デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ローマで信仰されていた神々の流行や多彩さに驚きます。小川英雄『ローマ帝国の神々 光はオリエントより』
ローマ帝国の神々_小川英雄

『ローマ帝国の神々 光はオリエントより』

(小川英雄。中央公論社。中公新書1717。208ページ。2003年。780円。)
はじめに
1 古代オリエントの神話と宗教
2 ヘレニズムからローマへ
3 ローマ帝国の宗教
4 イシスとセラピス
5 シリアの神々
6 キュベレとアッティス
7 ミトラス教
8 ユダヤ教の存続
9 キリスト教 その成立と発展
10 グノーシス主義
11 占星術の流行
おわりに
あとがき
参考文献
索引

まさに一段飛び抜けた世界帝国たるローマ帝国は、その接する世界すべてからあらゆるものが流れこんできたわけですが、当然のことながら「宗教」という形があるんだかないんだかのものも入ってきています。それはローマ人の本来の宗教すら追い越しかねない勢いで、さまざまなものが入ってくることになります。
この本は、ローマに入って来た宗教をそれぞれどういったもので、どのようにしてローマで扱われてきたのか、ということを簡単にうまく紹介しています。
宗教にもはやりすたりというものがあるんだな〜、というのが見れて面白い。いままでローマの宗教について思っていたイメージとは全然違う世界があって、とても興味深く読みました。そしてなによりも、宗教がまったく純粋に信仰されていたわけじゃない、何もかも盲目的に信仰に従っていたわけじゃないというのを知って、なんか安心しました。
私としてはかなりオススメな本です。歴史の本だけだとここらへんははしょられてますから、それは勿体ない。ローマ人の心性に関わることは、もっとつついてもいいと思いますよ。

著者の小川氏は、『オリエント神話99の謎―神々と宗教の起源を探る 』『地中海アジアの古都』なども書いています。


参照サイト
中公新書
http://www.chuko.co.jp/shinsho/
ローマ神話 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%A5%9E%E8%A9%B1

関連記事
ギリシャ神話と同化して混乱しがちなローマの神々について。スチュアート・ペローン『ローマ神話』
http://xwablog.exblog.jp/8113562
カエサルがガリアの地での壮絶かつ長期にわたる戦いを書く。岩波文庫・カエサル『ガリア戦記』
http://xwablog.exblog.jp/8081832
古代ローマの激動の時代を描く長編テレビドラマ。ジョン・ミリアス監督『ROME(ローマ)』
http://xwablog.exblog.jp/8032543
一目見て楽しく簡単に理解する歴史地図。『地図で読む世界の歴史』古代ギリシア、ローマ帝国。
http://xwablog.exblog.jp/7834858
[PR]
by xwablog | 2008-07-10 01:17 | 書庫
<< ハイブリッドのトップメンバーが... 北ヨーロッパ諸国の歴史がまとま... >>