デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ロシア製ファンタジー映画『ВОЛОКДАВ』の日本語版。『ウルフハウンド 天空の門と魔法の鍵』
今日は一日熱っぽくてしょうがなかったです。何もしてないのに汗が出て来て汗だくです。
日曜になると体調が悪くなるってのがパターンになってるなぁ。

ウルフハウンド 天空の門と魔法の鍵


『ウルフハウンド 天空の門と魔法の鍵』
(ロシア映画。監督/ニコライ・レベデフ。販売/トランスフォーマー。2007年。136分。出演/アレクサンドル・ブハロフ、オクサナ・アキンシナ、アルチョム・セマーキン、イゴール・ペトレンコ、アレクサンドル・ドモガロフ)
「邪神モラナのしもべたちが跋扈するある世界。一族の村を襲ったモラナの手下たちによって、父母を殺され奴隷とされた少年が、ウルフハウンドと名乗り復讐を果たそうとする。知己を得た姫エレンは政略結婚のため嫁ぎ先へと向かうが、それを仮面の魔人ザドバが狙うと知り、ウルフハウンドもそれに同行するのだが・・・」

DVD出してて超びっくりしました。これ、前に奥野さんちで少し見せてもらった作品で(その時はロシア版だった)、ロシアで作られた剣と魔法と神々な正統派ファンタジー映画です。監督は『東部戦線1945』の人(リェビェデフって表記になってますが)。
鍛治師の一族グレイドッグ族が、邪悪な女神モラナを奉じる男達によって襲撃され、一族は滅ぼされ、少年は奴隷として鉱山に入れられてしまいます。しかし、成長した彼は、ついに復讐を果たし、さらにはガリラという国や世界の命運をかけて戦うことになります。
はじめ、父を殺した男・ベリモア国を支配するマン・イーター(人喰い)をいきなり倒すところから話がはじまります。そこから、ガリラ国に赴き、そこでもう一人の仇である母を殺した男・異形の騎士ザドバと遭遇します。その件で、ガリラ国の姫エレンと知り合い、彼女が自国を救うため、マン・イーターの息子と結婚しようとベリモアへ向かうのに同行。旅の中、徐々に魅かれ合う二人。しかし、一行をザドバが襲撃し、エレナ姫を連れ去り、封印されたモラナ神を復活させる生け贄にしようとします。ウルフハウンドは岩山の中にあるモラナの封印まで追いかけるのですが・・・
てな感じの展開。なんか凄く良く出来てます。スケールも大きいし、話の方もさまざまなエピソードを上手く組みあげてて、とても面白いです(多少唐突なところとかありましたが)。時間は136分と長いです。

原題の「Волкодав」はなんて読むのか判りませんが、「狼狩りに使う猟犬」のことだそうです。だからそのまんま英訳した「ウルフハウンド」という題名に。しかし、副題の「天空の門と魔法の鍵」は酷いですね。『ハリーポッター』的な。まあ、これくらいで怯んでたら外国のマイナー映画は観れないですよ。
あと、アオリに「『ライラの冒険』×『ベオウルフ呪われた勇者』」とあるのもどうかと。

「闇が支配する時代 冷たくそびえ立つ天空の門 呪われた石の女神 光を失った街に導かれし 閃光の剣と グレイドッグ族の勇者」ってDVD裏面にありますが、いろいろ誤解しそうなこと適当に並べてるだけですから、これ。販売会社の人、言葉選ぶの上手いなぁ。

その他、ニュースなど。

イラン大統領、内相に側近起用(日経net)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080515AT2M1502E15052008.html

コール元独首相挙式 入院先の病院で44歳女性と(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0515/TKY200805150285.html?ref=rss
コールさんてば若いなぁ。

地球異変余録 番外編 チェ・ゲバラの聖地へ
http://doraku.asahi.com/lifestyle/earthphoto/index.html

キトラ古墳の木棺表面は朱塗り、被葬者は皇太子級の扱いか(yomiuri online)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080515-OYT1T00660.htm

「宗教は子どもじみた迷信」=アインシュタイン、手紙で指摘(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008051400083

冷戦時代の各国首脳が証言へ=元大統領の戒厳令裁判−ポーランド(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2008051401263


参照サイト
ウルフハウンド日本語公式サイト(トランスフォーマー)
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_083.html
ВОЛОКДАВ 公式(英語とかフランス語とかもあります)
http://www.volkodaw.ru/
『Волкодав』
http://media-news.ru/2006/12/29/volkodav_review2.html
Выиграй Эксклюзивный ПОСТЕР Волкодава
http://media-news.ru/2006/12/20/wv_poster.html
Волкодав
http://media-news.ru/2006/09/20/volkodav.html
ウルフハウンドの壁紙
http://media-news.ru/2006/09/20/page,2,volkodav.html
ようこそ洞窟修道院へ!
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6218/

関連記事
「カエサル暗殺」までの前半部分を観ました。ジョン・ミリアス『ROMA(ローマ)』episode01-12
http://xwablog.exblog.jp/8577307/
実在のバルトの海賊王シュテルテベイカーの生涯を描く『パイレーツ・オブ・バルト』
http://xwablog.exblog.jp/7457302
狼の骨を探すためやってきた町は利権まみれで対立し・・・。支倉凍砂『狼と香辛料VIII』対立の町〈上〉
http://xwablog.exblog.jp/8569740/

wolfhound
[PR]
by xwablog | 2008-05-19 02:08 | 史劇
<< 江戸時代に埋葬された骨がいろい... 速水螺旋人の全てが解る!! ゲ... >>