デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ジャンヌとアトムとナポレオン、という記事
2006年01月12日
ジャンヌとアトムとナポレオン

この前見つけた漫画『ジャンヌ・ダルク』は「講談社学習コミック」の中の「アトムポケット人物館」というシリーズのひとつ。ジャンヌ・ダルクと鉄腕アトムの組み合わせは吃驚だけど、大丈夫。導入部に案内役として出てくるだけで、アトムがイギリス軍と戦ったり、王太子が誰だか言い当てたりはしないのです。で、なんと本編の漫画を描いているのは岸田恋先生だった!


ジャンヌダルク_アトム_岸田恋

ジャンヌダルク_アトム_岸田恋

高山一彦&岸田恋。講談社。693円。2001年

自分の記憶が正しければ岸田恋氏は、ふたりの修道士の恋愛を描いた作品を出してたように思います。フランチェスコ会士とドミニコ会士だったかな。やっぱりこういうの好きだから歴史ものの仕事取ったりしてるのかな。
この漫画読んで知りましたが、忘れ去られていたジャンヌ・ダルクを一躍有名にしたのは、ナポレオンだったんですね。でも、彼は何を読んで注目されずに忘れられていた人物のことを知ったんでしょうね。歴史書から?
ちなみに、この漫画の監修はジャンヌ本をいくつか描いたりしてる高山一彦氏です。

書くの忘れるところでしたが、この『蒼のサンクトゥス』には「ハーリ・ヤノーシュ」という船が一度出てきました。ハンガリー系の名前だなー、と思って調べたら、コーダイの曲にもなってるような有名なフォークロアの登場人物らしいですね。うーん、知らなかった。

Posted by 管理人・馬頭 at 05:52 |Comments(3) |TrackBack(0) | 漫画 , 歴史 , 東欧
このBlogのトップへ|前の記事|次の記事
この記事へのトラックバックURL
http://blogs.dion.ne.jp/matou/tb.cgi/2648260
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
この記事へのコメント
> ヤスダスズヒト

そうそう、コメント付け忘れてましたが、ヤスダスズヒト氏は
お気に入り絵師の一人なのですよ。アレはよい。
連載なんて始めるんですね。

って、もう発売してますか、そうですか。あとで買いにいくか。

> やまむらはじめ

「未来のゆくえ」はトランクルームに入ってますよ(^^)
OUR'sつながりで知った作家さんです。この人も好き。
「まつりの景色」「肩幅の未来」が好き。
Posted by 蒸しぱん at 2006年01月29日 15:36
>ヤスダスズヒト
今までイラスト・挿し絵中心でしたからね。
まだ読んでませんが、ピンキーの漫画がこの前出てたはず。


>やまむらはじめ
トランクルーム行きですか〜(笑)。『未来のゆくえ』は名作揃いですね。自分も「まつり」は好きです。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年01月30日 00:17
22日に『夜桜四重奏』の単行本第1巻が出たはずなんですが、とらのあなだと売ってないですね。もう完売?
最近はずっととらのあなでばっかり漫画買ってたので、他の本屋みてないのでちょっと覗いてみますか。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年09月25日 04:05
名前:


ーーーーーーーーーーーーー

関連記事
エムスとの戦いの中、雷鎚の魔女であることが危機を招くことに。Cuvie『ドロテア 魔女の鉄鎚』第5巻
http://xwablog.exblog.jp/7988154
その想いを確かに抱き・・・。Cuvie(キューヴィー)『ドロテア 魔女の鉄槌』第4巻
http://xwablog.exblog.jp/7933356
畏怖を込めて魔女と呼ばれ・・・。Cuvie『ドロテア(Dorothea) 魔女の鉄槌』第3巻
http://xwablog.exblog.jp/7838479
異端の拠点を襲撃する傭兵団だが・・。Cuvie(キューヴィー)『ドロテア(DOROTHEA)』第2巻
http://xwablog.exblog.jp/7805108/
中世ヨーロッパを異教のまま生きる少女の物語。『ドロテア(Dorothea) 魔女の鉄槌』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/7755042/
[PR]
by xwablog | 2006-01-12 03:11 | 史劇
<< まんがの森では下旬となってたよ... 蛍光灯が無いだけで一寸先は闇で... >>