デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
守りたいから私は飛ぶ! 謎の飛行体ネウロイと戦う少女たちの物語。『ストライクウィッチーズ』
ども。馬頭です。
久しぶりに『BE-BOP-HIGHSCHOOL』を読んでるのですが、これがやっぱり面白いです! 学生時代に流行った作品ですが、当時の状況とか思い出したり、これに影響されてバカなことしたヤツとか思い出したり、なんか異様に懐かしいとともに改めて楽しめてよかった。
で、これ読んで思い出したのですが、ゲームで『ビーバップ』のやつって出てましたっけ? 「メンチビーム」っていうビームを目から出して喧嘩するゲームがあったような気が。

それはともかく。なんか放映は終わっちゃったらしいのですが、これについて。



『ストライクウィッチーズ』DVD第1巻

(原作/島田フミカネ&Projekt Kagonishiプロイエクトカーゴニッシュ。監督/高村和宏。キャラクターデザイン原案/島田フミカネ。制作/GONZO。キャスト/福圓美里、千葉妙子、名塚佳織、沢城みゆき、他。6090円。)
「1939年にこの世に襲来した謎の巨大飛行体ネウロイは、五年でヨーロッパ大陸を制圧するまでになっていた。人類は彼らに対抗することのできるのは魔力のみのため、魔力で動き空を飛ぶ機械ストライカーユニットを開発して戦うことになるのだった。そして、ヨーロッパに唯一残った人類圏のブリタニアには、各国のエースパイロットたる少女たちが集まり、連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」を結成し、ネウロイとの戦いに力を尽くすのだった。そんな中、はるか東方の島国、扶桑皇国の学生・宮藤芳佳は、その潜在能力を買われウィッチーズに入らないかと言われる。だが、ユニットの開発者だった父との別れが、戦争のせいだとして戦うことを拒み・・・」

最近流行り(?)の萌えミリタリーもののひとつで、飛行脚「ストライカーユニット」というのを脚に履いて、空を飛んで敵と戦うという話。いわゆる擬人化モノの変則的な形態ともいえる「戦闘機化した少女」というのがミソになっています。(そういや、レシプロ機ものもじわじわ増えてますね)
で、なんでこれを取り上げたかというと、この話で敵となる謎の巨大飛行物体の名前が「ネウロイ」となっているからなんです。
この「ネウロイ」は、ヘロドトスが『歴史』の中でも言及している古代のスラヴ人とみられる人々を指す名称「ネウロイ人(Neuroi)」から取ったのだと思います。ネウロイ人に関する記述は、ダレイオス1世のスキタイ遠征の部分、四巻(岩波文庫だと中巻)の17節、51節、102節、105節、などに名前が登場します。それによると、現在のベラルーシ・ウクライナにあたる部分などに住んでいたとされています。あと105節に書かれていることは興味深いです。

「ネウロイ人はスキュティア風の慣習に従っているが、ダレイオスの遠征により一世代以前に、彼らは蛇の襲来にあい、全国土から退散せねばならぬという羽目に陥った。この国に多数の蛇が発生したのみならず、さらに多数の蛇が、北方の荒野から来襲したためで、遂には困窮の果て故国を捨ててブディノイ人とともに住むことになった。この民族はどうやら魔法を使う人種であるらしく、スキュタイ人やスキュティア在住のギリシア人のいうところでは、ネウロイ人はみな年に一度だけ数日にわたって狼に身を変じ、それからまた元の姿に還るという。」

これは、スラヴ人たちに広まっていた信仰やその儀礼のことじゃないかとされています。現在もバルカンなどでは人狼の伝説などが多く残っています。ここらへんについては『スラヴ吸血鬼伝説考』を参照するのがいいでしょう。まあ、『ストライクウィッチーズ』では、謎の飛行体についての名称というだけになってしまい、人狼とか関係ないですが。

うーむ、しかし、まさかコレを持ってくるとは。いいセンスしてます。
テレビ無いので見てなかったものの『ストライクウィッチーズ』が話題になっているのは知ってましたが、ネウロイのことはこの前知りました。で、とりあえずどんなもんかとDVD1巻を見てみたのです。
内容的には『戦闘妖精雪風』と『ガンパレードマーチ』と広義の魔法少女ものを合わせた感じで、少女の成長と仲間たちとの関係を描きつつ、戦うことの意味を問うていくことになりそうです。作画もよく、普通に楽しめました。あと、描きたいものが何かを正直に追求する姿勢には感服。突っ込みどころは、まさにそこで、若い女の子がスカートを履かないのがデフォという世界観と、執拗に股間をアップにする演出でしょうか。


参照サイト
ストライクウィッチーズ アニメ公式
http://s-witch.cute.or.jp/
島田フミカネ公式
http://www.ne.jp/asahi/humikane/e-wacs/

関連記事
トラキアの黄金遺物の記事有り。『ナショナルジオグラフィック日本語版』2006年12月号
http://xwablog.exblog.jp/8040974
テルモピュライの戦いは100万対300人のガチンコバトル。F・ミラー『300(スリーハンドレッド)』その1
http://xwablog.exblog.jp/7489963
ハイパー美少女系ミリタリーマガジン創刊!『MC☆あくしず』vol.1という記事
http://xwablog.exblog.jp/7720558
次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、中央海を単機敵中翔破せよ。犬村小六『とある飛空士への追憶』
http://xwablog.exblog.jp/8861288
[PR]
by xwablog | 2008-10-23 00:07 | 日記
<< 駄目だ、この人。早くなんとかし... 孤島の訓練所へ送り込まれた尊た... >>