デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
こんな大人になるはずじゃなかった。そう思ったことのある大人は必読。福満しげゆき『やっぱり心の旅だよ』
古い記事です。


ーーーーーーーーーーーーーー

2007年01月25日
こんな大人になるはずじゃなかった・・・。そう思ったことのある大人は必読。福満しげゆき『やっぱり心の旅だよ』。

(不平不満が書いてあった。)

それはともかく。
いつの間にか出てて、吃驚してすぐさま買いました。

やっぱり心の旅だよ


『やっぱり心の旅だよ』

(福満しげゆき。青林工藝舎。2007年。1000円)
「日々の生活に疲れる主人公。そんな彼が出会った『ハカセ』と呼ばれる中年男性は、変人扱いされる発明家だった。だが、物質転送機やロボットを作ったりできるほどの天才で、とうとうタイムマシンまで作ってしまう。10年前の世界へと行ったハカセと主人公は・・・」

福満しげゆき氏の漫画を読むと、「ええい、幸せなのか不幸せなのかはっきりしろッ!」と言いたくなることもありますが、自分としてはそれも含めて、非常に優しい気持ちになれる不条理感といいますか、落とし具合の絶妙さというのか、瑣末なことにかまけて目的を見失った迷走感というか、そこらへんがたまらないのです。
この『やっぱり心の旅だよ』でもそういった形にならないモノがたくさん福満しげゆき漫画となって表現されていて、大変楽しかったです。読後のやるせない清涼感が最高です。
中でも紹介文にも書いたタイムマシンで過去に行くという『新世紀僕はどうなる』は絶品でした。

主人公が子供の頃の主人公に言う。
「将来カメラマンにならなくても女のハダカを見る方法は他にもあるんだよ〜」

ああ・・・。これの他にも福満節がそこかしこに〜。オチも素晴らしい。

この単行本には福満しげゆき氏が昔描いたエロ漫画もいくつか載ってまして、やはり福満しげゆき氏らしく、個性がでちゃってて、エロ漫画なのにたまらなく福満しげゆき漫画になってます。

「徹夜あけで外に出ると・・僕に透視能力が覚醒していた!!」

『透視!!超能力青年Zと物体X』は『エロティックス』に載ったらしいんですが、福満しげゆき氏の『エロティックス』のイメージというのが「オシャレな感じのエロ漫画が載る本」だったとか。だけど、それに載せた漫画がコレか! さすがです。

完璧だけど常識を知らないお嬢様が、性の知識の無さからいろいろエッチなことになってしまう、という『お嬢様麗華の社会科見学』というシリーズもあります。


「このへんに顔をうずめることも道徳的には問題がありますが・・違法ではないんです・・」

『素人女』は田舎から出てきた素人娘を東京人たちがとりかこんで色々する、という話。この中で田舎の素人娘が叫ぶ「なんですか!!あなたたち東京の人はみんな変態のバカですか!!」は吹いた。あんたいいこと言った!

あまりにも売れなかったりすぐ連載止まったりしてしまう福満しげゆき氏が、思い余って、言われるまま求められたことだけを描いた、という漫画も入ってます。これは成年誌・レディース誌などによくある実体験モノの漫画化のやつで、しかも特に短い2ページタイプのやつ。これが6本も入ってます。いわゆる「普通の」実体験モノは飽きるほど見てますが、やはり「言われるまま」であろうと作風が出てしまっているように思えます。貴重な作品。

あと、あこがれの女の子のために強くなろうと柔道を習いに行ったら、変にエロい柔道やらされる『スポーツ美人』も笑わせてもらいました。
「どーやったら一本勝ちになるんですか?」
「そりゃお前・・チンコ入れたら一本だよ」
「ぼ・・僕一本狙ってチャレンジします・・」
「そうかい? でも難しいよ」
「ほんとだ・・ノゲイラのようにディフェンスしてくるので・・とても入れられそうにない・・」


・・・ホント、福満しげゆき氏が押すツボは微妙すぎるくらい微妙だけど、それがとてつもなく面白いんだよな〜。
他の出版社の方々も、もっとこれの良さを分かって欲しいですね。

どうでもいいんですが、この漫画の帯の紹介文が「これが福満しげゆきの失敗エロまんが道」ってなってるのは、紹介文としてはどうなんだろう。


参照サイト
青林工藝舎
http://www.seirinkogeisha.com/
太田出版・エロティックスF
http://www.ohtabooks.com/erotics/index.shtml


Posted by 管理人・馬頭 at 00:56 |Comments(6) |TrackBack(0) | 漫画<少年_青年_成年>

この記事へのコメント

すげえ読んでみたいです…しかし日本に帰るまで我慢。大人だから。
引用された台詞がいい味を出しています。絵を見ずとも、この台詞回しだけで福満しげゆき以外の何者でもない、という感じ。

あと、最近は陰をひそめていたエロトラックバックがこの日記には2つもついている辺り、業の深さを感じます。さすが福満しげゆき。
Posted by 奥野 at 2007年01月25日 14:54

> 大人だから。
猛省します・・・orz
Posted by 蒸しぱん at 2007年01月26日 01:42

>台詞回し
ええ、ホントに絵を見ずとも台詞でわかりますよね。
ぎこちないキャラクターの動きまで思い浮かびます。
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年01月26日 04:13

そして買ってしまいました。大人なのに・・・orz
これが福満しげゆき・・・すごい。
Posted by 蒸しぱん at 2007年01月29日 01:02

>これが福満しげゆき
もしも気に入ったのでしたら他のもオススメ・・・は、素直にできないけど、是非読んで欲しい作品ばかりです。
「まだ旅立ってもいないのに」「カワイコちゃんを2度見る」を先に、「僕の小規模な失敗」を後に読むのがいいかも。
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年01月29日 02:01

いつも書こうとおもって忘れるので、今日こそ忘れないうちにメモ。
福満氏は現在『漫画アクション』で『うちの妻ってどうでしょう?』を連載中。
http://www.futabasha.co.jp/?magazine=action
福満しげゆきインタビュー
http://hakiinu.hp.infoseek.co.jp/fukumitsu1.htm
Posted by 管理人・馬頭 at 2007年05月28日 23:41

---------------------------
参照サイト
福満しげゆきホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~fukuyuki/

関連記事
『僕の小規模な失敗』の意外なアグレッシブさに少し絶望する自分を発見、の巻という記事
http://xwablog.exblog.jp/7480833
漫画家になった漫画家の漫画を描く漫画家の漫画と変わらない生活。福満しげゆき『僕の小規模な生活』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/7854075/
[PR]
by xwablog | 2007-01-25 20:21 | 日記
<< 『世界の教科書 歴史』のブルガ... 更新記録76・blogトップの... >>