デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
江戸東京博物館の常設展を見てきました。デカいし広いし充実してる。ディオラマいっぱい。


昨日は奥野さん、高田さん、蒸しぱんさんと一緒に、両国にある江戸東京博物館へと行ってまいりました。目当ては、いつものように企画展とかじゃなく、常設展の方です。実は私は常設展は行ったことなかったのでした(ほかの人たちは何度かあった)。私は前にここで『ロシア皇帝の至宝展』があった時以来だからだいたい1年振り。

ゲタのような形の博物館ですが、その上の方の5階と6階が常設展の展示室になっていますが、この二つの階は一体化して体育館のような広い空間になってます。企画展は普通下の階だから上にあがるのもはじめて。
写真の橋は、この広い空間のど真ん中に作られた、日本橋の原寸サイズの復元だそうです。橋の真ん中までの半分しかないのですが、両手広げた大人が数人並んでも平気なくらい結構大きいですよ。





たくさんの展示物があるわけですが、目立つのがこうしたディオラマ。これは日本橋の街の様子を再現したもの。
たくさんの人が置いてありますが、全部違うものです。商売してたり、大道芸してたり、洗濯してたり、犬を追いかけてたり、それぞれのキャラクターに物語がある! 凝ってるな〜





こっちは大名屋敷。たしか大手門の目の前あたりにあったやつ、だったかな?
この二つは同じサイズで縮小してるのですが、大きさが同じです。だからこの大名屋敷は街がまるまるひとつ入るくらい巨大な建物だということ。
門の部分、光が反射してうまく見えないですが、凄い細かい細工が再現してあります。





ほかにもたくさんディオラマありましたが、どれもつくりが細かい。中には稼動するものもありました。





なんか、ディオラマの写真ばっかりですが、他にも地図とか鎧とか絵画とか美術品とか生活用品とかいろいろありました。写真撮り忘れた。あと全体の様子とかも撮り忘れてしまいました。博物館行くとこういうの撮り忘れて全体の雰囲気とか伝えられない場合が多いな〜
この写真は、実際に触ってみよう、みたいな展示物。左は人力車・右は桶を担ぐのを体験できるやつ。





これは吃驚したニコライ堂のディオラマ。凄いよくできてます。しかも、なんと稼動します。


館の中のだいたい半分が江戸時代の展示物で、残り半分が明治以降からの展示物。東京オリンピックの展示物で終わります。
入って少ししてから、再現して作ってある歌舞伎座の玄関部分で落語とか芸を見せてくれるのをやりまして、これも見学しました。人力車の話面白かったです。なんか土日祭日はこういったものをやってくれるそうなので、見たいなら日にち合わせていったほうがいいでしょうね。
展示物の中では、ディオラマもよかったですが、やはり江戸時代の展示物が面白くてたまりませんでした。しかも奥野さんも蒸しぱんさんも詳しい人たちなんでいろいろ面白い話が聞けて凄い楽しかったですよ〜。私も一応、行くの前提でいろいろ本とか読んでおいたんですが、この2人に比べれば素人もいいとこなんで感心しまくり。でも、それでも先に読んでおいてよかったです。やはり何も知らないで行くよりか、いろいろ知識を持った状態で行くと何倍も楽しめますね。
しかし、楽しいと時間がたつのも速いもので、午後一時に入ってから、延々見まくって、出たのは閉館の午後7時半ですよ。ロシア旅行の時、奥野さんといろいろ見て回った時もこんな感じだったけど、この日は巨大な施設ということと、みんなでひとつひとつじっくり見て回ったこともあり、いつもより凄い時間かけて見れましたね。てか、見過ぎだ! でも、反省はしません!




ちゃんこ鍋_ちゃんこ川崎080628

そんなこんなで江戸東京博物館から出ると、もうすっかり夜。で、食事にしようということになり、両国に来たからにはちゃんこ鍋を食べようということで、ちゃんこ川崎に行きました。
私めは初ちゃんこです。これ、めちゃくちゃ美味しかったし、量もたっぷりで、大満足でした。

追記
館内で蒸しぱんさんと話してた時に話題に出た「鍾馗様(しょうきさま)」のことはここ。
鍾馗

参照サイト
江戸東京博物館
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/index.html
ロマノフ王朝と近代日本展
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/dai2/2007/0410/0410.html
旅行記のページ(デジタル・クワルナフ)
http://www.toride.com/%7Edigxwa/digxwaFiles/tabif/tabi_f.htm
北ユーラシアの歴史 貂主の国
http://blog.goo.ne.jp/north_eurasia/
洞窟修道院
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6218/

関連記事
江戸東京博物館『ロシア皇帝の至宝展 世界遺産クレムリンの奇跡』に行ってきました。超一級宝物が大量に!
http://xwablog.exblog.jp/8919799
江戸時代におけるイギリスのイメージの変遷。T・スクリーチ『江戸の英吉利熱 ロンドン橋とロンドン時計』
http://xwablog.exblog.jp/8721490
江戸はどのようにして造られたのか? 鈴木理生『江戸の都市計画』と宮元健次『江戸の都市計画』
http://xwablog.exblog.jp/8672235/
江戸時代に埋葬された骨がいろいろな所から出てくるそのワケは? 鈴木理生『江戸の町は骨だらけ』
http://xwablog.exblog.jp/8630146/
なんで江戸に幕府が出来たのかに答える。岡野友彦『家康はなぜ江戸を選んだか』(江戸東京ライブラリー9)
http://xwablog.exblog.jp/8401258/
江戸時代の人びとにとって江戸はどう描かれたのか。千葉正樹『江戸城が消えていく 江戸名所図会の到達点』
http://xwablog.exblog.jp/8707031/
[PR]
by xwablog | 2008-06-30 00:54 | 日記
<< 想いを胸に抱き、本を守る軍事組... 新生!『月刊コミック電撃大王』... >>