デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
暴虐な夫を殺した男に連れ去られ・・・。JET『バイキングに抱かれて』第1巻
どうも。もう12月だというのに同人誌の方はまったくやってない馬頭です。今年は余裕無いです。だからなんか久々の更新。前の毎日更新はなんだったんだ、ってくらいに更新してないですね。

そんな余裕無い生活だから食事のほうも酷いもので、三食あんぱんとか、一週間毎晩レトルトカレーとか。あれ? いつも通りか?
最近はラーメン屋などいいの無いか探してます。それで、この前見つけたとこがかなり気に入りました。

ラーメン俺の空かけそば


「俺の空」って名前のラーメン屋だかなんだかわかんないような名前のラーメン屋でして、そこの掛けが凄くイイです。浸け麺のはそんなでもなかったですが。
場所は池袋駅東口、東池袋1あたり。区役所とかミリタリ屋さんの近くですね。
高田馬場の方が本店らしい。営業時間がえらい短いので私だと休日しか無理。
味が濃厚でたまりません。細麺です。薄味好みが多い仲間内では濃い味のラーメン好きとして虫けらのような扱いを受けてる馬頭ですが、やはり好きなものは好きなんだよう!



2ちゃんねらー提案の「新イギリス国旗」、英大手新聞サイトに(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/02/news002.html
「英国の国旗騒動に、日本から助け舟!?――英国の大手高級紙「Telegraph」のWeb版に、「2ちゃんねる」で提案された新英国国旗のアイデア画像が載った。」
ウェールズ国旗はドラゴンの絵がありますから、これ、いっそのこと、トルメキアの紋章を入れちゃえばいいのに、だれかやんなかったのかな?

4000年以上前の古城跡発見=「最古の王朝」説も−中国(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007120300584
「中国浙江省の杭州市郊外にある「良渚文化」遺跡から、少なくとも4300年以上前のものとみられる古城(古代都市)跡が見つかった。」
古いなー。

ゴルスキーについて
http://www.hist.msu.ru/Departments/RusHis19/Staff/Gorsky.htm

しかし、自分は人と会話する時に酷くかみかみで吃ったりするんですが、これがなんともみっともない。しゃべりたい事は頭の中で準備されるんですが、言葉に変換する時に上手く組み立てられないままとにかく何か口に出そうとして、ゲロみたいにめちょめちょな言葉を吐くことに。も、もういい歳なんだから落ち着いて話さないと・・・

それはともかく。
とりあえず最近は本を全然読んでないです。ちょいちょいつまみ見るくらい。だからこうして書けるのは簡単に読める漫画くらいです。

バイキングに抱かれて』第1巻


『バイキングに抱かれて』第1巻

(JET。ジュリア・バーン。宙出版。ハーレクインコミックス。2006年。600円。原作『The Vikings captive』)
「10世紀初頭。イングランドのある地方がバイキングによる襲撃を受けた時、イングランド人の女イヴェーンは領主である自分の夫によって見捨てられ、バイキングの首領ロリークによって連れ去られてしまう。ロリークは彼女を丁重にもてなすが、ロリークの義弟オタールはそれを快く思わず・・・」

ハーレクイン・ヒストリカル系の作品のひとつ。作画はJET(ジェット)氏。歴史ものではありますが、ヴァイキングについては、まあかなり紳士的に描かれています。
持参金目当ての夫から虐待を受けていたイヴェーンは、最期の最期まで夫から見捨てられてしまいます。しかし、その卑怯な夫をヴァイキングの男・ロリークが切り捨て、怪我をしてるイヴェーンを連れて助けてくれます。この襲撃で捕まった他の女たちともども船で連れ去られてしまいますが、ロリークは義弟オタールたちが彼女たちを犯そうとするのを止め、大事に扱ってくれます。そんな彼が気になるイヴェーンですが、そんなこんなでノルウェーまで運ばれた上に、なんとロリークはイヴェーンを妻にするというのでした。仲の悪い義母やオタールたちは反対するのですが・・・というところまでが第1巻の部分。最後まで読んでこれがハーレクインでは珍しい続き物だと知るハメに。続きはどうなることやら。いや、まあ、ハーレクインなんで、先はだいたい読めますが。



参照サイト
ハーレクインコミック
http://www.ohzora.co.jp/sp/hqc/
ハーレクイン公式
http://www.harlequin.co.jp/index.html

関連記事
トルケルの追撃によって追いつめられ・・・。幸村誠『VINLAND SAGA(ヴィンランド・サガ)』第5巻
http://xwablog.exblog.jp/7621046/
イブン・ファドランの北方旅行を元にした冒険小説。マイケル・クライトン『北人伝説(ほくじんでんせつ)』
http://xwablog.exblog.jp/7598791/
ヴァイキングたちの取引についての考え。熊野聰『ヴァイキングの経済学 略奪・贈与・交易』
http://xwablog.exblog.jp/7560019/
[PR]
by xwablog | 2007-12-03 23:48 | 史劇
<< 中世ドイツ国家の制度と組織を解... 失踪した恋人を捜しにトランシル... >>