デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
タグ:モンゴル ( 5 ) タグの人気記事
蒙古の脅威をひしひしと感じる時頼。さいとうたかを&高橋克彦『コミック北条時宗』2巻から4巻
web拍手レス
>昔、ある雑誌で元寇を背景にした小説が連載されておりまして。なかなか面白かったのですが
>いつの間にか打ち切りになり・・・・それはともかくこの漫画も面白そうですね。
読み切りならともかく、連載小説は一度消えると本になる可能性が低いから切ないですよね。
この漫画はさいとうたかを氏が描いてるだけあって、さすがに上手いです。さいとう氏は歴史もの好きなのか、他にも武田信玄とか描いてるんですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おおお、まさかの雪とは。今外見たら、道の上は溶けてましたが、車の上とかのは積もってました。明日大丈夫かな。
しかし、寒いですね。最近は室温が低いのがたまらないので部屋の中でもコート着てます。

それはともかく。
漫画版の『北条時宗』。一応4巻まで読みました。

『コミック北条時宗』第2巻さいとうたかを高橋克彦

『コミック北条時宗』第2巻

(さいとうたかを。原作/高橋克彦。脚本/道又力。講談社。2000年。571円)
「1251年、正室の涼子(あきらこ)から正寿丸(しょうじゅまる)、のちの北条時宗が産まれ喜ぶ北条時頼だったが、涼子は側室から生まれた長男の宝寿丸との対立を不安がる。鎌倉は時頼の政権掌握に不満を持つ足利泰氏や将軍頼嗣などの影響から不穏な動きがみられるようになってきていたのだった。また、そのころ、遠くモンゴルでは、モンケ・ハーンとその兄弟たちが、東西の諸国へと大規模な侵攻を開始する・・・」

北条時宗が生まれてから蒙古軍襲来に立ち向かうまでを描いた歴史漫画・・・なんですが、4巻まで読んでみてわかりましたが、ここまでの主人公は北条時頼でした! (ぇー
いや、北条家の問題とか時宗が生まれてからのいきさつとか描くのはいいんですが、メインで活躍するのが時頼なんですよね。国内の問題、とくに身内との諍いを乗り切りつつ、ひいきにしている博多の商人・謝太郎(しゃたろう。謝国明の息子)の言う「蒙古が凄い勢いだぞ。備えないとヤバいぞ」という話に、いつも「なんとかしなきゃ」と悩み奮闘しています。だから息子影薄いです。異母兄弟のことも、親の側の問題という感じもしちゃうので、息子の苦悩ってのも重みを増すのは4巻半ばあたりから。しかも、その決着そのものはだいたい時頼がつけちゃってる感じも。
だから、これは北条時頼が主人公の漫画だと思って読めばいいのじゃないかと。そうするとすんなり読めます。面白いですしね。

日本の話と同時にモンゴル側の話も語られ、フビライが対宋戦線の責任者として実力を蓄えて行く様子が描かれます。それを警戒しはじめるモンケとの確執が起きたりしますが、これはモンゴル側は兄弟間で対立し、日本では兄弟間で仲良くしたって、感じで対比されてるようですね。
フビライも、北条一家も、なんかやけに善人で正道を歩む人っぽく描かれてます。ひと昔前の歴史モノの感じがちょっとします。



『コミック北条時宗』第3巻_さいとうたかを高橋克彦

『コミック北条時宗』第3巻

(さいとうたかを。原作/高橋克彦。脚本/道又力。講談社。2001年。571円)

この漫画ではじめて知りましたが、北条時頼は出家(道崇と名乗った)した後に勧善懲悪の諸国巡りをしたという廻国伝説があるそうですね。この漫画ではは時宗と商人・謝太郎を連れて、東北・十三湊まで行って、そこから船で博多を巡る旅をしています。
諸国巡りしながら各地でいいことするなんて、なんか『水戸黄門』みたいな話ですね。



『コミック北条時宗』第4巻_高橋克彦さいとうたかを

『コミック北条時宗』第4巻

(さいとうたかを。原作/高橋克彦。脚本/道又力。講談社。2001年。571円)

4巻では1263年に北条時頼が死亡するまでが描かれます。時宗も前途有望な若者になるものの、若くして重責を担わされ苦悩したりとか。
モンゴルではフビライがモンケの死とともにハーンになろうと決意します。
また、この巻では鎌倉で説法する日蓮が登場。そうか、日蓮ってこの時期の人だったな、とか思ったり。

あと5巻6巻はまだ未入手。普通には買えないかな? ネットだとなー・・・



youtubeにこんなのありました。

鎌倉紫陽花巡りⅢ@北条時宗公御廟所・円覚寺:JR横須賀線・大船~北鎌倉
シリーズになってるみたいで、鎌倉の北条時宗関連の名所を巡ります


参照サイト
北条時頼(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%99%82%E9%A0%BC
北条時宗(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%99%82%E5%AE%97
さいとう・プロダクション公式サイト
http://www.saito-pro.co.jp/
クビライ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%93%E3%83%A9%E3%82%A4

関連記事
奥野さんの記事「バトゥのロシア遠征」も載ってる。『コマンドマガジン』vol.79 チンギスハン特集
http://xwablog.exblog.jp/8099527
ロシア海軍増強、熊の群れ、海外にもDQNネーム、カダフィの息子逮捕など、最近のニュース080729
http://xwablog.exblog.jp/9179994
新連載「悪霊(シュトヘル)」開始。あと「のぼうの城」がイイ。『ビッグコミックスピリッツ』2009年4-5号
http://xwablog.exblog.jp/10076447
[PR]
by xwablog | 2009-03-03 01:23 | 史劇
平凡社『世界の民族14 シベリア・モンゴル』。北ユーラシアの諸民族を紹介した一冊。
この本は、シベリアとモンゴルに焦点をあてています。シベリアに関する本が少なすぎるので、これくらい古くても読むところはあったりします。

世界の民族14シベリア・モンゴル

『世界の民族14 シベリア・モンゴル』

(平凡社。総監修エバンズ=ブリチャード。日本版監修梅棹忠夫。14巻監修加藤九祚。1979年。2000円)
動物と人間(生物学からみた社会の起源)
シベリア、モンゴルの人々
モンゴルの人々
シャーマニズム
ハンティ族、マンシ族(ハンティ・マンシ民族管区)
ネネツ族(シベリア北部)
ヤクート族(ヤクート自治共和国)
アルタイ族(ゴルノ・アルタイ自治州)
ツァータン族(モンゴル)
シベリアのロシア人
開拓者たち
新しいシベリア人
ウデヘイ族(ハバロフスク州・沿海州)
ツーバ族(ツーバ自治共和国)
エベンキ族(シベリア)
ブリヤート族(ブリヤート自治共和国)
ケート族(エニセイ川、南シベリア)
ニブヒ族(アムール川下流部、サハリン)
コリヤーク族(カムチャッカ)
シベリア、モンゴルの諸民族一覧
日本版の読者のために

この本の中にこんな記述があります。

「ケートは自分本来の魂も含め7つぐらいある魂によって、生命と意識が与えられていると信じていた。この魂は氏族内を転生したクマにものり移ることができた。これはケートがクマに抱く畏敬の念と、クマを殺したあとクマに敬意を表して開く宴会を説明する手がかりになる。」(P125より抜粋。)

「ハンティとマンシの宗教生活は伝統的に内容豊富で込み入っていた。彼らにはたくさんの神や精霊があり、シャーマンを通してそれらとの交信が行われた。シャーマンは幻覚作用のあるベニテングダケを食べて神がかり状態に入るのだった。男には5つ、女には4つの魂があると信じられていた。動物が持っている魂はもっと少なく、クマだけが人間と同数の魂を持っていると信じられた。」(P50より抜粋。)


ついでにニュース。

モヘンジョダロ 塩害で崩壊進む インダス最大級都市遺跡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070311-00000006-maip-soci
「インダス文明最大級の都市遺跡モヘンジョダロ(1980年に世界遺産登録)で、塩害によって遺跡の崩壊が再び進んでいることが明らかになった。90年代に日本を含む各国の援助で大規模な修復や塩害防止策が図られたが、パキスタンが01年9月の米同時多発テロ後にアフガニスタンでの米国の対テロ戦争に協力する“前線国家”となり国際的な発掘調査は途絶えた。遺跡周辺の治安が悪化したため遺跡の保護が困難になっていた。」(ヤフーニュース3月11日記事より抜粋。)

この前、講義を聞いた時の地域ですね。
観光客も減ったようで、「外国人観光客も年間350人前後に落ち込み、修復資金となる入場料収入も得られなかった。」とあります。しかし、これだけ有名な遺跡なのに350人ってのは少なすぎ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事はもともとblogでの『マブイノコトワリ』第一巻の紹介記事だったものです。


日時----2007年04月13日
タイトル-----失われた魂を取り戻せ。琉球系の呪術がネタの漫画。高円寺雅彦&森ゆきなつ『マブイノコトワリ』第1巻

『らき☆すた』のOPは中毒性がありますね。何度も見てしまいます。しかし、単行本を買おうとしたら、1巻とかは売り切れ。最新刊しか残ってない。
そういや、佐原ミズ氏の『マイガール』の単行本を初日に買い逃したら、売り切れてた。失敗した。

それはともかく。
琉球系の呪術がネタの漫画『マブイノコトワリ』第一巻。

マブイノコトワリ第1巻_

『マブイノコトワリ』第1巻

(高円寺雅彦&森ゆきなつ。ワニブックス。ガムコミックプラス。2006年。580円。印刷/大日本。装幀/hive)
「班長の比嘉によって特捜研(特殊捜査研究班)に新たに加えられたのは、沖縄の特別な巫女の家系の末裔である天御宮祭(あまみくまつり)だった。都市伝説や霊能の力によって起こった事件を解決する特捜研での彼女の仕事は、その力を使って失われた魂を取り戻させ鎮めることだったのだった・・・」


沖縄の霊能者・呪術者「ユタ」を主人公の能力とし、それを刑事ものに使った作品。沖縄の霊魂観念では、人間は魂を七つ持っているということになっていて、その魂「マブイ」がひとつでも足りないと心身に異常をきたしたりするといい、それをなんとかして治すのが「ユタ」という人たちだとか。「生」を司る神女とは違う、「死」を扱うユタ。その力をオカルト的に持ち出した点は新しいですね。

この話の中ではじめて知りましたが、琉球での信仰では魂の数が七つということになっているのですね。思い出しましたが、シベリアの少数民族たちの信仰でも魂の数は複数でした。



シャーマンといえば『シャーマンキング』ですが(ぇー、

シャーマンキングOP(youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=O-ri67nop10

これ、キリスト教圏でも放映してるみたいですが、いいんですかね。オープニングの、しょっぱなから「よみが〜え〜れ〜」ですもん。「もう一度生まれよう この場所で」とか。
そういや、この『マブイノコトワリ』、全然シャーマニズムとは関係なかったな。



参照サイト
さぶろうぺーじ
http://saburou-p.sakura.ne.jp/
コミックガム
http://www.comicgum.com/
沖縄〜その不思議な世界(むぎ社)
http://www.mugisha.net/column5.html
[PR]
by xwablog | 2007-04-13 00:11 | 書庫
宗像教授シリーズがNHKスペシャル「文明の道」と夢の結合。星野之宣『クビライ 世界帝国の完成』
神風っていえば、今風に言うと自爆テロ。拒否することができずにやるはめになる人たちの自爆って、「自爆」というより「爆殺」されたようなもんか。
えーい、ラウンデル少佐が見本みせちゃるぞ。

そんなこんなで神風といえば元寇。元寇といえばモンゴル。モンゴルといえばチンギスハン。
今日は星野之宣先生が描かれた『クビライ 世界帝国の完成』をご紹介。

宗像教授『クビライ世界帝国の完成』星野之宣

『クビライ 世界帝国の完成 NHKスペシャル文明の道2』

(星野之宣。NHK出版。2003年。1600円)
「源義経の樺太経由の大陸行きの仮説などを調べるため大陸へ渡った宗像教授。そんな彼が導かれていったのは、世界に類を見ない大帝国を建設したモンゴル帝国の足跡だった。製鉄と馬、軍事システムと行政機構、文化の受容と広域な流通圏、そうしたものを結びつつ、帝国の発展とその要所要所に登場する不思議な囲郭都市が宗像教授にある推測をさせるのだが・・・」

かー、スケールでけー。でかすぎですよモンゴル帝国は。
これはNHKスペシャルで放映された『文明の道』というシルクロード(東西交易)と文化交流を中心にしたテーマを持つ番組があって、それとタイアップされて描かれた作品です。あの星野之宣先生の傑作漫画『宗像教授伝奇考』の続きが、こんな形で現れてくるとは思いもしませんでした。一度買い逃してしまって、ずっと買えませんでしたが、この前ようやっと手に入れ、読むことができました。
基本的にNHKの番組に沿った内容となっていて、あまり宗像教授の活躍の場面がないのですが、話の流れはとてもダイナミックで説得力があります。モンゴル帝国の国家理念とか計画がとても壮大なものであると感じさせてくれるのです。

ただ、モンシロチョウの話は何かとひっかけて話に食い込んでくるのかと思ったら、そのままスルーだった。今後の『宗像教授』の方で何かあるのかな?

参照サイト
文明の道
http://www.nhk-ep.com/view/10621.html

関連記事
国辱ものの大幅映像カット。ジェブロフスキ主演『ファイアー・アンド・ソード』。フメリニツキの乱を描く。
http://xwablog.exblog.jp/10195838
ワールシュタットの戦いのシーンがちょっとある。さいとうたかを『コミック北条時宗』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9690641
火の民族の足跡を辿り現代と古代が交錯する。星野之宣『ヤマタイカ』第1巻、という記事
http://xwablog.exblog.jp/7696180

追記。
海外では自爆テロのことを「カミカゼ kamikaze」って言ってるみたいですね。日本だとマスゴミが配慮して言わないけど。
[PR]
by xwablog | 2006-09-10 13:39 | 史劇
ヴォルガ・ブルガール史で見えてくる周辺地域との繋がり。梅田良忠氏『ヴォルガ・ブルガール史の研究』
古い記事です。

---------------------------
2006年03月17日
ヴォルガ・ブルガール史で見えてくる周辺地域との繋がり。梅田良忠氏『ヴォルガ・ブルガール史の研究』

最近、わけあってヴォルガ・ブルガールに注目してます。




『ヴォルガ・ブルガール史の研究』
(梅田良忠。弘文堂。昭和34年。)

去年の終わり近くにこの本を手に入れてから、やっとのことで読むことができたわけですが、これを読んで、ヴォルガ・ブルガールがキエフ・ルーシとハザールの間にあっただけの国、というのが間違った認識だと知りました。
(ちなみにこの記事、書いてから2週間以上放置してたものに加筆してます)

確かにヴォルガ川中流に位置し、近辺には目立った国も無いように見えますが、プルガスなどの小王国があり、また遠方のイランやホラズムとの関係、西シベリアとの関係、そして後背にはカマ河流域の部族たちとの提携といったものがあります。
まあ、ここらへんは蒸しパンさんがお得意とするところ。『ヴォルガ・ブルガール史の研究』は『貂主の国』のブログを参照するとより分かりやすいです。蒸しパンさんのブログの記事「北方世界とヴォルガブルガール」を見ると、意外なことですが、ヴォルガ川流域の国というイメージの割には領地の拡大方向は東・南方向が主で、ヴォルガ川上流方向へはほとんど拡大していません。
『ヴォルガ・ブルガール史の研究』では、特にイラン・イラク・ホラズムといった地域との繋がりが思ったよりも深いことが知れて面白かったです。どうも交易路というとイラン経由の東西交易ばかりが目立ちますが、北極海からペルシャ湾までを貫く地域の活発な交易があり、こうした南北の動きも見逃すべきではないのかもしれません。その場合はイラン・イラクを「中東」というくくりで見るのではなく、別の視点が必要なのかも。

あと、関係ないですが、ウチのパソコンで「とうほう」と入力すると何故か「東方」とは出てくれません。他にもこうした出てこないはずないのに出てこない用語がたくさん。なんなんだ。

参照サイト
貂主の国
http://blog.goo.ne.jp/north_eurasia
タタールスタン共和国公式サイト内「Histrorical Ensembles and Complexes」
http://www.tatar.ru/english/append91.html

 
Posted by 管理人・馬頭 at 01:03 

この記事へのトラックバック
馬頭さんのブログでヴォルガ=ブルガールについて触れられているのでこちらでも一席。ウラル山脈の東西に広がる広大な北ユーラシア世界は、その気候帯分布が緯度にほぼ平行に並んでおり、東西方向に同じような環境が...
ヴォルガ=ブルガールの立地条件【貂主の国】 at 2006年03月19日 00:30


---------------------------

これ、当然、ロシア旅行の前だったので注目してたわけです。その後、行ってまいりましたよ。カザンもブルガールも!

そういえば、この前、蒸しパンさんもこの『ヴォルガ・ブルガール史の研究』を入手されたようです。おめでとうございます。
[PR]
by xwablog | 2006-03-17 01:20 | 書庫
ウランバートルに銅像が立つ。チンギスハン、即位800年記念
古い記事

---------------------------
2006年03月07日
ウランバートルに銅像が立つ。チンギスハン、即位800年記念。

実は先日聞いてはじめて気付きましたが、チンギスハンが1206年にハーンに即位してから今年で800年ですよ。

チンギス・ハーン即位800年、モンゴル首都に銅像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060304-00000215-yom-int

「モンゴル帝国の始祖チンギス・ハーンの即位(1206年)から800年になる今年、モンゴルで、銅像建立などの記念事業が進んでいる。」(Yahooニュース。3月5日読売新聞より抜粋。)

やはりチンギスハーンともなると巨大な銅像になるのかと思ったら、政府宮殿前に5.5メートルと控え目な大きさの像になるようです。いや、まあ充分デカイか。

さらに3500平方メートルの面積の巨大な歴史博物館も建設予定とか。
これくらいならまだいいんですが、映画が2本作られるようで、それについては内容が心配です。

そういや、『中央ユーラシアを知る事典』の「チンギスカン」の項目がやけに簡単なんですが、なんで? もっとページ割けばいいのに。
あと、自分的には「チンギスハン」なんですが、『中央ユーラシアを知る事典』だとなぜか「チンギスカン」。現地だとその方が一般的な呼び方なのかな?
google検索をかけてみると、「チンギスハン」だと42500件ヒット、「チンギスカン」だと614件ヒット、「チンギスハーン」だと48900件ヒット、「チンギスカーン」だと531件ヒット、「チンギス汗」だと546件ヒットとなっています。日本では「ハーン」が普通みたいですね。

Posted by 管理人・馬頭 at 10:56
この記事へのコメント
大鴉さんからのコメント。ジュチは誰にするのかとか。

>チンギスハーン映画
浅野の顔はどうしてもテムジンって感じじゃないですね。だいたい言葉はどうすんだ。

>敦煌
『敦煌』は実はそれほど嫌いじゃない映画ですが、ただ単に印象がそれほど無いからかも。日本語だけという方法はむしろ良かったです。外国語・日本語混合の映画でたしか『ガンヘッド』とかありましたが、あれはちょっと駄目だったような。

>ジュチ
いやいや、まずジュチが出てくるかどうか。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年03月08日 04:00
---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-03-07 02:03 | ニュース