デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ロンドンを震撼させる切り裂き魔の正体は恐竜!? 久正人『ジャバウォッキー』第4巻
どうも。馬頭です。最近はもうここに書くことも思いつかないくらい思い悩むことが多いです。とりあえず、今目の前にあるオレンジタルトとブラックベリータルトのどっちから食べようか選ぶので大変。そういえば、なんでケーキの下に敷いてある銀紙ってこんなにやわなんでしょうね。この前、千切れて一緒に食べちゃいましたよ。

それはともかく。買ってからちょっと経ってしまいましたが。

ジャバウォッキー』第4巻


『ジャバウォッキー』第4巻
(久正人。講談社。マガジンZKC。2008年。552円)
「リリーの故郷、イギリスのロンドン。そこで起こった娼婦ばかりを殺す殺人事件が恐竜の仕業かもしれない。そのことを調べるためイフの城の二人・リリーとサバタはロンドンへやって来た。そしてリリーは大英自然史博物館の地下で英国情報部時代の恩師ナイチンゲールと出会うのだった・・・」

恐竜と人間のコンビが送る19世紀末の冒険奇譚アクション漫画、『ジャバウォッキー』の第4巻。
今回の巻は、リリーが古巣のイギリスで切り裂きジャックの事件を調べます。恐竜の爪のようなもので切り裂かれた娼婦たち。そしてロンドンの地下に存在する巨大な地下通路とそこで暮らす最下層の恐竜。その中に犯人が? 疑わしきはヴェロキラプトルのガイラという男。だがリリーには、かつて英国情報部で上司であった女・ナイチンゲールと対峙しなければならかったのです。
まさかのナイチンゲールが登場。クリミアの天使として知られる彼女が、ギミック付きの車いすでああも強面な一面を見せるとは・・・・意外な人物の登場でびっくりしましたがいい味が出ててカッコイイですよ。相変わらずいいセレクトしてます。

この巻にはこれのほかに、万博中のパリにおけるサックスマンという男が企む計画の話が少し載っています。

巻末には桂明日香氏のイラストコメントが。


その他のニュースなど。

黒海でガス会社のヘリ墜落、19人死亡(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200804280029.html
「石油会社ナフトガスのMi8型ヘリコプターが」とのこと。最近墜落事故が多いそうです。

バグダッドで交戦、サドル師派民兵ら38人死亡(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080428-OYT1T00657.htm?from=main4

アフガンの軍事パレードで爆発と銃撃戦、タリバンが犯行声明 大統領ら要人は無事(AFP)
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2384003/2873038
全然安全になってないなぁ・・・。

<重傷>男子部員の額にアーチェリーの矢 神戸・滝川高 (エキサイトニュース)
http://www.excite.co.jp/News/society/20080428203800/20080429M40.091.html
意識はあり命に別状は無い、ってありますが、それも凄いですね。頭に矢がささってるのに!

フィリピンで刑務所が観光名所化、受刑者のダンスで有名に(エキサイトニュース)
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209358409.html
近代には刑務所や精神病院は観光する目的で行くことが出来たとか聞いたことがあります。今とはまったく違う観点からそうした施設が扱われていたわけです。そこらへん、もちっと調べると面白いかもしれない。


あと、速水螺旋人さんが、5月10日にイカロス出版から『速水螺旋人の馬車馬大作戦 』という作品集を出されます。いままでの仕事のイラストなどが盛りだくさんの300ページだそうで、うーむ、読み応えありそう。非常に楽しみです。


参照サイト
マガジンZOO
http://www.kodansha.co.jp/zhp/zooindex.html
マガジンZ公式
http://www.kodansha.co.jp/zhp/hp.htm
福井県立恐竜博物館(FPDM)
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
恐竜模型展示室(徳川広和)
http://www2.neweb.ne.jp/wc/A-fragi/
日本古生物学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/psj5/

関連記事
恐竜と人間がクールにヒートアップ! 久正人『ジャバウォッキー』1巻・2巻同時発売!という記事
http://xwablog.exblog.jp/7340558
帝政ロシアが舞台。久正人『ジャバウォッキー』。オススメ漫画をいくつか、忘れないうちに紹介。という記事
http://xwablog.exblog.jp/7340555
[PR]
by xwablog | 2008-04-28 23:58 | 史劇
<< 読めばその魔力に魅入られること... 日本語喋れるチェコ人女性が書い... >>