デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
タグ:漫画 ( 213 ) タグの人気記事
アステカの神の力を手に入れた男の戦い。巻来巧士『ミキストリ 太陽の死神』。あと『傭兵ピエール』第1巻
これも古い記事。
『ミキストリ』はまだ最後まで読んでません。

-------------------
2006年01月31日
『ミキリスト』と誤読していた『ミキストリ』を久々に読む

ゲッゲッゲ〜、れ〜い〜き〜(挨拶)
かつて『ミキリスト』と間違って覚えていた鬼才・巻来巧士氏の『ミキストリ』を久々に読みました。とりあえず一巻だけ。この作品、いつの間にか終わってたんですが、一応全13巻みたいです。

『ミキストリ 太陽の死神』第1巻


『ミキストリ 太陽の死神』第1巻

(巻来巧士・集英社・1991年〜)
アステカ文明の研究者・陽介は、妻・恵子とともにテオティワカンの遺跡へと向う途中、マフィアのいざこざに巻き込まれ重症を負う。この時同乗していたアステカの神官の末裔も死亡したが、その皮膚を移植されたことによって陽介は、アステカの死神・ミキストリの力を使うことが出来るようになった。彼はマフィアによって攫われた恵子を探し、恐るべき殺し屋として活躍するのだが・・・。


巻来節がよく利いた超常の戦いが見物ですが、いつもながらネタの使い方に無理がありつつも、それでも勢いで楽しませてくれます。
第1巻では脳神経をいじって作り上げた超能力者とドルイドが敵なんですが、ドルイドの説明で「ドルイド教団とは古代ガリア地方より発生した魔術師が司祭である宗教・・・魔術宗教です。古代ガリア地方とは、スペイン・ドイツを除くヨーロッパ中部とイギリスをさし、ローマ人によって滅ばされるまでそこで続けられました」とか「(キリスト教で)キリストが教祖となった時、(イギリスでは)その邪教ゆえ迫害され地下に潜っていたのだろう」とか、いろいろツッコミどころありますが、そんな小さいことに捕らわれないのが巻来漫画のよいところ。
やたらと全裸の女性を出すことでも知られる作者ですが、この人の『ゴッドサイダー』が『週刊少年ジャンプ』で連載されてたのは少々驚きですね。むしろ『マガジン』向けのような気もします。もっとも、ジャンプだったからこそのあのノリだったとも言えますが。

あと、佐藤賢一氏の小説『傭兵ピエール』を野口賢氏が漫画化したものも読みました。

傭兵ピエール01


『傭兵ピエール』第1巻

(佐藤賢一/原作・野口賢/作画・集英社)
15世紀のフランス。傭兵隊を率いるピエールは、とある旅人から金品を巻き上げた。それはオルレアンへと向う少女ジャンヌ・ダルクだった。彼女は使命を終えた時に処女を捧げるからと約束することで見逃してもらうのだが・・・。


佐藤賢一氏の作品の中で一番読まれている作品がこの『傭兵ピエール』だとか。いまさら佐藤作品をちゃんと読む活力が沸かないので、漫画ですませようとか安直に考えて読みました。そういや、随分前に『王妃の離婚』買ったけど、まだ読んでないや。
佐藤作品らしい豪放さと一歩引いた視点の感覚が野口賢氏によってうまく表現されているように見えます。
野口賢氏といえば、昔ジャンプの増刊で季刊雑誌だったやつに柳生十兵衛ものの漫画とか描いてましたが、それ以後ぱったり見なくなってたのですっかりチェック漏れでした。今は夢枕獏氏と組んで『KUROZUKA』という漫画描いてるみたいですが、初期のガサガサした画風は変わってないですね。

ジャンヌ・ダルク本人を直接主人公としないで、周辺の人物を通して話を構築するというのは、安彦良和氏の『ジャンヌ』とかありますね。ジャンヌが主人公ってのはやり辛いのか、もしくはありきたりということなのかもしれません。
ジャンヌといえば、百年戦争の全体像を全然知らない人でも「ジャンヌ」と聞けば飛びつくような集客力のあるキャラですから、ネタにする人は多いですよね。佐藤賢一氏同様歴史ものの小説で名を馳せた酒見賢一も『ダーク』っての書いてました(そういや両氏とも賢一だ)。昔、『歴史ロマンDX』でジャンヌものの漫画ありましたが、作者だれだったか・・・。

そういえば、王領寺静氏の『黄金拍車』って、いろいろ取り混ぜてる中に、ベースとして「百年戦争・ジャンヌダルク」が敷いてあるんですよね。読んだ当初は中学生だったから、知識が無くてわからなかったけど。

----

この記事にトラバありましたが削除。
--
この記事へのコメント

大鴉さんからコメント。日本のオタクは、ジャンヌやら百年戦争ばかりだな、ということ。フス戦争大好きだから、そっちの方をやって欲しいのに、誰もやってくんない(マイナーだから)、とかいう話がありました。あとミキストリの内容に唖然としたと。

私の返事

>ジャンヌ
まあ、戦国時代もので信長ばかりがとか、幕末では新撰組ばかりが、というのに似てるかもしれません。
でも、あの時代において少女が主役になるというのだけで、ネタになりますから。

>フス戦争
日本だとやはり情報が少なすぎて手はだせないのでは。ギシュクラものも同様ですが。
『エマ』みたいに現地取材してしっかりつくってくれればいいのですけどね。
GONZOは最近堕ちまくりですから危険ですよ〜。

>ミキストリ
あの人、昔からぶっ飛んでますから〜。
新大陸文明もので、昔、全身タイツで戦うアニメがあったような気します。タイトルなんだったか忘れてしまいました。とりあえず『太陽の子エステバン』では無いです。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年02月01日 23:37
------------------

といった内容の記事とコメントでしたが、コメントの方の中にあるフス戦争が舞台のものということですが、今後漫画でやる可能性があるとのこと。
この当時は、まだ名前の付け方が「c」でなく「bk」だった。直しました。
あと、「やたらと全裸の女性を出すことでも知られる作者ですが」とか書いてますが、ジャンプでは巻来巧士、平松伸二、本宮ひろし、が三大全裸作家なのではないかと愚考してみます。
[PR]
by xwablog | 2006-01-31 20:42 | 史劇
まんがの森では下旬となってたよ。今月発売予定『萌えよ!戦車学校02式』
2006年01月12日
まんがの森では下旬となってたよ。今月発売予定『萌えよ!戦車学校02式』
田村尚也氏の分かりやすく極めてオーソドックスな記事に野上武志氏のカワイイ女の子たちの漫画を付け、軍事に疎い人間でも分かりやすく戦車のことを解説してくれた『萌えよ!戦車学校』ですが、今月の17日もしくは下旬あたりに続編が出ますね。同じコンビで。



萌えよ戦車学校1

前作『萌えよ!戦車学校』
田村尚也&野上武士。イカロス出版。





萌えよ戦車学校2

続編『萌えよ!戦車学校 02式』
田村尚也&野上武士。イカロス出版。

前作はとても良いもので、私めも買わせてもらいました。しかし、前作は発売当初から「戦車」と「女の子(あとニーソ)」の組み合わせは注目を集めていたらしく、売り切れ店続出で買うのに苦労しました。あっという間に再版かかったくらいですから、今度ははじめからたくさん刷ってくれるかと思いますが、買う人は気を抜かないように。

軍事+イラスト、という組み合わせで、最近『萌えわかり!自衛隊ビジュアルガイド』という『萌えよ戦車学校』に影響受けたかのような題名の本がありましたが、これに描いてる何人かのイラストレーターの中に藤田貴美氏がいたのには驚きました。『花と狼の帝国』も描いてたし、もしかして軍服とか好きなのか・・・。

このごろ、少し硬めの内容、とっつきにくい内容のものにカワイイ絵をつけて出すというのがよく見られるようになりました。本格的にやってる人にとっては失笑ものかもしれませんが、「興味を抱いている」程度の人にとっては取っつきやすくていいかもしれません。


ところで、去年の12月に池袋の本屋ジュンク堂へと行った時の話なんですが、次のようなことがありました。
戦車兵やら潜水艦乗りやらの回顧録の類いを見る為、2階のミリタリー関連のコーナーに行ったのですが、いくつかの本の内容を簡単に確認するためにパラパラと手早く見ていると、隣りにいた砂漠用迷彩服の上下を着た男がいきなりこう言ってきました。
「おい! 結構、風がくるよ!」

ギョギョギョギョギョ! もう、えらい吃驚しました。いや、言ってることは聞いた時にすぐ分かったんですよ。ペラペラ急いで本をめくってたから、風がおきて隣にいたその男にあたったんだろう、と。しかし、それについて、睨むような目をしながらあんなキツイ口調で文句を言い出すとは!
人間、相手の言ってることが理解できても、その内容があまりにも自分自身の常識とかけ離れていると、なかなか即座に対応できないものですね。
あー、吃驚した。基地外め。旗でも立ててろ。

Posted by 管理人・馬頭 at 03:17 |Comments(8) |TrackBack(0) | 軍事 , 本

この記事へのコメント
ニーソですねぇ。
絶対領域ですねぇ。

誰か「萌える!北ユーラシア史」とか出してくださいorz
Posted by 蒸しぱん at 2006年01月13日 03:01
おお! それなら『萌える!東欧史』とかも一緒にお願いします。
あと『講談社学習コミック アトムポケット人物館』で、ドミトリー・ドンスコイとかもやって欲しいなぁ。(どう考えても無理〜)
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月13日 04:12
>「萌える!北ユーラシア史」

極一部の人が「萌える」と思われ・・・・。
しかし北ユーラシアの「絶対領域」ってどこですか?

>『萌える!東欧史』

とりあえずヴラドあたりは別格でしょうか?
ボヘミアの伝説の女王とか・・・・。
Posted by 大鴉 at 2006年01月14日 18:54
> しかし北ユーラシアの「絶対領域」ってどこですか?

ひねって返せない(笑)

ツンデレの潮流に乗っかって、「冬はツンツン極寒だけど
夏は猛暑になって永久凍土がデレデレ溶ける」ツンデレ気候に
改称しますかorz

シベリアで萌え、というと「十兵衛ちゃん」の2期シリーズ、
「シベリア柳生」編とか。
Posted by 蒸しぱん at 2006年01月15日 13:28
>『萌える!東欧史』
だいたいここらへんのはどういった本になるっていうんだか予測不可能。『萌える』じゃなく『萌えよ』で、各時代ごとの登場人物を扱うって感じでしょうか。それならヴラドはもちろん、リブシェもアリですよ。

>北ユーラシア萌え
だれか、『ウラル・アルタイ学園にようこそ!』みたいな題名で学園漫画描いてくれたり、農奴萌えとか、『あふがにすたん』みたいな擬人化とか、「クチュ?イェル(クチュム・ハン攻め、イェルマーク受け)」とかやらないのか。

>絶対領域
調べてみてはじめて「絶対領域」の定義を知りましたが、その定義で行くと、地域での例としてはオビ川やバイカル湖、プトラン山地、民族や国家ならアヴァールとか柔然とかソグド人、シビル=ハン国、3ハン国、ハザール=ハン国、とかに該当するんじゃないかと考えてみました。

参考サイト
MAYURA LABO
http://mayura.jp/blog/
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月15日 22:25
ニーソってなんだ?どこかの革命家か?やっぱりラテン系で詩人だったりするのか?
Posted by 戦キチモーリー at 2006年01月18日 23:48
熱狂させる、という意味ではそれに近い存在だよ!
少数精鋭だしね!
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月19日 02:11
書き忘れてましたが、『萌えよ!戦車学校 02式』は2月上旬の発売だそうです。
イカロス出版の公式サイトに書いてありました。
http://www.ikaros.co.jp/
あ、でも、ビーケーワンの『萌えよ〜』の欄には2月下旬ってなってるんで、そこらへんはどうなるのか。
あとそこだと何故か02式じゃなく『萌えよ戦車学校B型』ってタイトルになってます。変更有るのか?
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年02月02日 01:40

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ、いい感じで3巻まで現在出てます。

萌えよ!戦車学校III型
田村 尚也 (著)
野上 武志 (イラスト、漫画担当)




関連記事
「萌えよ!」のシリーズ化!? 今度は陸上自衛隊だ! 田村尚也&野上武士『萌えよ!陸自学校』
http://xwablog.exblog.jp/8001795
[PR]
by xwablog | 2006-01-12 03:12 | 書庫
ジャンヌとアトムとナポレオン、という記事
2006年01月12日
ジャンヌとアトムとナポレオン

この前見つけた漫画『ジャンヌ・ダルク』は「講談社学習コミック」の中の「アトムポケット人物館」というシリーズのひとつ。ジャンヌ・ダルクと鉄腕アトムの組み合わせは吃驚だけど、大丈夫。導入部に案内役として出てくるだけで、アトムがイギリス軍と戦ったり、王太子が誰だか言い当てたりはしないのです。で、なんと本編の漫画を描いているのは岸田恋先生だった!


ジャンヌダルク_アトム_岸田恋

ジャンヌダルク_アトム_岸田恋

高山一彦&岸田恋。講談社。693円。2001年

自分の記憶が正しければ岸田恋氏は、ふたりの修道士の恋愛を描いた作品を出してたように思います。フランチェスコ会士とドミニコ会士だったかな。やっぱりこういうの好きだから歴史ものの仕事取ったりしてるのかな。
この漫画読んで知りましたが、忘れ去られていたジャンヌ・ダルクを一躍有名にしたのは、ナポレオンだったんですね。でも、彼は何を読んで注目されずに忘れられていた人物のことを知ったんでしょうね。歴史書から?
ちなみに、この漫画の監修はジャンヌ本をいくつか描いたりしてる高山一彦氏です。

書くの忘れるところでしたが、この『蒼のサンクトゥス』には「ハーリ・ヤノーシュ」という船が一度出てきました。ハンガリー系の名前だなー、と思って調べたら、コーダイの曲にもなってるような有名なフォークロアの登場人物らしいですね。うーん、知らなかった。

Posted by 管理人・馬頭 at 05:52 |Comments(3) |TrackBack(0) | 漫画 , 歴史 , 東欧
このBlogのトップへ|前の記事|次の記事
この記事へのトラックバックURL
http://blogs.dion.ne.jp/matou/tb.cgi/2648260
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
この記事へのコメント
> ヤスダスズヒト

そうそう、コメント付け忘れてましたが、ヤスダスズヒト氏は
お気に入り絵師の一人なのですよ。アレはよい。
連載なんて始めるんですね。

って、もう発売してますか、そうですか。あとで買いにいくか。

> やまむらはじめ

「未来のゆくえ」はトランクルームに入ってますよ(^^)
OUR'sつながりで知った作家さんです。この人も好き。
「まつりの景色」「肩幅の未来」が好き。
Posted by 蒸しぱん at 2006年01月29日 15:36
>ヤスダスズヒト
今までイラスト・挿し絵中心でしたからね。
まだ読んでませんが、ピンキーの漫画がこの前出てたはず。


>やまむらはじめ
トランクルーム行きですか〜(笑)。『未来のゆくえ』は名作揃いですね。自分も「まつり」は好きです。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月30日 00:17
22日に『夜桜四重奏』の単行本第1巻が出たはずなんですが、とらのあなだと売ってないですね。もう完売?
最近はずっととらのあなでばっかり漫画買ってたので、他の本屋みてないのでちょっと覗いてみますか。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年09月25日 04:05
名前:


ーーーーーーーーーーーーー

関連記事
エムスとの戦いの中、雷鎚の魔女であることが危機を招くことに。Cuvie『ドロテア 魔女の鉄鎚』第5巻
http://xwablog.exblog.jp/7988154
その想いを確かに抱き・・・。Cuvie(キューヴィー)『ドロテア 魔女の鉄槌』第4巻
http://xwablog.exblog.jp/7933356
畏怖を込めて魔女と呼ばれ・・・。Cuvie『ドロテア(Dorothea) 魔女の鉄槌』第3巻
http://xwablog.exblog.jp/7838479
異端の拠点を襲撃する傭兵団だが・・。Cuvie(キューヴィー)『ドロテア(DOROTHEA)』第2巻
http://xwablog.exblog.jp/7805108/
中世ヨーロッパを異教のまま生きる少女の物語。『ドロテア(Dorothea) 魔女の鉄槌』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/7755042/
[PR]
by xwablog | 2006-01-12 03:11 | 史劇