デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
日本ポーランドの人物交流史が特集。『ポロニカ(Polonica)ポーランド文化の現在・過去・未来』93年no4
明日からまた寒くなるらしいですよ。昨日一昨日とやけに暖かかったですが、気をつけないとまた風邪ひいちゃいそうですね。

ポロニカ(Polonica) ポーランド文化の現在・過去・未来』93年 vol.4

『ポロニカ(Polonica) ポーランド文化の現在・過去・未来』93年 vol.4

(恒文社。ポロニカ編集室。1993年。2500円。242ページ)
特集 日本・ポーランド人物交流史
日本を旅したポーランド人
ポーランドで日本を演じた役者たち2
それぞれのポーランド体験
イディシュ文化の故郷を訪ねて1
短編小説 ブレイネ嬢の話
短編小説 こぶ
ポーランド紙幣の歴史
ポーランド・ポスター界の現況を考える
ポーランド演劇とポスト・モダン
ポーランドのピアニストたち
真昼の精と山姥4 ポーランド怪異譚
ほか。

馬頭が持ってるポロニカは1と4だけなんですが、4の方は歴史関連の記事がほとんどない内容でした。
日本にはじめてきたポーランド人(記録に残ってる人)は、イエズス会のメンチンスキ神父です。彼は1642年にすでにキリスト教が禁止された日本に、仲間と五人で密入国して、数日でソッコー捕まってしまい処刑されてしまいました。ポーランド東部の伯爵家の出身だとか。死亡して五年後にやっと死亡のことが本国に伝わったらしいのですが、どうやって伝わったんでしょうね。
あと、他に記録に残ってるポーランド人は、19世紀の学者でブロニスワフ・ピウスツキとかも紹介されています。このピウスツキも貴族の出だそうです。
目次見てもわかるように、文化系の記事が多いですが、中には興味深い紙幣の歴史なども。

このno.4は神保町の湘南堂で買ったものでした。

そういや、『ピアノの森』でショパンコンクールがあるのはポーランドのワルシャワででしたね。


その他、ニュースなど。

教会が一軒まるごと消えた!? 盗まれたロシア正教会(エキサイト)
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1226915194602.html
これは酷い。モスクワの東北に市する隣村コマロヴァの人々が建物を解体したのは、イヴァノヴォ-ヴォスクレセンスカヤ教区の「復活の教会」だそうです。

今日、amazonから『Crusader Castles in the Holy Land (General Military) 』のセールスのメールがきました。ちょっと欲しいかもとか思ったり。



参照サイト
恒文社
http://www.ko-bun-sha.co.jp/
同人誌『初期ポーランド史』
http://www.toride.com/~digxwa/digxwaFiles/magf/mag_poland.htm

関連記事
日本初のポーランド語辞典で、いまだこれしかない。木村彰一ほか共編『白水社ポーランド語辞典』
http://xwablog.exblog.jp/9885057/
ポーランドに関する記事だけで作られた本『ポロニカ(POLONICA)ポーランド文化の現在・過去・未来』創刊号
http://xwablog.exblog.jp/9878377/
ポーランド建国の物語を映画化した作品。ミハウ・ジェブロフスキー主演『レジェンド 伝説の勇者』
http://xwablog.exblog.jp/9872832/
ポーランド史の本といったらほぼコレ! ステファン・キェニェーヴィチ/編『ポーランド史』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9860880
[PR]
by xwablog | 2008-11-17 21:00 | 書庫
<< モスクワの地下を彷徨うホラー映... 日本初のポーランド語辞典で、い... >>