デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ブッダとイエスが現代日本の立川にやってきた。中村光『聖☆おにいさん』第1巻
聖☆おにいさん第1巻中村光

『聖(セイント)☆おにいさん』第1巻

(中村光。講談社。モーニングKC。2008年。552円)
「世紀末を乗り越え、ほっと一安心のブッダとイエス。2人は疲れを癒すため、下界で休暇をとることにしたのだった。こうして、立川でアパートをシェアする2人の休暇は、救いと笑いに満ちた有意義なものとしてはじまった・・・」


『モーニングツー』にて連載中の、超話題になっている新世紀救世主伝説in立川!! 作者は『荒川アンダーザブリッジ』の中村光氏。
「目覚めた人」ブッダと「神の子」イエスという、押しも押されぬ救世主たちが、東京の立川でルームシェアして休暇を楽しむという、ほんわか今風のミニマム救世コメディ。
まさに神をも恐れぬ設定となっていますが、このギャップがたまらなく面白いです。
安アパートの二階に住み、商店街で買い物をし、『るるぶ』を持って東京観光にいそしむこんな2人ですが、生まれも育ちも行いも職業も特別な人たちですから、何をするにも普通にはいきません。ちょっと寝転がれば涅槃かと思われ、我慢すれば聖痕が開き、食費がヤバくなれば動物たちがその身を捧げる。そんな2人が普通に過ごせるはずもないのです。
次から次へと「そうくるかっ!?」の連続で楽しくてたまらない作品。『荒川アンダーザブリッジ』の、駄目さ加減爆発の下を見るやり方もいいですが、こっちのギャップ萌えもたまりません。

これ、仏教・キリスト教の関係の人たちが読んだらどう思うのか興味有りますね。

参照サイト
中村光オフィシャルウェブサイト
http://www.nakamurahikaru.com/
モーニング2
http://www.e-1day.jp/morning2/magazine/

関連記事
モンゴル厳戒令、中国暴動、カザフのモデル自殺、韓国宗教対立、ヒトラーの首、など最近のニュース。080706
http://xwablog.exblog.jp/8982471
蓮如の生涯を描いた説明漫画。『まんが絵巻伝 蓮如さん』。てか、さん付けって、どうよ。
http://xwablog.exblog.jp/7240710
母乳を飲んでパワーアップ! 13歳の少年が吸いまくる。吉野弘幸&佐藤健悦『聖痕のクェイサー』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/8121862
近代ロシアの重要な聖人のひとりサーロフの聖セラフィムの本。『ロシア正教会と聖セラフィム』という
http://xwablog.exblog.jp/7480864
[PR]
by xwablog | 2008-07-17 00:19 | 日記
<< 清少納言と紫式部が歌ではなくバ... バシレイオス1世の人脈と政治力... >>