デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
タグ:日本 ( 82 ) タグの人気記事
石田三成だって尋常ならざる戦国の人だったわけ、という記事
これも古い記事。
NHKでやってた、『その時歴史が動いた』を見て、書いた。

----------------

2006年01月14日
石田三成だって尋常ならざる戦国の人だったわけですよ

今日はむちゃくちゃ寒かったです。降ってたんなら絶対雪でしたね。

最近、見るべきドキュメンタリや特番が無いので残念。正月にもそれほどやらなかったし・・・。やはりケーブル見れなくなったのが痛い。
今日はコサックスやってたらCBSドキュメントをはじめ見忘れました。チャビラ氏のやつがあったのに、大失敗です。
来週ので見るべきは、18日の深夜0時40分に再放送する『マレーシア 密林に幻の黄金クワガタを追う 栗林慧』。これは少し見ましたが、よかったです。
そういや、2004年の放送大学の授業の中に「中央アジアの歴史・社会・文化」というのがやってたみたいですね。06年度でもやるみたいなのでチェック。

今日は近くのスーパーで買い物したのですが、客の中にアニメ声の中国人の女の人がいて、なんだか嬉しくなってしまいました。いや、自分でも理由はよくわからないんですけどね。石田三成も言っています。「人の心計りがたし」って。
石田三成といえば、『その時歴史が動いた』が昨日再放送をやってまして、ちょうど見ることができたのですが、島左近について一言も言及なかったのが残念。内容が石田三成と徳川家康の対決を軸に作ったものだったのでしょうがないのですが。

----------------

で、石田三成って、微妙に評価されがちなんですが、自分としては好きです。
秀吉にけなげに仕えるイメージが強い。主君の死後も忠義立てってのは、日本人のご多分に漏れず、私も好きですが、歴史本だけじゃなく、小説やら漫画では、三成に対してあまりそういったことを注目する場合が少ないような。知ってる範囲だと『花の慶次』くらい?
言われ方としては、無能な武将、徳川の敵役、ただの文官、軍才の無かった教条主義者的な扱いまで。けど自分的には、織田豊臣時代が生み出したもっとも有能なテクノクラートのひとり、だと思ってます。もうちょっと歴史上で長く活躍して欲しかったですね。

・・・けど、『信長の野望』でのステータスの微妙な設定はちょっとな!
[PR]
by xwablog | 2006-01-14 05:35 | 日記
人口減少について、の記事。今年中に人口減少か。マイナス1万人の公算だとか。
昔書いた記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2005年12月21日
人口減少について
今年中に人口減少か。マイナス1万人の公算
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20051217/mng_____sei_____002.shtml
日本の人口は今年から減るみたいです。
「今年七月末までの一年間の出生数から死亡数を引いた日本人の人口の自然増加数が、初めて二万人を割り込み一万四千九十八人に落ち込んでいることが十六日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。増加幅の縮小ペースは月平均五千人を超える。このペースが続けば十月末で増減はほぼゼロになり、十二月末にはマイナス一万人前後となる計算で、初めて年ベースの「人口減少時代」に突入する可能性がある。」
いやはや、他の問題はともかく減ることは良いことだ。でも政府としては少子化対策を講じてこれに歯止めをかけたい様子。
しかし、人口の問題は環境の問題と切り離せないものでしょう。
「人口問題 = 経済問題 = 環境問題」
間にある経済問題(人口減少による市場の縮小)を気にするあまり、いままで人口増加で良かったから、ということで、人口増加を維持させようとするなどというのは、環境問題について軽く見てるというより、目先のことしか見えてない愚行そのものですね。

「人口減少」=「市場縮小」?もう利益は出ない?
http://allabout.co.jp/career/marketing/closeup/CU20041025A/
「人口増加=モノ・サービスの普及=売上拡大(市場拡大)
この拡大の方程式が、売り方やマーケティングの前提となっていましたが、「人口減少」社会では、それが「縮小の方程式」へと様変わりするのです。」
つまり今までの「より良いものをより安く」という方法論は通用せず、「より良いものをそれなりの値段で」としなければならないわけです。もしも大量生産大量消費というものも維持しようとすれば環境問題への多大な負担となり、「市場=社会」そのものの基盤である環境が崩壊しかねない。多くのエネルギーを消費する現在の生活を維持したいのならば、人口の減少は絶対条件でしょう。しかし、人口減少が経済問題によって進まないのなら(その可能性は高い)、早いうちに環境に壊滅的な結果を与えそうな予感がします。

世界の人口
http://arkot.com/jinkou/

現在、世界人口は一秒あたり二・三人以上は増えてるそうで、65億人までもうちょい(統計に出ない人口があるはずだから、もっといる?)。
21世紀中には100億人に達するともいいますが、日本の人口が減ろうとも世界中で人口が増えてるんだから、どうもしようがないとも思えますが、とにかく少しでも人口の減りますように。

で、人口問題なんて現代的な問題かとや思いきや、紀元前のギリシアでもそういった問題があったようです。
『文明の人口史』によると、紀元前二世紀、ちょうどギリシア世界がローマの台頭によって衰退していった時代に、ギリシア社会の人口が減少して、社会の活力が失われたといったことがあったようです。
「ギリシアは出産の停頓や町から人が消えるなどの人間不足に苦しんでいる。今日の人々は奢侈や金銭が好きだが、おまけに怠け者であり、結婚を嫌っている。既婚者の場合は家族を養うのを嫌っている。せいぜい彼らが受け入れることは1人か2人の子供を持って、彼らに財産を残し、ぜいたくに暮らせるようにすることである。」
これは紀元前二世紀のギリシア人歴史家ポリュビオスの著述からですが、なんとはなしに今の日本みたいです。
高度に発達した社会は生活をするだけで負担が大きいのかも?
現在日本で人口が減っているのには、「子供」が金のかかるものだからというのが理由のひとつになってます。かつては子供の増加が収入の増加に繋がっていましたが、大家族から核家族への移行など社会の変化が「家族」に変化をもたらして、子供を作っても親の家と分断されてしまうため、収入の増加に直接繋がらなくなったため、子供増加の利点が失われたと思われます。しかも、家族が分断されることによって、手間と金のかかる子育てをそれぞれの小さい家族ごとでは負担しきれなくなったのでは。
だからといって、今の日本にかつての古い価値観に基づいた大家族制を復活させろとかなんとか基地外みたいなことは言いません。そういった価値観が今さら現代社会で通用しないでしょうから。もしも、政府が少子化問題をどうこうしたいというのであれば、子育てを今風にサポートする体制を作る必要があるでしょう。それは今の政府がその負担から逃れようとして放棄しているサポートなのですが。

なんだか長いだけで話の落とし所を見失ってしまいましたが、「少子化」「人口減少」というニュースが続いたものですから、こんなこと書いてみました。

Posted by 管理人・馬頭 at 23:55 |Comments(2) |TrackBack(0) | 歴史


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[図説]人口で見る日本史 (単行本(ソフトカバー))
(鬼頭宏。PHP研究所。2007年。1470円)

奈良時代の人口の70%~90%が渡来人の子孫だった!? 江戸社会は男だらけ!? 
少子化・晩婚化は江戸時代からはじまった!? 幕末・維新期に都市人口は減少し
た!? 日本の人口重心は東進し続ける!? 本書は、歴史人口学の気鋭の研究者
が、日本の各時代の人口・ライフスタイルを豊富な図表でわかりやすく解説、現
代・近未来の課題を考察する。」(アマゾン解説より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント
「論拠と事実」だったか忘れましたが、ロシアの人口は毎年70万人(マジデスカ)減っていて、近いうちにそれは80万人になるだろう、というような記事が載っていたようですよ。
移民とかもあるのかもしれませんが、ロシア人ばかりでなくほとんど全ての民族で出生率が減少しているとのことです。乳幼児死亡率や妊婦の死亡率が高いと聞きますし、男性の平均寿命も先進国ではあり得ない短さです。
まーだからといって、日本政府がましな施策をしているかと言えば50歩100歩ですかね、実感として。
Posted by 雪豹 at 2005年12月29日 18:13
70万人! けっこうな大都市と同じくらいの人口じゃないですか。ロシアの人口が減ってるという話は聞いたことがありましたが、えらいスピードですね。
『ロシアを知る事典』を見るとCIS諸国の中でさえ、ロシアの死亡率(15パーセント)が一番高いようです。ソ連崩壊以後に減少したといいますから、ソ連崩壊のダメージが今後さらに重くのし掛かってしまいそう。
Posted by 管理人・馬頭 at 2005年12月29日 20:05
名前:
[PR]
by xwablog | 2005-12-21 01:28 | ニュース