デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
不死の剣士が用心棒として雇われ、異能の剣士集団・逸刀流と戦う。沙村広明『無限の住人』シリーズ
これは古い記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
不死の剣士が用心棒として雇われ、異能の剣士集団・逸刀流と戦う。沙村広明『無限の住人』。1巻読んだの10年振りくらいかも。

ホッキョククジラの首から115年前のもり 年齢を特定(CNN)
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200706140010.html
クジラってそんな長生きするのか。凄いな~。


石田三成の軍師がモデル、「しまさこにゃん」 滋賀
http://www.asahi.com/travel/news/OSK200706060030.html
最近のキャラクター商法は少々やり過ぎ感がありましたが、こんなものまで。島左近って、「三成の軍師」って説明が付くほどマイナーだったっけか?

それはともかく。
最後の段階に入る前に、はじめの方はどうだったのか確認しておきたくて読んでみました。

無限の住人第1巻_沙村広明

『無限の住人(むげんのじゅうにん)』第1巻

(沙村広明。講談社。アフタヌーンKC。1994年。520円。印刷/廣済堂。製本/永井製本)
「喇嘛(ラマ)の尼僧・八百比丘尼(やおびくに)によって体内に『血仙蟲(けっせんちゅう)』を仕込まれ、不死の肉体を手に入れた男・万次(まんじ)は、父母を殺された少女・浅野凛(あさのりん)から用心棒として雇いたいと言われる。だが、彼女が敵討ちしようとしているのは、天津率いる異能の剣士集団・逸刀流(いっとうりゅう)だったのだ・・・」

血仙蟲によってたいがいの怪我が治ってしまう体に生まれ変わった男・バ・ソリーこと万次の、トンデモ侍剣劇漫画。
久々に読みましたが、やっぱり面白いですね~。なんか、連載当初からぶっとんでた感じがありますが、読み直すとそのパワーに驚きます。
初期の頃の方が線が荒々しくてこういうのも好きです。
一応、8巻くらいまで読み直したんですが、ここらへんまでが一番良かったですね。だいたい加賀編が終わるまでくらいが盛り上がりの頂点で、その後の無骸流との戦いと万次解体編がつまんなくて、最近やっと面白さが復活してきました。
現在の連載部分が最終章とのことなので、どう結末するのかが楽しみです。
そもそも、この話は凛が天津に復讐するっていうもののはずですが、ずっとそういった話になりそうもない横やりばかりで、ずれまくりでした。凛の十数年がかりの復讐は、いったいどうなるのでしょうか。

この漫画、ヘンテコ異世界江戸時代が舞台なんですが、はじめに載ってる読切りとして描かれた、万次の妹が殺される話では、なんかキリスト教のみたいな教会が出てくるんですよね。序仁(ジョニー)魚仏が宣教師やってるやつ。あれ以来、教会とか出てこないな。
(ちなみにホサナって、ヘブライ語の神を賛美する叫び、だそうです)

作者の沙村広明氏は、千葉県船橋市の出身だそうです。

しかし、今日も何も出来なかったな。
今日もなにも出来ずじまい。たぶん明日も何も出来ない。週末にも何もできず、来週にも何もできない。このまま来月も来年も何もできないことでしょう。

参照サイト
アフタヌーン
http://www.e-1day.jp/afternoon/magazine/
http://www.afternoon.co.jp/top/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事へのコメント

(ここに蒸しぱんさんのコメントがありました)

>2人が同じ漫研に属していた
たしかにそういうような話は聞いたことがあります。しかも、冬目景の方だったかが、無限のパクリじゃねーかょ、とか叩かれてたような覚えが。逆だったかな? ちょっと調べてみます。
>gdgd感が漂う
あわわわ。やっぱ、そう思いますか〜。実を言うと私めも少し・・・
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年06月17日 00:08

ファンサイトの中に非常によくまとめてあるページがありました。
沙村広明のひみつ(無限居住区)
http://homepage1.nifty.com/mugenin/samura.htm
これによると、2人とも多摩美術大学の漫研だったようです。で、先輩の冬目景氏から沙村広明氏が絵を学んだそうです。やっぱ、逆だったみたいですね。けど、パクリ言われるくらい似てるかな? 画風、特に線のガサガサ感は似てるけど、作風は違う。
漫研OBには山田玲司氏もいて、山田氏の勧めでモーニングかアフタに行けと言われ、アフタヌーンに持ってったらしい。その時、時代劇描かないのとか言われて描いたのが『無限』だったようで、はじめは時代劇とか別に好きじゃなかったとか(笑)
この作品は「復讐劇」じゃなくて「成長劇」だとしてるようなので、結末も多少「復讐」じゃなくなるかもしれませんね。
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年06月17日 00:30


関連記事
くじびき♡アンバランス連載開始!『アフタヌーン』2006年11月号。あと小川雅史『髭の戦士』がとても良い
http://xwablog.exblog.jp/8758017
疫病の流行で社会が変わり女将軍が生まれる時がきた。よしながふみ『大奥』第3巻
http://xwablog.exblog.jp/7920601
[PR]
by xwablog | 2007-06-15 03:16 | 史劇
<< ソードワールド系小説を漫画化し... 帝政末期のロシア。帝室に巣食う... >>