デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
あまり知られていない星の和名についての記事を集めた本。野尻抱影『日本星名辞典』
日本星名辞典_野尻抱影

『日本星名辞典』

(野尻抱影。東京堂出版。1973年。3500円。261ページ。)
春の星の和名
夏の星の和名
秋の星の和名
冬の星の和名
沖縄の星名
奄美の星名
アイヌの星名
南十字星
惑星の和名
流星の和名
彗星の和名
古典の星名
星名索引

昨日紹介した『暗殺の事典』のとなりに置いてあったのでついでに紹介してみます。
というか、この本、なんの為に買ったのかいまいち思い出せません。それくらいなので、ほとんど買ってから手にしてない本です。過去に戻ってその時の自分を問いつめたくなるような本が他にもいくつか・・・いや・・・・いくつもありますが、そう、ほら、あれっ!  「過去は戻らない」ってやつでして(ry
今回、ちょろっと見てみましたが、なかなか興味深い話がたくさん。そういう見方でそう名付けたのか、とヨーロッパ風の呼び名とは違う由来が知れて面白い。キチっとした「辞典」という感じでもなく、各地で聞き取った話を集めたエッセイ集の雰囲気も持つような内容です。1973年と、結構古い本なので、この中の情報がどれくらい正しいのかとかは不明。ページの大半は春夏秋冬の星の和名で埋まってて、残り少しで、沖縄やらアイヌやらの星名などについて書いてます。こういうのも一緒に載っけてくれるのはありがたいです。
星の名前などというと、ついついギリシャ神話由来のヨーロッパの呼び名を使ってしまいますが、日本でも古くから星に名前をつけていたんだと再認識できたのはよかったかと思います。
ちなみに『宗像教授異考録』の話の中には日本の星の名前、星についての神話と宇宙観などについてつっこんだ面白い話が載っています。非常に面白かったです。

ところで、この著者の天文学者・天文民俗学者・英文学者である野尻抱影氏は、作家の大佛次郎の兄だそうです。私は全然知りませんでしたが、星に関しての本で有名な人らしい。

参照サイト
東京堂出版
http://www.tokyodoshuppan.com/contents/list/index.html
日本の星名(PDF)
http://homeplanet.web.infoseek.co.jp/topic/gakusyukai/studies_20051202_2nd.pdf
星座(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E5%BA%A7
国立天文台
http://www.nao.ac.jp/

関連記事
江戸時代におけるイギリスのイメージの変遷。T・スクリーチ『江戸の英吉利熱 ロンドン橋とロンドン時計』
http://xwablog.exblog.jp/8721490
ローマで信仰されていた神々の流行や多彩さに驚きます。小川英雄『ローマ帝国の神々 光はオリエントより』
http://xwablog.exblog.jp/9029672
出てくる人が少し微妙だけど面白い。『日本刀なるほど物語』他。そして『宗像教授』。という記事
http://xwablog.exblog.jp/7480780
[PR]
by xwablog | 2008-10-06 23:18 | 書庫
<< 不自然に船を沈めるモビーディッ... 歴史上の人物で暗殺された人たち... >>