デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
エムスとの戦いの中、雷鎚の魔女であることが危機を招くことに。Cuvie『ドロテア 魔女の鉄鎚』第5巻
どうも。映画『ドリームキャッチャー』のDVDを観て驚いた馬頭です。こんなチープな映画とは思わなかった。スティーブン・キングってこんなんだったっけか? 最初だけはまあまあですが、○○○出て来たり病気の男の子が出て来たりしたあたりから変な雰囲気になってきて、最後は怪獣バトルってなんだよ。

まあ、それはともかく。

ドロテア05キューヴィー


『ドロテア 魔女の鉄鎚』第5巻

(Cuvie キューヴィー。富士見書房。角川コミックドラゴンJr。2007年。640円)
「ザクセン側について行動する雷鎚団(ミニョール)とドロテアだが、彼女のもとに白の家の子供たちがやってくる。そして故郷ナウダースにおける白の家やシャンツガルド、そしてエルゼ姫の立場が極度に悪くなっていることを知るのだった。その頃、負傷して戦場には出ていなかったギュルクは、抜け出してナウダースへと向かう。領主と住民たちの緊張が高まる中、エルゼ姫を危機より救うことになった彼に向かい、姫は突如告白し・・・」

15世紀末のドイツを舞台にした漫画『ドロテア』の五巻目。
「雷鎚の魔女」と呼ばれ一目おかれる存在となったドロテアですが、彼女の存在が雷鎚団にとってよくない方向に向かいそうな感じになってきました。ナウダースを挟んでのエムスとザクセンの戦いに、ローマ教皇庁からの横やりが入ります。異端審問官のハインリヒ・インスティトリスが登場。あの『魔女の鉄槌』を書いた人ですね。まだこの時代には書いてなかったような気もするので、このことが書く契機になったりとかってことになるのかな? 彼はドロテアが魔女である証拠として魔女の薬を取り出します。それはアントンによって盗まれコンラートが持ち込んだものだったのですが、それがこんな形で彼女を追いつめることに。
さらにカスパル団長が味方にしていたと思っていた援軍の傭兵たちは、内通者の働きによって寝返りエムス側についてしまいます。圧倒的な数の兵士にかこまれた雷鎚団は、そこから必死の突破を試みますが、殿にまたもドロテアがあたることになります、というところで終わったので、次の巻がすげー気になります。

参照サイト
ShootOuts on web Cuvie公式
http://cuvie.hp.infoseek.co.jp/
富士見書房
http://www.fujimishobo.co.jp/

関連記事
その想いを確かに抱き・・・。Cuvie(キューヴィー)『ドロテア 魔女の鉄槌』第4巻
http://xwablog.exblog.jp/7933356
中世ヨーロッパを異教のまま生きる少女の物語。『ドロテア(Dorothea) 魔女の鉄槌』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/7755042/
キリスト教が支配するヨーロッパの中における異教。B・ジョーンズ&N・ペニック『ヨーロッパ異教史』
http://xwablog.exblog.jp/7249842/
[PR]
by xwablog | 2008-01-28 05:48 | 史劇
<< バルカンで核が使われるとかいう... ゲバラの若き日の姿を描くロード... >>