デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
意外に歴史の話が載ってるので一応目を通しておいた方がいいかも。『トランシルヴァニア その歴史と文化』
今日、はじめてまともにサンシャイン60の三階を見てまわりました。ここにメキシコ料理屋(エルトリートというお店です)があるとは思わなかったな(まあチェーン店系ぽいですが)。今度行ってみたいです。

ロシアの女性受刑者、施設内で美人コンテスト(エキサイトニュース)
http://www.excite.co.jp/News/odd/00031204869082.html
服はどうしたんだろ。

<国立国会図書館>係長が上司や業者に暴行し停職 (毎日jp)
http://www.excite.co.jp/News/society/20080307123900/20080307E40.063.html
「立法考査局」の人らしい。その部署は国会議員らからの依頼に応じて調査を行う部署だそうです。

確率2億分の1、一卵性の三つ子誕生 米国(CNN)
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200803050025.html
論文によって分母が違うようで、六万から二億ってことらしいけど、まあニュースのタイトルとしては二億ってした方がウケるでしょうね。

少なくとも大阪市には“流しの救急車”が実在する — 手を挙げても停まってくれないが、どうすれば乗せてもらえる?(なんでも評点)
http://rate.livedoor.biz/archives/50572447.html
へぇ〜、と思わせる興味深い話です。独善的な慈善活動は嫌いですが、これなら納得。

それはともかく。
表記は「トランシルバニア」じゃなく「トランシルヴァニア」です。

トランシルヴァニアその歴史と文化

『トランシルヴァニア その歴史と文化』
(コーシュ・カーロイ。監訳/田代文雄。訳/奥山裕之&山本明代。恒文社。1991年。2800円。233ページ)
本書によせて ネメシュキュルティ
はじめに
序章
マジャール人の征服まで
アールパード王朝
モハーチの戦いまで
トランシルヴァニア公国
総督府時代
1848年-1918年
まとめに
図版●トランシルヴァニア素描/コーシュ・カーロイ画
トランシルヴァニア地名対照表
解説 <森の彼方>その闇のなかの光彩 田代文雄

いや、とりあえず近場にあって本てだけで紹介してみようかと。
この本、全然歴史の本って感じじゃない扱いなんですが、意外と歴史についての話が載ってたりします。『彩色年代記』からの情報でトランシルヴァニアにいた豪族ジュラについての情報もここに。


参照サイト
サンシャインシティ
http://www.sunshinecity.co.jp/

関連記事
失踪した恋人を捜しにトランシルヴァニアへ。トニー・ガトリフ監督『トランシルヴァニア(TranSylvania)』
http://xwablog.exblog.jp/8026738
ブラン城の返還。ワラキアの歴史ある城がアメリカ在住のハプスブルク一門のものに
http://xwablog.exblog.jp/7696157
[PR]
by xwablog | 2008-03-07 23:58 | 書庫
<< windows機で見ると画像が... 紋章についての本の中でも紋章の... >>