デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
こんなに下界に慣れ親しんだ救世主見た事無い! 中村光『聖☆おにいさん』第2巻
ども。ここ数日、手が痺れてる馬頭です。
なんか指の間接も痛いし、なんだろ。

それはともかく。
ギャグにするのに聖域は無いことを示した一冊。

聖☆おにいさん第02巻中村光

『聖(セイント)☆おにいさん』第2巻

(中村光。講談社。モーニングKC。2008年。552円)
「世紀末を乗り越え、ほっと一安心のブッダとイエス。2人は疲れを癒すため、下界で休暇をとることにしたのだった。こうして、立川でアパートをシェアする2人の休暇は、救いと笑いに満ちた有意義なものとしてはじまった・・・」


『モーニングツー』にて連載してる新時代の救世主像を提案する救世主コメディの第2巻。作者は『荒川アンダーザブリッジ』の中村光氏。いままでの宗教観から逸脱したフリーダムさが受けているようで、増刷を繰返すし、各所で大人気のようです。
今回の単行本では、クリスマスから正月という2人の一大イベント目白押しの時期の話なので、話のほうもハジけてます。もう、やりたい放題です。2人は確かに下界をたいへん楽しんでるのですが、聖なる力が強過ぎて、なんか微妙に楽しめてないような。休暇として、これでいいのか悪いのか。

で、これにいつムハンマドくんが出てくるのか楽しみにしているのですが、やっぱ無理ですか?
『悪魔の詩』みたく暗殺されちゃう?

参照サイト
中村光オフィシャルウェブサイト
http://www.nakamurahikaru.com/
モーニング2
http://www.e-1day.jp/morning2/magazine/

関連記事
ブッダとイエスが現代日本の立川にやってきた。中村光『聖☆おにいさん』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9253802/
蓮如の生涯を描いた説明漫画。『まんが絵巻伝 蓮如さん』。てか、さん付けって、どうよ。
http://xwablog.exblog.jp/7240710
近代ロシアの重要な聖人のひとりサーロフの聖セラフィムの本。『ロシア正教会と聖セラフィム』という
http://xwablog.exblog.jp/7480864
[PR]
by xwablog | 2008-08-05 00:50 | 日記
<< 当時の最新研究を踏まえた先史モ... 半世紀前の戦争を乗り切った日本... >>