デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
疫病の流行で社会が変わり女将軍が生まれる時がきた。よしながふみ『大奥』第3巻
web拍手レス

>一巻しか読んでいないのですが、僕も「大奥」好きです。ウィンダムの「蟻に習いて」はご存知ですか?
『蟻に習いて』は初耳です。ジョン・ウィンダムという人のSFですね。これは男そのものが滅びちゃうみたいですが。
男女比不均衡ネタだと『復活の日』の南極か『獣王星』くらいしか思い浮かびませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういや西山洋書の改装セールにまだ行ってない馬頭です。
行きたいけど他に買う本多すぎて洋書にまで手はまわらないですよ。まあ、3月末日まではやってるらしいからそれまでに(でも、いいのは全部無くなってるかもしれない)。

どうやら、最近ネット上で『無限の住人』が実写映画化&アニメ化されるという話がされているようですね。
あれを実写映画化ってのは、まあ『あずみ』の例があるから可能だろうとかいうことを知り合いと話ましたが、アニメ化の方は、テレビアニメだとちょっと表現できない部分が多すぎるんじゃないかと。テレビアニメの「光の血」表現ではあまりにもしょぼくなってしまいそうな。できればアニメだからこその超解体シーンを再現して欲しいものですね。いや、ホントに映像化されればのことですが!

それはともかく。

大奥』第3巻


『大奥』第3巻
(よしながふみ。白泉社。ジェッツコミックス。2007年。590円)
「赤面疱瘡の流行は収まらない中、鎖国を進め、国内の統治政策を改革してなんとかしようとする千恵。将軍としての才覚を見せるものの、大奥の中では春日局の力は強く、いつまでたっても有功(ありこと)との間に子供はできないことを理由に彼は遠ざけられ、違う男があてがわれてしまうのだった・・・」

この前『きのう何食べた?』(モーニング連載)も発売されたよしながふみ氏によるパラレル江戸時代大奥ものの第3巻。
赤面疱瘡という男子ばかりが死んでしまう病気のせいで、男女構成比が著しく不均衡になり、社会構造そのものが変わってしまった江戸時代の日本という設定で、男だらけの大奥を舞台に人々の恋と悲喜こもごもが語られる、異色だけどむちゃくちゃ面白い漫画です。過去編になってましたが、とうとう女将軍が誕生する瞬間までが語られます。

なんか千恵(家光)と有功の恋愛がどうなるよりも、この巻では春日局のかっこよさが眼につきましたね。いや、もちろん有功のかっこよさもありはしますが、それ以上にかっこいいんですよ、このババア(失礼)。強靭な意志の力の凄まじさと貫き通すことの偉大さを見せてくれたというか。
話の方も国そのものが改変されていかざるえない状況が語られていき、あの1巻のときに感じたトンデモ設定感がまったくなくなってしまうぐらいにスムーズな「社会史」となっていて、その絶妙さに感動しました。
4巻では女将軍誕生からどうなるかも楽しみですね。

この話、昨今の百合流行りの中で、そっちにならないのが不思議なくらいの設定でもあるな、とか思ったり。

そういや『メロディ』といえば、『秘密(トップ・シークレット)』がテレビアニメ化するらしいですね。

参照サイト
メロディ(白泉社)
http://www.hakusensha.co.jp/cgi-bin/mag/magazine.cgi?mode=magazine&magmode=mag09&day=now
よしながふみ氏のファンサイト
http://yoshinagafc.web.infoseek.co.jp/

関連記事
お家再興をするために逆玉狙いの嫁探し珍道中。田中ほさな『乱飛乱外(らっぴらんがい)』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/7700851/
時は幕末、不穏な京都の街中で新撰組を密かに襲い続ける男がいた。石川雅之『人斬り龍馬』
http://xwablog.exblog.jp/7635723/
出てくる人が少し微妙だけど面白い。『日本刀なるほど物語』他。そして『宗像教授』。という記事
http://xwablog.exblog.jp/7480780
[PR]
by xwablog | 2008-01-09 23:59 | 史劇
<< いままで抱いていたアイヌ観を変... 目録を狙う裏切り者からの逃避行... >>