デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ついに語られるムア家での不祥事。船戸明里『Under the Roseアンダー・ザ・ローズ5巻春の賛歌
web拍手レス

>さすがアメリカ。豪州産のSFで、聖書系ギャグ満載の一冊読んだことがありますが・・・・・
オーストラリアの人ってキリスト教にどれくらい関心あるんでしょうね。アメリカ人のメンタリティはないように感じはしますが。
しかし、日本の漫画とかアニメなんてもうアメリカの宗教保守には見せられませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンダーザローズ第5巻船戸明里

『Under the Rose(アンダー・ザ・ローズ)』第5巻 春の賛歌

(船戸明里。幻冬舎。バーズコミックスデラックス。2008年。800円)
「ロウランド家に数家族の友人たちが滞在することになりウィリアムからほんの少しの間逃れられたミス・ブレナン。しかし、彼女の扱いを巡り、微妙な雰囲気になってしまった。特に過去にムア家で勤めていた時に起こった不祥事が問題となる。責められたミス・ブレナンは、耐えられず逃げ出してしまうのだった・・・」

webコミックの『スピカ』で連載中のヴィクトリア朝を舞台にした歪んだ関係の家族もの。前巻までのあの酷い展開が少しは和らぐようないい感じが少し漂ったりもします。
ロウランド家の中でなんとか居場所をみつけた家庭教師のミス・ブレナンでしたが、いくつかの家族が泊まりにきたことでまたも微妙な立場においやられそうになります。彼女がずっと抱えて来たムア家での不祥事のことも問題になるのですが、最終的にはなんとか正直に毅然とした態度で語ることで認められるのでした。
そして、先生に手を出せない(出さない)でいるウィリアムは何やらいろいろ苦悩している(というか欲求不満?)の状態の様子。捕われているのは実はウィリアムという感じなのか?
話の方は第14話「まぼろし」の中編と後編(1)。後編なのに1って・・・。

グレン家のキティとクレア、金髪碧眼の双子のいたずらっ娘ってある意味最強ですな。


その他、ニュースなど。

在日ロシア連邦大使館ホームページで、メドベージェフ大統領のプロフィールが掲載されています。対応早いなぁ。

台湾次期内相、ハイキング中に倒れ急死(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200805110008.html

欧州委、ナポリごみ問題でイタリアを提訴と(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200805110002.html
これはひどい。

スーダン政府軍、首都近郊で武装勢力を撃退 消息筋(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200805110006.html

米図書館への苦情、トップはペンギンの絵本(CNN)
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200805110016.html
「書棚からの撤去を求める申し入れが最も多かったのは、同性愛のペンギンを描いた絵本「And Tango Makes Three(邦題・タンタンタンゴはパパふたり)」だった。」とのこと。アメリカはこの手のことに苦情多そうだな。日本はBL系ラノベとか山ほどあるけどな。「ハックルベリー・フィンの冒険」「歌え、翔べない鳥たちよ」「ライラの冒険 黄金の羅針盤」もダメだとか。「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は反キリスト教的ってことらしいけど、『ハリーポッター』の方がまずくないか?

参照サイト
ひまわりらんぷ(船戸明里公式)
http://www.ne.jp/asahi/orange/lamp/
webコミック幻蔵
http://www.gentosha-comics.net/genzo/index.php

関連記事
こんな家族はイヤだ。ブレナン先生もいい迷惑。船戸明里『Under the Roseアンダーザローズ』4巻。春の賛歌
http://xwablog.exblog.jp/8575485
イギリス史ものを特集。『COMICS DRAWINGコミックス・ドロウイング』2008年No.02
http://xwablog.exblog.jp/8533256/
エマとウィリアムの結婚式で大団円! 素晴らしきメイド漫画の最終巻。森薫『エマ』第10巻
http://xwablog.exblog.jp/8457292/
[PR]
by xwablog | 2008-05-11 22:34 | 史劇
<< 「カエサル暗殺」までの前半部分... 狼の骨を探すためやってきた町は... >>