デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ロシア正教会のトップ、総主教のアレクシー2世が亡くなりました。享年79歳。
web拍手レス
>これ見ました? http://ru.youtube.com/watch?v=k-6lF58xmcQ (NTVニュースより)
どなたかが教えてくれましたのでyoutube動画貼っておきます。ありがとうございます。

Россия прощается с Патриархом



アレクシー2世の葬儀のロシアでのニュースですね。政府高官のみならずイスラム聖職者まで参列。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんか体調悪くて、舌が痛いです。舌の表面が真っ白なんですよ。グロい。
なんか、舌が白くなるのは舌苔というのがついてるから掃除すればいい、とかネットに書いてあったから、舌ブラシとか言うのを買って擦ってみたんですが、全然取れなくて、こりゃ違うなー、と思ってとにかく寝ました。今日の朝、仕事行く時には少しよくなったけど、まだ少しピリピリしてて食事すると痛い。

それはともかく。

ロシア正教会のトップ、総主教のアレクシー2世が亡くなりました。
あと10年くらいは総主教やってんのかと思ってたので、ちょっと吃驚しました。(いや、もう、79歳だったんですけどね)

ロシア正教会総主教、アレクシー2世が死去(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&k=20081205020271a
アレクシー2世が死去=政治にも影響力−ロシア正教(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200812/2008120500822&rel=j&g=afp

記事の内容が微妙に非難がましいのはなんでなんだ時事通信。

訃報:ロシア正教会のアレクシー2世総主教が死去=79歳(毎日)
http://mainichi.jp/select/world/news/20081206k0000m030098000c.html
「アレクシー2世は今月初め、ドイツで定期治療を受け、5日にクレムリンのウスペンスキー寺院で儀礼を執り行ったばかりだった。」
これによると、前日までは仕事できるくらいではあったみたいですね。

この人はソ連時代に総主教になった人ですね。まさに激動の時代を生きた人ですが、自伝とか出してないんでしょうかね。出てるなら翻訳読んでみたいなー。
wikiの記事読むと、エストニアのタリン出身で、ドイツ系バルト人の貴族の末裔みたいですね(なんかwikiの記事の一部が変ですが)。1961年にはタリン主教にもなってます。
次の総主教は誰がなるんでしょうね。

函館でアレクシー2世追悼式 ロシア総領事ら(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/133534.html
「追悼の祈りは、旧ソ連時代にアレクシー二世の副輔祭(ほさい)を務めた同教会のニコライ・ドミートリエフ神父(48)がつかさどった」とのこと。
そういや、北海道は正教徒が多かったですね。

Местоблюстителем патриаршего престола стал митрополит Кирилл(リアノヴォースチ)
http://www.rian.ru/religion/20081206/156653199.html

1929-2008. 79 лет жизни Алексия Второго(リアノヴォースチ)
http://www.rian.ru/photolents/20081205/156592859.html
アレクシー2世の子供のころからの写真。


参照サイト
アレクシイ2世
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%A42%E4%B8%96
ロシア正教会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%AD%A3%E6%95%99%E4%BC%9A
ソビエト連邦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%88%E9%80%A3%E9%82%A6

関連記事
近代ロシアの重要な聖人のひとりサーロフの聖セラフィムの本。『ロシア正教会と聖セラフィム』という
http://xwablog.exblog.jp/7480864
中世ロシアの沈黙のイデオロギーによる知的体系の抵抗を読み解く。C・J・ハルパリン『ロシアとモンゴル』
http://xwablog.exblog.jp/8743923
非党員でユダヤ系の医師の苦難に満ちたソ連生活。『ロシアンドクター』という記事
http://xwablog.exblog.jp/7696095
モスクワの地下を彷徨うホラー映画。ヴィンセント・ギャロ主演『モスクワ・ゼロ(MOSCOW ZERO)』
http://xwablog.exblog.jp/9901646
[PR]
by xwablog | 2008-12-06 23:52 | ニュース
<< 犯罪が横行するソ連で果敢に戦う... ビザンツ帝国の経済的相互関係を... >>