デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
当時の最新研究を踏まえた先史モンゴロイドについての記事を集めた本。学振新書『先史モンゴロイドを探る』
先史モンゴロイドを探る

『先史モンゴロイドを探る』

(編/赤澤威。日本学術振興会。学振新書。1994年。1200円。413ページ)
モンゴロイドを追う----その現代的意味---(赤澤威)
1 モンゴロイドの起源
モンゴロイド諸集団の遺伝的近縁関係(斎藤成也)
シベリアモンゴロイドの人類史(石田肇)
東アジア人類集団におけるHLAハプロタイプの解析(徳永勝士&十字猛夫)
遺伝子からみた日本人(宝来聡)
頭骨の形態小変異からみた日本人の成立ち(百々幸雄)
オセアニア・モンゴロイドの形成----形質人類学の視点から----(片山一道)
古写真によるモンゴロイド諸民族研究の可能性と問題点(落合一泰)
2 先史モンゴロイドと自然
先史モンゴロイド拡散地域の環境変化(米倉伸之)
最終氷期の東アジアの古環境(小野有五)
最終氷期以降の日本列島周辺の海流変遷(大場忠道)
東アジアの後期更新世以降の哺乳動物相(河村善也)
更新世末におこったアメリカ産大型哺乳類の大量絶滅(冨田幸光)
3 先史モンゴロイドの移住・拡散
アジアからシベリアへの人類の広がり(佐川正敏)
極北への旅 ----酷寒に挑戦する先史モンゴロイド---(木村英明)
最初のアメリカ人(関雄二)
成人T細胞白血病ウイルスとモンゴロイドの移動(田島和雄)
オセアニア、ヒトと文化(大塚柳太郎)
オセアニアへの先史人類集団の拡散と適応(印東道子)
シミュレーションモデルに基づく拡散過程の検討(大場保&正木基文)
4 先史モンゴロイドの生活
植物による炭素同位体の分別(杉山達夫)
哺乳動物の骨と環境水の酸素同位体組成の関係(吉田尚弘)
アイソトープ分析よりみる食生態と環境適応(南川雅男)
毒を制したモンゴロイド----南アメリカ先住民の食の適応戦略----(山本紀夫)
執筆者紹介

ちょっと古い本ですが、先史時代のモンゴロイドについて書かれた記事を集めたもの。
古本屋で安く売ってたので衝動的に買ってみました。読む時間ないけど。

最近のだと、『海を渡ったモンゴロイド—太平洋と日本への道』(後藤明。講談社選書メチエ) とか面白そうですね。

参照サイト
モンゴロイド(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89
人種(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%A8%AE

関連記事
1907年に行われた沿海州の地理学人類学的な探検紀行。アルセーニエフ『デルスウ・ウザーラ 沿海州探検行』
http://xwablog.exblog.jp/8938250
平凡社『世界の民族14 シベリア・モンゴル』。北ユーラシアの諸民族を紹介した一冊。
http://xwablog.exblog.jp/7160877
中央アジアの高麗人。東京MX『流転・追放の高麗人と日本のメロディー』
http://xwablog.exblog.jp/7387521
[PR]
by xwablog | 2008-08-06 01:19 | 書庫
<< アラブ世界の大金持ちは桁違い!... こんなに下界に慣れ親しんだ救世... >>