デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
器用に生きれない優等生と器用に生きることすら知らない問題児。村崎久都&小池倫太郎『百目の騎士』壱ノ巻
これは古い記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

百目の騎士第1巻_村崎久都&小池倫太郎

『百目の騎士』第1巻

(村崎久都&小池倫太郎。メディアワークス。電撃コミックス。2007年。570円。デザイン/渡辺宏一 2725.Inc。装丁/朝倉哲也 esign CREST。印刷/大日本印刷)
「偉大な騎士である祖父や父に憧れ、親衛隊に入ったクルハ・チヅルは、そこでの現実に幻滅し、成績優秀ではあったものの、やる気を失っていた。そんな時、途中から移籍してきた問題児エイクス・ロッカの教導役を引き受けさせられてしまう。礼儀をわきまえず、すぐに暴力沙汰を起こすロッカに、チヅルは振り回されることになるのだが・・・」

SF分類してましたが、軍事学園ものに近い作品。これ目当てで『gao!』を買いましたが、凄く面白いです。かなり良作の予感が! とは思ったのですが、あんまり話題になってないなぁ・・・。とてもイイのに。私の好みのツボを押さえた作品です。原作は小池倫太郎氏、作画は村崎久都氏。村崎氏はこれが初単行本となるそうです。

「親衛隊は軍規という檻で囲われた牢獄のようなところなんだ」

グリーブ王国の親衛隊は国王直属の騎士団で、宮城に隣接した基地を持っていて、そこがはじめの舞台となっています。基地にやってきた新人のロッカは、騎士としていろいろ常識知らずで、欠礼するわ、すぐ暴力を振るうわ、酒乱だわの問題児。どうやら元いたポータ騎士団から追い出されたため、規律が厳しいといわれる親衛隊へと入れられたようです。しかし、この親衛隊は、下級の騎士が出世目当てなどで集まる場所で、いろいろな鬱屈がたまり、不当な制裁など当たり前、陰湿で理不尽な行いがまかり通る組織となっています。そして、暴れん坊で短気のロッカがそんなことに簡単に従うはずもなく、さっそく先輩をのしてしまいます。こんなのを押し付けられたチヅルはなるべく問題を起こさないようにしようとしますが、それでも度が過ぎるロッカの行動に、彼女は彼女なりにキッチリした態度に出ます。

「騎士のコンビは戦闘序列の最小単位で姉弟だ」

なんだかんだ言っても、ロッカの世話をやくはめにはるチヅル。優秀なのにやる気が無い、けど、しっかりとした自分自身のスタンスというものを持っていて、カッコいいですね。「凛とした優等生だけど生き方は不器用」というのは、かなりストライクゾーンですよ。
そしてなにより、こーゆう目つきの悪い女の子ってのはとてもいい!

この巻では宇宙で戦うというシーンはまったくなかったので、どういう戦いをする世界なのかまだ不明。ただ、騎士たちはマナから「武装騎」というのを作り出してそれに乗って戦うらしい。イメージトレーニングみたいのをしてましたが、ああやって作り出すということかも。次の巻からは武装騎も出て来るそうですが、巻末のモンスターみたいのが武装騎? ロボットやメカっぽいのとは違うのかな?

原作者の小池倫太郎氏は、『ふらせら』などの原作もやってるそうですが、この『ふらせら』の続きにあたるような作品が『百目の騎士』らしいです。よし、読んでみないと。


当時のこの記事へのコメント
はじめまして、百目〜でググってたどり着きました。
チヅル格好良いですね、やる気なさげな顔に思わず表紙買いしたら大当たりでした。
読んでてラノベっぽいなぁと感じましたが、あとがき見ると、まだ文庫本30ページ程でまだまだ始まったばかりみたいですね。
世界観やらタイトルの意味やら、色々と不透明で続きが非常に気になります。ふらせら読むと多少わかったりするのかな。
Posted by 黒糖 at 2007年03月30日 03:01

>黒糖 さま
はじめまして〜。
チヅルはクールな優等生に見えて、そうじゃないとこがまたイイですよね。作中でも言われて、拗ねてるみたいな感じ。今後、ロッカと関わることで、しぶしぶ、という感じで行動していたのが、どうなるか。楽しみですね。
これで小説でいうと30ページなら、全10巻以上行くかも? 是非やってほしいです。
『ふらせら』は私も未読。やはりチェックしておかないといけませんね。
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年03月30日 04:09

はじめまして&TBさせて頂きました。
不躾な目線のチヅルがやっぱり格好良いですよね。
脇キャラも嫌な奴が多くてとても楽しいですw

そもそも常識のないお子様なロッカと
現状に不満を抱きつつも
理想を抱きつつ生きることにあきらめを感じていたチヅル。
ロッカもチヅルも組織に入り込んだ異分子として
これからどのように周囲と摩擦を起こしていくのか
とても楽しみに思います。

メカとかロボットも好きだけど
作画に負担がかからないかが一番の不安だったりしてw
Posted by のあなな at 2007年04月01日 06:33

>のあなな さま
はじめまして。TBありがとうございます。

>不躾な目線のチヅルがやっぱり格好良いですよね。
ええ、ええ! 彼女の目つきの悪さは彼女の魅力を30%は増加させていますよ。(たぶん)

チヅルはロッカは2人とも組織としては扱いにくい人物として設定されてますが、互いの性質の違いがそれぞれをカバーするようになるのであればなお私の好みの展開なのですが・・・いやー、楽しみです。
村崎氏の絵でメカはあんまみたこと無いですね〜。はじめ全然出て来ないのは練習中とかだったり・・・。
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年04月01日 09:11


参照サイト
彼女の王国(村崎久都。サークル『holon』)
http://www1.odn.ne.jp/%7Ecfk14920/
小池倫太郎
http://www.telescope-ltd.jp/
月刊コミックガオ
http://www.mediaworks.co.jp/special/gao/

関連記事
ロッカの秘密が明かされ、チヅルは否応無しに決意する。村崎久都&小池倫太郎『百目の騎士』弐之巻
http://xwablog.exblog.jp/9153758/
『Men-at-Arms 427 イヴァン雷帝の軍隊 1505-1700』を入手。『中世ロシアの軍隊1250-1500』も持ってますよ
http://xwablog.exblog.jp/8803059
イスラム風の要素を使った珍しいファンタジー漫画。カトウコトノ『将国のアルタイル』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/8466145
ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンの自伝『鉄腕ゲッツ行状記 ある盗賊騎士の回想録』。痛快極まる面白さ!
http://xwablog.exblog.jp/8335876
『ガオ!』にて連載開始。村崎久都&小池倫太郎『百目の騎士』。宇宙を駆ける騎士の物語。これは良作の予感
http://xwablog.exblog.jp/9153338
[PR]
by xwablog | 2007-03-28 21:37 | 日記
<< サンドロが向き合う過去を捨てた... 戦うことを厭わない女戦士の戦い... >>