デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
2006年 01月 24日 ( 2 )
縞々コスチュームがカッコいいと思えるなら適性アリ。バチカンのスイス人護衛兵創設500年記念
古いブログからの記事。
スイス人傭兵のヴァチカンの衛兵たちのニュースがやってたので取り上げてみました。

----------------
2006年01月24日
縞々コスチュームがカッコいいと思えるなら適性アリ。バチカンのスイス人護衛兵創設500年記念

バチカン市国でローマ法王を守るため、スイス人の傭兵が長く雇われているのですが、この前その創設500年を祝って式典がありました。

<スイス護衛兵>創設500年、ローマ法王が感謝の言葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060123-00000018-mai-int

22日にサンピエトロ広場に110人のスイス人護衛兵が整列し、ベネディクト16世の祝福を受けました。もともとは1506年にユリウス2世が創設したのがはじまりだそうです。1527年の「ローマ劫掠(サッコ・デ・ローマ)」の時には神聖ローマ帝国のドイツ人傭兵が彼らと戦い、147人のスイス人護衛兵が死亡したそうです。たしか何年か前に隊長だか小隊長だかの地位を巡って兵士同士で数百年振りに殺人があったとかで話題にもなりましたね。
彼らの奇抜な縦じまの服は、レオナルド・ダ・ヴィンチのデザイン。
兵士の選抜基準に、身長が174センチ以上というのがあるけど、174センチって結構厳しいんじゃないの?

---------
この記事へのトラックバックがありました。

バチカン市国を守っているスイス護衛兵が創設500年を迎えました。 Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 1月23日10時12分 <スイス護衛兵>創設500年、ローマ胞が感謝の言葉 http://h...
バチカン市国スイス護衛兵創設500年【東ブログブルク公国】 at 2006年01月24日 06:18

----------
この記事へのコメントは自分の分だけ。


ちなみに、この記事書いた日は「コサックス」でスイスを選択して一人スイス祭り開催してました。

------------------

そうだ。この時期はまだwin機が普通に動いてて、『コサックス』がやれてたんだ・・・・。
早くPCをどうにかしよう。
[PR]
by xwablog | 2006-01-24 11:43 | ニュース
なにげなく自転車で移動してたらみつけた謎のナコルルカー
2006年01月24日
なにげなく自転車で移動してたらみつけた謎のナコルルカー
自転車で移動してると、まだ雪が残ってたり路面が凍り付いてる場所とかがあります。そういった場所を見つけるとワザとそこを走ったりしてみます。自転車でそういうところを走ると面白いんですよね。タイヤが空回りしたり滑ったりするし。バランス取りながらフラフラと楽しんでます。

そういや、自転車で走ってて、近場でこんなの見つけました。

ナコルルカー1


ナコルルカー2


「ナコルル&テリークラブ」?

なんじゃろうと思って調べてみると、SNKプレイモアが、社会貢献活動を行う部署として発足したのが「ナコルル&テリークラブ」で、その活動の一環として全国子ども会連合会にあげたのがこのキャラバンカーらしいです。なかなか可愛らしいナコルルのイラストが車の側面に描いてあります。確認してはいないんですが、反対側にはテリーのイラストがあったのでは。
こういったペイントの車ってコミケの時になぜか駅前にいますが、これはそういったのとは違うものだと知って一安心。この車、全国子ども会連合がやってる「全国読み聞かせキャラバン」というので使ってるらしい。私も「サムスピ」のシリーズでは大概ナコルルを使ってたぐらいですので、大好きなキャラですよ。乗るのはためらわれますが。

SNKプレイモアのサイトには「ナコルルは、私たちのゲームソフト「サムライスピリッツ」のキャラクターで、環境保護のシンボルです。テリーは、SNKがかつてゲームメーカーとしてその地位を確立した名作「餓狼伝説」の主人公で、青少年育成のシンボルとなります。」とは書いてあります。ナコルルはともかく、テリーってそんなキャラだったっけか?


話代わりますが、時期が時期だけに引っ越す準備をしている人が多いと見越してか、最近ポストに引っ越し業者や廃品回収の業者のチラシがいっぱい入ってます。これも東京というか都市部ならではの光景なのか・・・。

Posted by 管理人・馬頭 at 00:23 |Comments(0) |TrackBack(0) | ゲーム


アイヌ。巫女。
[PR]
by xwablog | 2006-01-24 02:11 | 日記