デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
小泉総理が各国首脳と麻雀バトル! 政治パロディ麻雀漫画。大和田秀樹『ムダヅモ無き改革』
うー、いきなり寒くなりましたね〜

web拍手レス
>チェルノボーグはカルノフとチェルノブの兄弟神の父親、という情報のソースを教えてください。wikipediaのチェルノブの項目で質問が出ています。
ゲームの『カルノフ』も『チェルノブ』も初耳でした。『ヒットラーの野望』はやったことありましたが! 「チェルノボーグ」に子供がいたという話はどこにのっていたのか手持ちの本をいくつか調べましたが、見つけられませんでした。どこにあったかな〜。持ってない本の『世界神話事典』か『世界の神話伝説 総解説 改訂増補版』のどっちかの可能性があるので、ちょっと調べてみてください。
(どれかの記事に対するコメントとかではなさそうなので、一応ここに。スラヴ神話について検索するとウチのサイトのページ「スラヴ神話の神々」が上位にくるので、たぶんこの質問してきたんでしょうが。ちなみに、この前、『ハルビンカフェ』のラストシーンについてのコメントくださった方へのweb拍手レスは、『ハルビンカフェ』の記事につけました。基本的にある記事に対してのコメントにはその記事の中にレス付けますね。さらにちなみに『ハルビンカフェ』はそういえば人にあげちゃったので確認できませんでした・・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ムダヅモ無き改革_大和田秀樹

『ムダヅモ無き改革』

(大和田秀樹。竹書房。近代麻雀コミックス。2008年。619円)
「凄まじい麻雀の強さを持つ日本の総理大臣・小泉ジュンイチロー。彼に惨敗したブッシュ大統領は、小泉チルドレンの杉村タイゾー議員を千点一万の高額レートの罠に嵌め、小泉首相を再び雀卓へと引きずり込む。しかし、それは国務長官・国防長官率いるブッシュと小泉首相の三対一の圧倒的に不利な戦いだったのだ・・・」

大和田秀樹氏が『近代麻雀オリジナル』に掲載した政治パロディ麻雀漫画です。麻雀漫画にしてはかなり売れたみたいで、重版して先日やっと買うことができました。
登場するのは小泉純一郎ならぬ小泉ジュンイチロー総理で、麻雀漫画ですから、当然のことながら周辺各国の首脳たちと国の威信をかけた熾烈な麻雀をしていくことになります。
小泉首相のまわりには腰巾着の杉村タイゾー議員や、麻生タロー外務大臣、また後半では代わって総理になった安倍シンゾーなど、どっかで見たような人たちがいます。しかし、より凄いのは、敵として立ちはだかる各国首脳たちで、ブッシュ大統領、パパブッシュ、金将軍、そしてウラジーミル・プーチン大統領といったそうそうたる面子が麻雀の相手となるのです。
最後の戦いはプーチン大統領となるのですが、その前の金将軍との戦いで、発射されたテポドンミサイルを撃ち落とすため、戦闘機に乗って体当たりで日本を守った小泉ジュンイチロー。しかし、行方不明となり、発見された時には記憶を失ってしまっていました。しかし、記憶を失っても体は麻雀を憶えていた! 麻雀を打つことで記憶を取り戻した小泉ジュンイチローは、安倍総理を自害に追い込んだプーチンを討つため、日本へと戻ります。国会議事堂地下闘牌場での決戦は、劣化ウラン製の雀牌を使い、さらには青天井ルールという、まさにとるかとられるかの戦いとなっていきます・・・・。

たいへんぶっ飛んだ内容ですが、熱く国政と麻雀を絡めつつ、けれんみたっぷりに盛り上げて、楽しませてもらいました。
ツモったりすると技名を言うのですが、「国士無双十三面(ライジングサン)」とか、「パトリオットツモ」とか、「人民民主主義リーチ」とか、各国にあわせたネタにしてきてくれてます。小泉総理の必殺技である「国士無双十三面」なんかが放たれると、これがなかなか盛り上げてくれるわけですけど、プーチンが使う技の名前が「コルホーズリーチ」とか「バルチックフリート」とかって(笑

どの国家元首たちもキャラが立っててそれだけでも面白いですし、そもそも、この漫画は麻雀のルールを知らないでも読めるので、皆さんにオススメです。


その他、ニュースなど。

戦車積む貨物船乗っ取り、海賊内で仲間割れと ソマリア沖(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200810010030.html
なんか、えらいことになってますね。この船でコックをしていたセガールが活躍し出すのはもうちょい先です。
これがウクライナの戦車じゃなく、ロシアの輸出兵器だったら、今頃プーチンがジェット機でやってきて、飛び降りてるはず。コマンドサンボと柔道技で、ソマリア海賊をばったばったとなぎ倒し(ry

最後の皇帝、死後90年で名誉回復=「根拠なく粛清」−ロシア最高裁(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008100100921


参照サイト
金属バットドットコム
http://www.kugibat.com/
近代麻雀オリジナル
http://kinma.takeshobo.co.jp/original/

関連記事
警察官による報復テロとその暗闘の決着をつける時が来た。『ハルビン・カフェ』打海文三
http://xwablog.exblog.jp/7537872
あまり報道されないプーチンのダークサイド。江頭寛『プーチンの帝国』の書評
http://xwablog.exblog.jp/7480860
アメリカがインドに武器売却予定。F18とF16。とかニュース記事でした。
http://xwablog.exblog.jp/7280674
[PR]
by xwablog | 2008-10-01 22:57 | 日記
<< 前世の記憶が戻る苦悩と消える苦... 戦局が悪化する東部戦線での戦車... >>