デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
くじびき♡アンバランス連載開始!『アフタヌーン』2006年11月号。あと小川雅史『髭の戦士』がとても良い
これは古い記事です。

---------------------------
2006年09月26日
小梅けいと&木尾士目。くじびき♡アンバランス連載開始!『アフタヌーン』2006年11月号。あと小川雅史『髭の戦士』がとても良い。

本日は漫画たくさん買ったわけじゃないのにバッグの中がパンパンでした。その原因のひとつはこいつか。

アフタヌーン2006年11月号

『月刊アフタヌーン』2006年11月号
(講談社。2006年。650円)

木尾士目氏の「げんしけん」の中で登場する雑誌に連載していたとされる「くじアン」こと「くじびきアンバランス」が、実際に漫画になりました。今度放映されるアニメ化にあわせてのこと。漫画内漫画が独立してアニメ・漫画になったわけです。夢枕獏の『蒼黒いけもの』みたいなものか? もっとも、これは木尾士目氏が描くわけじゃなく、あの小梅けいと氏が漫画化するという凄い作品。小梅けいと氏といえば・・・いや、それはともかく、そういや、八雲剣豪氏はどうなったんだろうと思ったら、キャラクター原案ということらしい。

>くびじき♡アンバランス・第1話概要
「いろいろ大事なことがくじびきによって決定される立橋院学園に、幼なじみの時乃とともに入学した千尋は、運の悪い男の子。しかし、入学早々行われる次期生徒会役員候補生の選抜くじびきにおいて、なんと会長候補に選出される。そんな彼や、副会長候補に選ばれた時乃、そして書記候補に選ばれた蓮子らには、現役生徒会側からはじめの指示が出される。正午までにこの場にいない会計候補を連れて生徒会室に来るように、もし来なければ全員退学、だと・・・・」

すでに以前1度『げんしけん』のアニメ化の時に少しだけこの『くじアン』もアニメ化されてたんですが、また改めてアニメ化。人気のほどが窺えます。
前のアニメ化自体は見てなかったんですが、今度のアニメと漫画はどちらも非常に良さそうではないですか。これはチェックせねば。



アフタヌーン2006年11月号_くじアン付録

『くじ♡アンポータブル! ミニ設定資料集』
今回のアフタヌーンには、このような小冊子が付いています。キャラのラフ画とか設定とかインタビューとか。

いや、なんかかつて読んでてイライラするような漫画描いてた木尾氏ですが、『げんしけん』以来ノリノリですな。いや、ほんとに、初期のオタク的ではない作品はいったいどういうわけだったんでしょうね。ちょっとギャップがあって、不思議です。



とらのあな_くじアン袋

そうそう。今年の6月くらい(?)だったか、とらのあなで、こういう『くじアン』の広告が入った袋を使ってました。



さて、今号の『アフタヌーン』はこれだけじゃない。
都留泰作氏の『ナチュン』が独特の雰囲気を強めつつ、とうとう何かはじまりそうな感じになってきました。キャラクターたちのやりとりが非常に面白い。続きが楽しみ。それに早く単行本出ないかな。
『無限の住人』が新展開の方向性が見えてきました。まさに最終決戦。みんな悲壮だ。
『謎の彼女X』ははじめての続き話。あの丘って女の子、あれで終わりかと思ったら・・・。
『ヴィンランド・サガ』の幸村誠氏は、サイン会でヴァイキングの装束をしてサインしたとか。そのカッコ、重さが30キロもあったという。・・・見たかった。
ちなみに今回『ヒストリエ』と『雲のむこう、約束の場所』はお休み。

で、今回、特に注目したいのが、アフタには三年ぶりの小川雅史氏。
読み切り作品『髭の戦士』は、ダンジョンに入ったパーティーが壊滅するところからはじまるというファンタジーもの。重症の女魔法使いと、それを背負って外に出ようとするドワーフの戦士の掛け合いが面白く、ドワーフのカッコ良さにしびれることが出来る傑作かと。


参照サイト
くじびき♡アンバランス・アニメ公式
http://www.kujian.info/
小梅けいと・原典皆既
http://www7.plala.or.jp/koumekeito/
原典皆既blog版
http://pub.ne.jp/koumekeito/
八雲剣豪・和風建築
http://home10.highway.ne.jp/yagumo/
アフタヌーン公式
http://www.afternoon.co.jp/


この記事へのコメント

はたして今年のうちに「ヒストリエ」の単行本は出るのか、それが一寸心配になってしまう最近の連載の状況です。結構休載多いし・・・。
Posted by ひで at 2006年09月27日 00:51

『ヒストリエ』の新刊はかなり厳しいのでは〜。ただ、もしかしたら、今月とか休んだのは、今までの連載の中で未完成のまま掲載してしまった部分とかを描くためだったりとかいう可能性もあり?
いや、でもやっぱり話が一冊分たまってないだろうから無理っぽいですね〜
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年09月27日 05:49

---------------------------
関連記事
トルケルの追撃によって追いつめられ・・・。幸村誠『VINLAND SAGA(ヴィンランド・サガ)』第5巻
http://xwablog.exblog.jp/7621046
エウメネスのはじめての戦い。パフラゴニア編完結。岩明均『ヒストリエ』第4巻
http://xwablog.exblog.jp/7280445
ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的観点からの『三国志』という驚異。大西巷一『女?(じょか)JOKER』
http://xwablog.exblog.jp/7720530
[PR]
by xwablog | 2006-09-26 02:59 | 日記
<< 阿部勤也『中世の星の下で』を読... ドライブ交換で疲労困憊。あとパ... >>