デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
謎の存在がニューヨークを破壊する中、数人の青年たちが逃げ惑う。『クローバーフィールド / HAKAISHA』
web拍手レス
>明石散人「鳥玄坊」のウルトラモササウルス(ヤマタノオロチ)は全長960m、胴回り285m、
>体重618万㌧ 海中で300ノット、陸上で四百ノット。第七艦隊を尻尾一振りで壊滅。
「鳥玄坊」に出てくるやつって巨大なクジラかと思ってました。
てか、書き忘れましたが、この映画見ていて、夏見正隆氏の傑作『レヴァイアサン戦記』を強烈に思い出させました。特に、アレを出したときとか・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも。『ドルアーガの塔 the Aegis of URUK』のオープニング見て吃驚した馬頭です。でもその時は怒りはしなかった、触手を見るまではなっ!
それはともかく、なんかいつの間にやら春になってまして、すでに桜も散ろうかというくらいですよ。前やってから、二週間振りくらいの更新になります。

さて、見るのやめたつもりだったんですが映画評を聞いてつい見てきてしまった話題のパニックアクションSF。
はじめ、CM見た時は超面白そうだな~、と思ってたんですが、知り合いと話すうちに、この映画地雷の可能性アリ、ということになって見るのやめようと思ってました。どうせシャマランの映画みたいな、「はぁ。そうですか」的な展開をするんじゃないかと。でも、やっぱ気になってさっそく見るハメに。





『クローバーフィールド / HAKAISHA』
(アメリカ映画。2008年。監督/マット・リーヴス。製作/J.J.エイブラムス。出演/マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T.J.ミラー。85分)
「ニューヨークに住むビジネスマン、ロブ・ホーキンス。彼が出世して副社長として日本へと行く前に行われた仲間内でのサプライズパーティー。その最中、突如起こる地響き。そして立て続けに信じられないような破壊の嵐が巻き起こされる。いったい何が起きているのか? ロブたちはわけもわからずに逃げ惑い、そして・・・」

『LOST』や『エイリアス』、『MI3』を作ったJ・J・エイブラムスが製作に関わったこの作品。
謎の存在「アレ」がニューヨークに突如出現。人びとを混乱と恐怖のどん底に突き落とすわけですが、すべての映像が、この混乱の中ホームビデオを回していた一般市民であるロブたち一行の撮ったものとして作られています。映画そのものも、この「クローバーフィールド事件」の記録映像のひとつとしてはじまります。
出世した青年ロブ、その弟ジェイソン、その恋人リリー、友人のハッドなどなどの登場人物たちが、破壊され謎の存在に恐怖し混乱するニューヨークの街中を、必至になって逃げる様が撮影され続けているのですが、その事件の元凶である存在については情報がちょっとずつしか出てこないし、映像の中にもチラ見せがあるくらいで、なかなか何なんだかわかりません。何がなんだかわからない状況の中、まるで自分が逃げてるような臨場感を感じさせる作りですし、それでいながら、物語がこの「記録映像」の中に収まってます。
映画としては一発芸的な作品であることを忘れなければかなり楽しめるかと思います。ただ、カメラワークが、逃げる一般市民が移動しながら撮影している、という感じを出すために、えらい動きまわります。『プライベートライアン』の冒頭の上陸シーンのようなブレブレ映像を一時間半見せられるようなものなので、三半規管の弱い人はやめておいた方がいいかと。映像の中でアレとか起こってる出来事とかをはっきり見せないので、つい集中して見ちゃうんですが、それをしてるとより酔いますよ。私もまだちょっと酔った感じです。

この作品、なんでも続編が決定しているらしく、それも次は日本かもしれない・・・映画の中でもいろいろなキーがあるみたいなので、それが次への引きなのかも?

なんでもプロデューサーのエイブラムス氏は、日本好きの大のゴジラファン。まあ、この映画見りゃすぐわかりますが! そんなんだから、日本で撮りたいというのもありそうな話。いいですね〜。東京をがっつりやってやって下さいな。ビッグサイトの逆三角をぶん投げてくれ。

マット・リーブス監督とか四月二日に日本にいたみたいだけど、まだ滞在中なのかな?

あと、映画評として最後に言わしてもらうと・・・
ハッド、お前はもう少し空気読めwwww

追記
会社の先輩とこれについて話してた時、「これはライドだな」という結論に。ゲーセンにあるガンシューティングゲームにも似てるとも思いましたが、確かにライドだとすると感覚的にぴったりあいます。そのうち、この映画のライドが出来るかもしれないな。


参照サイト
クローバーフィールド公式
http://www.04-05.jp/
クローバーフィールド(allcinema)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329614
続編は日本が舞台!?話題作「クローバーフィールド」来日会見
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20080403-00000001-eiga-movi

関連記事
書痴たちのこの生き様を見よ! 迷惑この上ないから! COCO『今日の早川さん』
http://xwablog.exblog.jp/8044843/
ウガンダでアミン大統領の主治医をした白人青年の話。英映画『ラスト・キング・オブ・スコットランド』
http://xwablog.exblog.jp/8012832/
[PR]
by xwablog | 2008-04-06 23:56 | 日記
<< ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン... 豚と人間との関わりの話。豚って... >>