デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
見れども見れども我が暮らし楽にならざり。7月後半のテレビ番組のチェック。という記事
古い記事

---------------------------

2006年07月23日
見れども見れども我が暮らし楽にならざり。7月後半のテレビ番組のチェック。

ところで、この前からコメント欄に広告書き込みが多くなってきたので、「http」とかを禁止ワードにしてあります。もしもどこかのサイトを紹介したい場合は「http〜」を使って直接リンクさせないで、「h」抜きにするとかにしてください。

実ははすでにHDレコーダーの容量がパンパンの状態。まだ夏(の特番ラッシュ)はこれからだというのに。
そんな馬頭がチェックする7月後半から8月頭あたりまでの番組は次のような感じ。

23日(日)21時NHK「NHKスペシャル ワーキングプアー 働いても働いても豊かになれない」
23日(日)24時(0時)NHK「世界遺産フランス縦断の旅6 マルセイユ」
24日(月)24時(0時)NHK「NHKスペシャル。 危機と闘う テクノクライシス2 軍事転用の恐怖 ロボット」
25時10分「同上3 航空機エンジン」
26日(水)24時30分NHK教育「高校講座・世界史 アフリカのイスラーム化と諸王国の興隆」
27日(木)22時25分「武士の家計簿」
27日(木)26時NHK教育「高校講座・地理 高齢社会と福祉 スウェーデンとドイツ」
28日(金)20時NHK「アートエンターテイメント 迷宮美術館 アルフォンス・ミュシャ館」
29日(土)15時30分NHK教育「ヨーロッパ食材紀行 ドイツ」


30日(日)15時30分NHK教育「ヨーロッパ食材紀行 フランス」
16時NHK「超温暖化」
21時NHK「NHKスペシャル 同時3点ドキュメント イラク」
24時40分NHK「Weekend Jpanology 畳の歴史と魅力」
8月2日7時NHK教育「地球ドラマチック 巨大竜巻を追いかけろ」
24時NHK「世界ふれあい街歩き コルドバ」
25時55分TBS「CBSドキュメント さらばマイク・ウォーレス」
26時28分フジテレビ「NONFIX 中国ロケット宇宙開発事情」
3日13時30分テレビ東京「SF巨大生物の島」
22時NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 ロボット技術者 小柳栄次」
4日22時NHK「21世紀の潮流 ラテンアメリカの挑戦2 世界最悪の格差社会を克服せよ」

そういや、自分はいっつも『TVステーション』で番組のチェックをしてますが、前回の号の内容は、かなり食い違いがありました。緊急のニュースとかいろいろあったから?

先日の金曜にやってた「ラテンアメリカの挑戦」の第1回 「脱アメリカ宣言 ベネズエラ 7年目のチャベス革命」は面白かったです。ちょっと、えー、とか思うような場面とかありましたが、なにはともあれ、チャベスかっこいいな。前々からNHKはチャベスを推してる感じしますが、この番組でも褒めまくり。前にやったカナダだかドイツだかの番組のチャベスの政変ものも面白かったですが、これもなかなか。ベネズエラの反米的傾向が高まるのはとても結構なんですが、もっと中国が出張ってくると面白いなぁ。あとパラミリタリーの話も、前に『ブラックラグーン』のネタの時に話したような気がしますが、これも興味深い。ただ番組の中で右派民兵の活動についてだけ強調して取り上げたのはちょっと片手落ちというかんじですね。まあ、現在そんなふうにコロンビアとの関係が緊張してるとは思わなかった。あそこらへんの事情をもっと知ると面白いかもしれない。


ここ一週間ずっとやってる「世界遺産フランス縦断の旅」は見てるだけでとても面白い番組なんですが、ただ、リアルタイムでやる意味ってあるのか? 自分的には臨場感とか別に必要ないのですが。
馬車に乗って撮影してる時、めちゃくちゃ画面揺れてたりしましたが、あれはいいのか?
でも、伊東順二氏の話はとても面白いし、普通みれないような場所にいろいろ入っていったりするのはいいですね。フランスってやっぱり、宮殿、教会、お城、町並み、どれも絶品です。
しかし、NHKはほんとたくさん「世界遺産」ものの番組やりますね。TBSから文句言われてたけど、有無を言わさずなし崩しで無かったことに? もしくは、逆にそれを意識して、違うアプローチでの「世界遺産」の番組を作ろうとしてるのかも。


>「NHKスペシャル ワーキングプアー 働いても働いても豊かになれない」
え、私めのことですか?
これ楽しみですね。



参照サイト
外務省ベネズエラ情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/venezuela/


Posted by 管理人・馬頭 at 01:48  |Comments(2) |TrackBack(0) | 歴史 , TV番組

この記事へのコメント

馬頭様が以前ご覧になったというチャベス大統領についてのNHKの番組は、キム・バートレー&ドナヤ・オブライエン監督のドキュメンタリーフィルム「チャベス政権クーデターの裏側〜ベネズエラ」(2003年アイルランド)でしょうか。
私は去年の「EUフィルムデーズ」で観ましたが、NHK特集で放映されたことがあるということでした。国際的な賞も獲っているとかいう話で、そのアイルランドのTV局にとってもかなりの自信作だったようです。
自国宣伝の場である「EUフィルムデーズ」に、敢えてこのドキュメンタリーフィルムを持ってきたアイルランド大使館のセンスはなかなかのものだと思いました。
Posted by Киска at 2006年07月25日 00:14

>『チャベス政権クーデターの裏側』
たぶんそうです。確か何かの賞を貰ってるとも表示されてたので。
しかし、アイルランドの番組でしたか!
2005年のEUフィルムデーズの作品一覧を見ると、他はみんな映画なのにアイルランドだけドキュメンタリーですね。かなり見ごたえある番組でしたし、大使館の人が推すのも分かる気が。(アイルランドじゃなく外国の話のをこういう場面で出しちゃうというのも思い切ってるかと)
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年07月25日 05:45

---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-07-23 02:55 | 日記
<< 夏の決戦はそろそろだぞ!『コミ... 鳴り響くファンファーレが知らせ... >>