デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
騎士の武器や戦いの様子。普段の生活などを解説する。『ビジュアル博物館43 騎士』
「ベルダン年代記」のことが書いてある論文のコピーを探して部屋中ひっくり返してたのですが、結局見つからずメゲそうな馬頭です。
今日こそ記事書こうと思ったけど、何もやってません。かわりに部屋の下の方から懐かしい本とかこんなの持ってたなぁ、という本を発掘。古本屋で買った映画のパンフをいくつか見つけましたが、意外と面白かったです。「ネレトバの戦い」のパンフも久々に見て懐かしがったり、「宇宙皇子」のパンフがあって吃驚したり。

それはともかく。
この前の『カラーイラスト世界の生活史』と一緒に発掘した本です。

ビジュアル博物館43騎士

『ビジュアル博物館43 騎士』

(クリストファー・グラヴェット。監修/森岡敬一郎。同朋舎出版。1994年。2800円。63ページ。)
最古の騎士、ノルマン人、騎士になる、全身を鉄でおおう、鋼鉄のファッション、甲冑の内側、武器と人間、馬上の騎士、城、戦時の城、城攻め、甲冑をつける、敵、戦場へ、平和時の城、荘園領主、荘園の貴婦人、騎士道の理想、武芸競技大会、馬上槍試合、徒歩戦、紋章、狩猟と鷹狩り、信仰と巡礼、十字軍、キリストの騎士たち、日本の武士、職業兵士、騎士道の凋落、索引

子供向けの絵本的な解説付き写真集のシリーズのひとつ。これは中世ヨーロッパの「騎士」を扱ったものになっていて、騎士の装備やその生活の中での道具などを紹介し、綺麗な写真にキャプションで部位の名称の説明などをつけたりしています。大人でも充分読むにたるものとなっています。
もとは1993年にイギリスで出た本のようです。

参照サイト
同朋舎メディアプラン 旧同朋舎出版
http://www.media-sk.co.jp/

関連記事
昔の人の生活の様子を再現した絵本みたいな本『カラーイラスト世界の生活史』シリーズの手持ちを並べてみた
http://xwablog.exblog.jp/9826760/
12世紀ドイツの歴史などに詳しいちょっと古い歴史書。F・ラウマー『騎士の時代 ドイツ中世の王家の興亡』
http://xwablog.exblog.jp/9477826
中世ドイツ国家の制度と組織を解説。ハンス・K・シュルツェ『西欧中世史事典 国制と社会組織』
http://xwablog.exblog.jp/7798331
より上の階梯の敵が登場。冲方丁&夢路キリコ『シュヴァリエ』第2巻。サラマンドルとは?
http://xwablog.exblog.jp/7641669
[PR]
by xwablog | 2008-11-09 21:54 | 書庫
<< 今川義元と太原雪斎が駿河の国を... 石川雅之の新作「純潔のマリア」... >>