまったりムード。どんな話なのかもわかりません。

自衛隊の航空救難団といえば、戦闘機パイロットとかを助け出したりとか、災害救助で活躍する組織。たぶんリアル状況みたいなので、撃墜された戦闘機パイロットを救助するみたいな話じゃなく、災害救助がメインだと思います。
監督は桜美かつし氏。自分的に『ガンパレードマーチ』の評価は高いけど、『月姫』の評価が低いので、微妙に心配。

戦闘機乗りになりそこねたヘリパイ、というと夏見正隆氏の『僕はイーグル』にもそういったワキの話がありましたね。夏見正隆氏の小説は『レヴァイアサン戦記』のときから読んでますが、まだどれもアニメ化とかしてません。せめてドラマCDとかは? もっとも夏見氏のスタンスが、ラノベ主体の出版社では書かず、普通のノベルスの中にまじって、微妙にマニアックな内容のSFを書く、というものなので、そういうのには敷居が高いのかもしれない。でも、どっかで書いてましたが、アニメ化の話は何度もあったそうです。その度に潰れたそうですけど。『僕はイーグル』なんか、絶対自衛隊とか強力してくれなさそうな内容ですし、そこらへんが問題かもしれません。でも、実写こそ無理ですから、是非アニメ化して欲しいものです。

救難ものといえば、『海猿』が有名ですが、週マガの『トッキュー』もオススメですよ。小森陽一氏とヒゲ女こと久保ミツロウ氏の特殊救難隊もの。カワイコてんこ盛りの『337ビョーシ』に比べると、段違いに男臭いんですが、面白い。

ついでに今年の新作アニメについていくつか。
陰からマモル』-----最近のラノベのアニメ化の流れにのったもののひとつ。オープニングでお腹いっぱい、な気持ちになったので気が向いたらみます。原作も読んでないし。それとも、『アワーズ』の論評コラムで「ラノベ原作アニメは前向きに、視聴しない」と言ってましたが、それがいいのか?
『かしまし』------いつも通りのあかほり世界。視聴者をなめきったような内容ですが、それでも面白いんじゃないのか?、と一瞬思わせてしまうあたりが流石。もう見ない可能性が高いけどね。
Fate/stay night』----------『月姫』よりかは良さそうだけど、笑い部分がまったく笑えない。もとより、原作のゲームはやったことないのでなんとも言えない。
タクティカルロア』----------パッと見は『ナジカ』みたいのかとか思われそうですが、むしろ『スターシップオペレーター』とか『ストラトスフォー』に近い。ちょっと見た感じでは意外と正統的な(?)近未来もので、戦闘シーン表現が良い。今後が期待されるアニメです。『スターシップ~』のように一話以降下り調子、とはなりませんように。

『ニュータイプ』の記事で知りましたが、『マルドゥクスクランブル』がアニメ化されるそうですね。よりによってGONZOで。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
参照サイト
Firstspear
http://firstspear.com/
イカロス出版
http://www.ikaros.co.jp/

関連記事
「萌えよ!」のシリーズ化!? 今度は陸上自衛隊だ! 田村尚也&野上武士『萌えよ!陸自学校』
http://xwablog.exblog.jp/8001795
ハイパー美少女系ミリタリーマガジン創刊!『MC☆あくしず』vol.1という記事
http://xwablog.exblog.jp/7720558
可愛い女の子が高い志(?)で戦車の良さを語る『萌えよ!戦車学校II型』、という記事。
http://xwablog.exblog.jp/7480812
[PR]
by xwablog | 2006-01-13 03:06 | 日記
まんがの森では下旬となってたよ。今月発売予定『萌えよ!戦車学校02式』
2006年01月12日
まんがの森では下旬となってたよ。今月発売予定『萌えよ!戦車学校02式』
田村尚也氏の分かりやすく極めてオーソドックスな記事に野上武志氏のカワイイ女の子たちの漫画を付け、軍事に疎い人間でも分かりやすく戦車のことを解説してくれた『萌えよ!戦車学校』ですが、今月の17日もしくは下旬あたりに続編が出ますね。同じコンビで。



萌えよ戦車学校1

前作『萌えよ!戦車学校』
田村尚也&野上武士。イカロス出版。





萌えよ戦車学校2

続編『萌えよ!戦車学校 02式』
田村尚也&野上武士。イカロス出版。

前作はとても良いもので、私めも買わせてもらいました。しかし、前作は発売当初から「戦車」と「女の子(あとニーソ)」の組み合わせは注目を集めていたらしく、売り切れ店続出で買うのに苦労しました。あっという間に再版かかったくらいですから、今度ははじめからたくさん刷ってくれるかと思いますが、買う人は気を抜かないように。

軍事+イラスト、という組み合わせで、最近『萌えわかり!自衛隊ビジュアルガイド』という『萌えよ戦車学校』に影響受けたかのような題名の本がありましたが、これに描いてる何人かのイラストレーターの中に藤田貴美氏がいたのには驚きました。『花と狼の帝国』も描いてたし、もしかして軍服とか好きなのか・・・。

このごろ、少し硬めの内容、とっつきにくい内容のものにカワイイ絵をつけて出すというのがよく見られるようになりました。本格的にやってる人にとっては失笑ものかもしれませんが、「興味を抱いている」程度の人にとっては取っつきやすくていいかもしれません。


ところで、去年の12月に池袋の本屋ジュンク堂へと行った時の話なんですが、次のようなことがありました。
戦車兵やら潜水艦乗りやらの回顧録の類いを見る為、2階のミリタリー関連のコーナーに行ったのですが、いくつかの本の内容を簡単に確認するためにパラパラと手早く見ていると、隣りにいた砂漠用迷彩服の上下を着た男がいきなりこう言ってきました。
「おい! 結構、風がくるよ!」

ギョギョギョギョギョ! もう、えらい吃驚しました。いや、言ってることは聞いた時にすぐ分かったんですよ。ペラペラ急いで本をめくってたから、風がおきて隣にいたその男にあたったんだろう、と。しかし、それについて、睨むような目をしながらあんなキツイ口調で文句を言い出すとは!
人間、相手の言ってることが理解できても、その内容があまりにも自分自身の常識とかけ離れていると、なかなか即座に対応できないものですね。
あー、吃驚した。基地外め。旗でも立ててろ。

Posted by 管理人・馬頭 at 03:17 |Comments(8) |TrackBack(0) | 軍事 , 本

この記事へのコメント
ニーソですねぇ。
絶対領域ですねぇ。

誰か「萌える!北ユーラシア史」とか出してくださいorz
Posted by 蒸しぱん at 2006年01月13日 03:01
おお! それなら『萌える!東欧史』とかも一緒にお願いします。
あと『講談社学習コミック アトムポケット人物館』で、ドミトリー・ドンスコイとかもやって欲しいなぁ。(どう考えても無理〜)
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月13日 04:12
>「萌える!北ユーラシア史」

極一部の人が「萌える」と思われ・・・・。
しかし北ユーラシアの「絶対領域」ってどこですか?

>『萌える!東欧史』

とりあえずヴラドあたりは別格でしょうか?
ボヘミアの伝説の女王とか・・・・。
Posted by 大鴉 at 2006年01月14日 18:54
> しかし北ユーラシアの「絶対領域」ってどこですか?

ひねって返せない(笑)

ツンデレの潮流に乗っかって、「冬はツンツン極寒だけど
夏は猛暑になって永久凍土がデレデレ溶ける」ツンデレ気候に
改称しますかorz

シベリアで萌え、というと「十兵衛ちゃん」の2期シリーズ、
「シベリア柳生」編とか。
Posted by 蒸しぱん at 2006年01月15日 13:28
>『萌える!東欧史』
だいたいここらへんのはどういった本になるっていうんだか予測不可能。『萌える』じゃなく『萌えよ』で、各時代ごとの登場人物を扱うって感じでしょうか。それならヴラドはもちろん、リブシェもアリですよ。

>北ユーラシア萌え
だれか、『ウラル・アルタイ学園にようこそ!』みたいな題名で学園漫画描いてくれたり、農奴萌えとか、『あふがにすたん』みたいな擬人化とか、「クチュ?イェル(クチュム・ハン攻め、イェルマーク受け)」とかやらないのか。

>絶対領域
調べてみてはじめて「絶対領域」の定義を知りましたが、その定義で行くと、地域での例としてはオビ川やバイカル湖、プトラン山地、民族や国家ならアヴァールとか柔然とかソグド人、シビル=ハン国、3ハン国、ハザール=ハン国、とかに該当するんじゃないかと考えてみました。

参考サイト
MAYURA LABO
http://mayura.jp/blog/
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月15日 22:25
ニーソってなんだ?どこかの革命家か?やっぱりラテン系で詩人だったりするのか?
Posted by 戦キチモーリー at 2006年01月18日 23:48
熱狂させる、という意味ではそれに近い存在だよ!
少数精鋭だしね!
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月19日 02:11
書き忘れてましたが、『萌えよ!戦車学校 02式』は2月上旬の発売だそうです。
イカロス出版の公式サイトに書いてありました。
http://www.ikaros.co.jp/
あ、でも、ビーケーワンの『萌えよ〜』の欄には2月下旬ってなってるんで、そこらへんはどうなるのか。
あとそこだと何故か02式じゃなく『萌えよ戦車学校B型』ってタイトルになってます。変更有るのか?
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年02月02日 01:40

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ、いい感じで3巻まで現在出てます。

萌えよ!戦車学校III型
田村 尚也 (著)
野上 武志 (イラスト、漫画担当)




関連記事
「萌えよ!」のシリーズ化!? 今度は陸上自衛隊だ! 田村尚也&野上武士『萌えよ!陸自学校』
http://xwablog.exblog.jp/8001795
[PR]
by xwablog | 2006-01-12 03:12 | 書庫
大砲のさきっちょにはめ込む蓋について書いた。
これも古い記事です。
大砲のポストカードを手に入れてあったので、そのネタ。

--------------------
2006年01月09日
大砲のさきっちょ

「ほーら、おじさんの青緑色で硬くてでっかいコレをみてごらん〜」と、ヘンリー8世が言ったかどうかは、もう知ることのできない歴史の謎ですね。
こんにちは。せっかくの二連休を無為に過ごした馬頭です。それでもちょっとだけ部屋の片づけはすることができました。で、その繋がりでこんな話など。

わずかですが、昔のポストカードのコレクションがありまして、その中に次の写真みたいなのもあります。

大砲



ヘンリー8世時代のイギリスの青銅製の大砲で、1542年に作られたようです。

これを見てみると、どうも大砲のさきっちょ、砲口の部分に金属製のフタをかぶせてあるみたいです。これはどんな意味があるんでしょうね。保存用のとりはずし可能なフタ? 軍事的理由でやった使えなくするための処置? それとも時代が代わって不要になったからとりあえずふさいだ?
思うに、いつでも使えるようにゴミとか入ったりしないよう、管理するための脱着可能なフタという線がありそうです。でも、こういうのあんまり見ないですね。ロシア旅行行った時も、クレムリン内の大砲はこんな感じで野ざらしですよ。

(旅行の時の写真がありました。かわりに旅行記のページの写真

クレムリンにある「大砲の王様」。
むちゃくちゃデカイ。

もちろん、さきっちょにフタなんかしてないです。これって雨が降ったりしたら、砲身の中に水がたまっちゃったりしないのでしょうか。そもそも、野ざらしで大砲がダメになっちゃわないのか不思議です。クレムリンの元老院の前にも、ナポレオン戦争の時に鹵獲した敵の大砲がたくさんならべてありましたが、ただ置いて有るだけだし。
「しかし、青銅は大気中で徐々に酸化されて表面に炭酸塩を生じ緑青となる。そのため、年月を経た青銅器はくすんだ青緑色、つまり前述の青銅色になる。」(wiki。青銅)
上の写真の「大砲の王様」も野ざらしなので、そんな感じの色になってます。
まあ、大砲なんてわざわざ博物館に展示するほどのものでもない、ありふれた品なんでしょうが、もったいなく感じてしまいます。


(ここから下はコメント。)

大鴉さんからのコメント
オスマン朝の巨砲主義についてのコメントがありました。仏・独の軍事顧問も呆れたとか。


>巨砲
「ウルバンの大砲」でしたけっけ。コンスタンティノープル攻略に使用されたやつ。
たしかに問題はあったようですが、巨大だっただけあって、破壊力は抜群だったみたいですね。

それにしても、どいつもこいつも、どうして「大きいの作りゃいいんだ」的な安易な方向に行っちゃうんでしょうね〜。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月10日 23:57

---------------
冒頭が微妙に下品。下品な語りはここからすでにはじまっていたのだ、と知った。


参照サイト
青銅砲(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E9%8A%85%E7%A0%B2
[PR]
by xwablog | 2006-01-09 05:15 | 蒐集
旧記事、投石機(トレバシェット)画像、というのがあった。画像無いけど
本格的に脳みそがヤバい。自分の記憶力の無さは破滅的だ。

それはともかく、これも古い記事。
投石機のことですが、当時はここに画像張ってた。それもwikiからパクったやつ。当時はまったくわかってなかった。

-------------------
2006年01月04日
投石機(トレバシェット)画像

ウィキペディアを見てたら良い投石機の画像があったのでチェック。

トレバシェット(wikiの画像)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2e/Trebuchet.jpg/300px-Trebuchet.jpg


こういう復元投石機って、ヨーロッパのお城で観光地化してる場所だとあったりします。たぶん、この投石機もそうなんでしょう。

投石機が出てくる映画といえば、最近では『キングダム・オブ・ヘヴン』と『タイムライン』でしょうか。どっちも映像としての見栄えを重視して派手な燃えてる、もしくは爆発するタマをどんどん投げてましたが、あんなわけない。

さっき2chの投石機関連のスレを見たら、中世の城攻めでは投石機だと城を壊してしまい修復が大変だから、壊したいところだけを壊せる破城槌や、壁を乗り越える攻城塔がより使われたかも、みたいな話がありました。輸送も大変だからとも。でも、輸送の大変さはひとかたまりになってる大砲とかのことで、投石機ならバラして運べばいいんじゃないのかな? それに輸送の大変さなら攻城塔とかもそれほどかわらないようには思えます。
ただ、投石機には金属製のおもりが必要になった場合があったと、前にドキュメンタリー番組で見たので、そういったものを運ぶのが大変だった可能性もありますね。そのドキュメンタリーではおもりのための鉛を、その地域の屋根瓦に使われていた鉛をかきあつめてなんとかした、と言ってたし、はじめから用意する必要があったのかも。
もっとも、土や石を入れるタイプもあるので、じゃあそっちなら?という疑問も。

参照サイト
2ちゃんねるみらー(戦場の兵器〜投石機・バリスタ・前装式大砲)
http://2ch.dumper.jp/0000075477/
トレビュシェット(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%
93%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88


-------------------
コメント禁止にしたので、これに書いたコメントを移動しておく。
------------

Commented by xwablog at 2007-07-29 04:24 x
これでwikiのアドレスを入れてみてわかりましたが、どうも長いアドレスだと、折り返ししてくれないみたい? もしくは、このタイプのアドレスだと?
ブログの本文フレーム部分が横に広くなってしまうので、全ての記事が表示し難い。しょうがないので、編集して改行した。まあ、見せるためのアドレス表示だからいいけど。
[PR]
by xwablog | 2006-01-04 04:03 | 日記
ニコラスケイジ主演の『ロードオブウォー』観て来たとかいう記事でした
これも古い記事からの転載。
元旦そうそう映画行くなんて何年ぶりだったんだろ。

---------------------

2006年01月01日
ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォー

元旦は映画の日でもあるので、映画に行ってきました。
観たのはニコラス・ケイジ主演『ロード・オブ・ウォー』。
夜7時からの上映に行きましたが、ガラガラ。

ウクライナ移民のユーリー・オルロフが武器商人となって成功と苦悩を味わう、みたいな話。
CMとかだとかなりバカ話に見えましたが、結構なシリアス風味。ほぼユーリー視点で、話が淡々と進んで行くのが良いです。
ニコラス主演となるとドバドバ撃ちまくりのアクションものかと思わせますが、そんなことは無いです。あえて言うと『救命士』とか『8ミリ』とかの方が近いかも?
いろいろツッコミどころや不満はあるけど、ユーリーを「善人」として改心させて終わらせなかったところは評価。
しかし、ファミリー向け映画では無いけど、戦争映画好きやアクション映画好きに向けた映画ともまたちょっと違います。社会派? うーん、『トラフィック』に似てるのかも。でも、コメディというかブラックユーモアの要素も強い。

途中でライバル(ライバルというにはちょっとキャラが弱いが)の武器商人を殺さざる得ない状況になりますが、ここで殺すのを嫌がってるけど、その前の段階で叔父さん殺してるんじゃないのか?
あと、奥さん身勝手過ぎ。

----------

これ、武器商人の話ですが、現地に行くタイプの人ですね。
久々にまた観たくなってきましたよ。
[PR]
by xwablog | 2006-01-01 04:40 | 日記