デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
中世風異世界ファンタジーやら不思議な少女やら。入江亜季『群青学舎』第2巻。お気に入りのアレの続編有り
これは古い記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中世風異世界ファンタジーやら不思議な少女やら。入江亜季『群青学舎』第2巻。お気に入りのアレの続編有り。都先輩がまた出ますよ!

昨日はずっと11世紀の独・東欧の系図のこととか調べたり考えてた。そしたらなんか止まんなくて昼近くに。熱も出た。

それはともかく。
今日もまたたくさん新刊が出てて堪りませんし貯まりません。
けど、そんな中にこんなにも素晴らしい作品があったのなら、それはもう抗いようのないことなのです。

群青学舎第2巻_入江亜季

『群青学舎 Collected short stories Gunjyo Schooldays』第2巻

(入江亜季。エンターブレイン。ビームコミックス。2007年。640円。印刷/共同印刷。装幀/コードデザインスタジオ。担当/大場渉)
「十の峰に囲まれた『北の十剣』王国。優れた兄王タイタスを殺し王位についたクルト。その混乱の中、クルトの追っ手から逃れた王女グゼニアは、少数の家臣とともに味方の城へと逃れようとする。王子たちよりもグゼニアを警戒していたクルトは、自分の子ルーサーにこれを追わせる。ルーサーは先回りしてグゼニアを捕らえるのだが・・・。正統派中世風ファンタジーの中編『北の十剣』他、短編四本」


5話ある中編「北の十剣」を中心に、短編も四本。またも珠玉の一冊。
「北の十剣」は王女グゼニアの逃亡劇。「ニノンの恋」は魔女っ娘(見習い)の密やかな恋。「時鐘」は不思議な感性の少女が感じたこと。「彼の音楽」は音楽が好きな音痴少年のひたむきさ。
そして「続ピンク・チョコレート」は前巻の「ピンク・チョコレート」の続編。今回はホレ薬は出てきませんが、都先輩があのキャラのまま、思うがままに行動しますよ。もう、もう、都先輩がお嬢様だったというだけで私は(ry

今回とらのあなで買ったら、フリーペーパーついてきた。

群青学舎第2巻フリーペーパー

「入江亜季群青学舎2巻刊行記念フリーペーパー」

「時鐘」の少女たち。裏面には1~2巻の各話の紹介。



参照サイト
あり胡同(入江亜季公式)
http://www1.plala.or.jp/ali/
空間コミックビーム
http://www.kanshin.jp/comic-beam/


関連記事
帝政ロシアが舞台。久正人『ジャバウォッキー』。オススメ漫画をいくつか、忘れないうちに紹介。という記事
http://xwablog.exblog.jp/7340555
トルフィンとトルケルの決闘の結末とクヌートの覚醒。幸村誠『VINLAND SAGA(ヴィンランドサガ)』第6巻
http://xwablog.exblog.jp/8886423/
次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、中央海を単機敵中翔破せよ。犬村小六『とある飛空士への追憶』
http://xwablog.exblog.jp/8861288/
[PR]
by xwablog | 2007-06-23 15:21 | 日記
<< 図書館のいらない本。配ってたの... 『外務省調査月報』なる雑誌をは... >>