デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
機馬軍団に襲いかかる恐るべき刺客たち。小川雅史『風林火嶄』第3巻
小川雅史『風林火嶄』第3巻

『風林火嶄』第3巻

(小川雅史。講談社。アフタヌーンコミックス。2001年。505円)
「攻校生をもっとも多く抱える街・攻府で最強の名を欲しいままにする暴走集団『機馬軍団』。そんな彼らの前に現れたのは、奇怪なバイクを操る謎の先の集団だった。その一人、電人(でんじん)を追う山県だったが、道路にいた少女を避けようとして事故ってしまうのだった・・・」

高坂疾子がメインの話から、山県掠(やまがたかすみ)率いる暴走族・機馬軍団がメインの話に移行した機馬軍団編って感じですが、『風林火嶄』の一応最終巻。結構中途半端なところで終わってますが、そうなった理由は不明。今もってこの話の続きは描かれていません。
砲条グループが攻府に介入してきて、機馬軍団に狙いを定めるのですが、どうみてもMSな変なバイクにのった刺客たちが登場。でも、どいつもこいつも微妙な能力で超強い機馬軍団メンバーにやられていきます。砲条家の次男・軍馬(ぐんば)もビ◯ザムにのったものの太刀打ちできず。しかし、砲条がやとった助っ人の長野電人(ながのでんじ)、そしてその妹の上泉つばめが強くて・・・
特に上泉つばめは名前の通り超絶な剣技の持ち主で、機馬軍団のたまり場にカチコミかけるとこなんか燃えましたね。
凄い面白かったのに、なんでここで終わっちゃったんでしょうね〜


その他。
山県昌景といえば「赤備え」ですが、赤備えの部隊を主人公にした漫画が『BIRZ』で連載してます。『戦国ゾンビ』っていうタイトルまんまな内容ですが、これが意外にというか結構面白いです。1巻出てますので、オススメ。

昨日は夜遅くに帰宅したとたん呼び出されて食事も取らずに飲み会。こーゆーときは近場に住んでるのは便利ですね。美味しいお酒飲めましたが、最後ビールにしたのは失敗だった。

最近、mixiつまんないですね。面白いのは知り合いの日記くらい。だいたい一週間に1〜2回は見るようにしてますが、最近はmixiよりも、pixivを見てます。イラスト系のやつなんですが、知らなかった作家さんとか知ることができていいです。

参照サイト
月刊アフタヌーン
http://www.e-1day.jp/afternoon/magazine/
山県昌景(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E6%98%8C%E6%99%AF
pixiv
http://www.pixiv.net/

関連記事
攻校生を超えて「風林火嶄」にオレはなるっ! 小川雅史『風林火嶄』第2巻
http://xwablog.exblog.jp/9103001
くじびき♡アンバランス連載開始!『アフタヌーン』2006年11月号。あと小川雅史『髭の戦士』がとても良い
http://xwablog.exblog.jp/8758017
猛田攻等学校を舞台に超常の力を持った攻校生たちの学園バトル。小川雅史『風林火嶄』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/8758027
風林火山
[PR]
by xwablog | 2008-08-01 23:45 | 史劇
<< 吸血鬼物語が描かれ楽しまれてき... 剣道少女が戦国時代の尾張へとタ... >>