デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
乳こそ全て! この(乳に)イカレた時代へようこそ。山田秀樹『魔乳秘剣帖』第1巻
『魔乳秘剣帖』第1巻

『魔乳秘剣帖』第1巻

(山田秀樹。エンターブレイン。TECHGIAN STYLE。2007年。640円)
「乳の大きさが全てを決める江戸時代。幕府を陰で支える魔乳一族の頭首の娘・千房は、この理不尽な世の中に疑問を持ち、秘伝書を持って魔乳の里を出奔しようとする。しかし、すぐさま里から追っ手がかかり、彼女を快く思わない姉の影房が立ちふさがるのだった・・・」

『TECHGIAN(テックジャイアン)』にて連載されている、かなりはっちゃけた時代劇おっぱい漫画。
「乳こそがこの世の理  豊乳は富であり絶対  貧乳は人に非ず」
江戸時代の日本。徳川幕府は魔乳一族(柳生じゃないですよ!)の力に支えられ、乳こそが至上の価値となる世の中を作り上げています。
「魔乳流の剣技は体を抜け乳を断つ」
そう言われる魔乳流の使い手たちは、刀で相手を斬ることで、体を傷つけずに乳の大きさだけを小さくすることが出来たのです。この恐るべき剣技によって魔乳一族は幕府の中で絶大な力を手にしてきました。
しかし、そんな世の中の理不尽な現実に疑問を持ったのは、幕府を支えていた魔乳一族の頭首・魔乳胸則(柳生宗矩じゃないですよ!)の末子・魔乳千房でした。彼女は秘伝書を持って出奔し、各地を渡り歩くことになります。もちろん、その旅の中、乳が巻き起こす事件に次々と巻き込まれ、彼女の剣技でそれを解決していくのです。
さらに彼女にはただの魔乳一族には無い特殊な剣、斬った相手の乳を奪いとる「乳流し」があり、事件を解決するたびに乳が大きくなっていきます。

とにかくおっぱいにこだわった漫画でして、とにかく乳・乳・乳! 全部のネタはおっぱいです。乳に狂った世の中で一人孤独に戦いを挑む女の子の物語。バカなノリが大変面白いのでオススメします。

しかし、山田秀樹氏といえば、商業誌で描く前から同人誌で見てましたが、よもやこーゆーの描けるとは思いませんでした。もともと知っていた優しくセンシティブな作風とのギャップが!

参照サイト
TECHGIAN公式
http://www.enterbrain.co.jp/tg/honshi/
こんちき堂 こんちきblog
http://konchiki.blog68.fc2.com/

関連記事
江戸時代におけるイギリスのイメージの変遷。T・スクリーチ『江戸の英吉利熱 ロンドン橋とロンドン時計』
http://xwablog.exblog.jp/8721490
ついに般若面の正体が!? 山田風太郎&せがわまさき『Y十M(ワイジュウエム) 柳生忍法帳』第9巻
http://xwablog.exblog.jp/7933364
出てくる人が少し微妙だけど面白い。『日本刀なるほど物語』他。そして『宗像教授』。という記事
http://xwablog.exblog.jp/7480780
[PR]
by xwablog | 2008-07-23 21:53 | 史劇
<< ルーデル、古代の養蜂、中国テロ... ソ連軍の占領下で少年少女が必死... >>