デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
19世紀初頭を舞台にした海洋ファンタジー。山田睦月&大木えりか『コランタン号の航海 水底の子供』第2巻
『ドルアーガの塔 the Aegis of URUK』ははじめはどうかと思ったけど、何度も繰返して見てるうちに面白くなってきました。OPも結構素敵だし。
しかし、GayoはMacで見れないのは面倒ですね。youtubeとかニコ動では本編は見ないことにしてるので、わざわざwin機付けないといけないし、Macにも対応してくれるようにしてくんないかな。

それはともかく。

コランタン号の航海02


『コランタン号の航海 水底の子供』第2巻
(山田睦月&大木えりか。新書館。ウィングスコミックス。2008年。530円)
「ブルターニュの沖で海へと落ちた新任士官マードックは、海底へと漂うようにたどり着く。そこには少年の姿の貴族の生き残り・ルパートがいたのだった・・・」

現世と幽世の境目にあるかのような不思議な船コランタン号とその船員たちの冒険を描いた作品の続き。ブルターニュの貴族の生き残りを救出するという任務でやってきた彼らですが、ナポレオンの手先である大佐に嵌められ、さらに不可解なことに彼らの船は集中的に嵐に会いました。そして海へと落ちてしまうマードック。
そんな彼がたどり着いた先は、海底にあったかつての伝説へと消えたイスの都。フェニステールの幻想的な雰囲気を持つ世界が彼を、この地の過去とを結びつけます。

さて、この話、生き残った(というかここの海に捕われてた)貴族カンペール伯ルパートをイギリスに送り届けるところまでやって一応ひとくぎり。でも、これは話のまだ一部分らしく、続くみたいですよ。てか、ベシャールって大佐とかとの決着とか全然なので、どうなるのか楽しみです。
あと、ポーツマスついてからの、艦内でのネズミ退治の話はよかった。

あとこんなニュースとか。

「火葬船」構想を発表 日本財団が青写真(時事通信)
http://www.excite.co.jp/News/society/20080407201123/Kyodo_OT_CO2008040701000737.html
「2600トン程度の船に火葬炉を4基設置。火葬後に汽笛を鳴らして故人の冥福を祈る船上葬用のホールも併設。」
はじめ、ピュアにヴァイキング方式と勘違いしました。海上で船ごと遺体を焼くとかそんなの。
『13ウォーリアーズ』とかでもそういうシーンありますよ。
イブン・ファドランの北方旅行を元にした冒険小説。マイケル・クライトン『北人伝説(ほくじんでんせつ)』

君は「アポロ&ポセイドン計画」を知っているか? (エキサイトニュース)
http://www.excite.co.jp/News/society/20080406133201/R25_1122008040401.html
「計画の軸になるのは、日本海でホンダワラという海藻を養殖し、そこから産業資源となるエタノールやウランなどを取り出そうという計画です。」
そういえば、第二次世界大戦の時、海水から金属を取り出そうって計画とかありませんでしたっけ?

チャールトン・ヘストン氏死去=「ベン・ハー」「十戒」の名優−米(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008040600064
次の全米ライフル協会のトップは、ジョン・ウーとかでいいんじゃない?

海賊、仏の豪華帆船乗っ取る、軍艦船が出動 ソマリア沖(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200804050011.html
昔からこの海域は海賊のメッカですから。

顔が2つある赤ちゃん、「神の化身」と村人が崇拝 インド(CNN)
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200804090035.html
「村人たちはこの赤ちゃんを、ヒンズー教の戦いの女神「ドゥルガー」の生まれ変わりだとして、崇拝している。(中略)村長は現在、女神「ドゥルガー」を祭る寺院の設立を検討。州政府に、寺院建立とラリちゃん一家の支援を要請するという。」
こうなると、ベトドクちゃんみたいに手術で直すこともできなくなりますね。

「ドゥルガー(Durga)は、ヒンドゥー教の女神。外見は優美で美しいが、実際は恐るべき戦いの女神である。10本あるいは18本の腕にそれぞれ神授の武器を持つ。神々の要請によって魔族と戦った。シヴァ神の神妃とされ、パールヴァティーと同一視された。」(wikiより抜粋。)

参照サイト
andante (山田睦月公式)
http://www.i-chubu.ne.jp/~mutsuki/andanteindex.html
第四回日本SF新人賞
http://sfwj.jp/sinjin004.html

関連記事
少女漫画で19世紀初頭の英国海軍モノ。山田睦月&大木えりか『コランタン号の航海 水底の子供』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/8188679/
ロンドンを征したる者の帰還。ロンドン旅行をした友人からのおみやげ。
http://xwablog.exblog.jp/7242473
ナポレオン戦争を再現する。RTSの傑作『Cossacks II(コサックス2)』。仏軍敗ってクトゥーゾフ気取りさ。
http://xwablog.exblog.jp/7494868
[PR]
by xwablog | 2008-04-09 22:15 | 史劇
<< ローマのレストランを舞台に老紳... こんな所にあった! 明治天皇御... >>