デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
大塚にある教会。ホテル・ベルクラシック東京、の写真。『東京人』2006年7月号
古い記事

---------------------------


2006年07月15日
大塚にある教会。ホテル・ベルクラシック東京、の写真。『東京人』2006年7月号

今ちょうど、『R30』でスタジオ・ジブリの鈴木敏夫プロデューサーが出演して話してますが、この人の話し方面白いなぁ。


前に出た『東京人』2006年7月号に、東京の宗教建築関連の特集がありました。

特集 そっと訪ねたい東京宗教建築
「明治期以降、キリスト教などの信仰の場が、
主に外国人建築家によって建てられました。
その町のシンボルにもなっている建物のたたずまいと
ともに、ステンドグラスや内部空間の拡がりなど、
建築として見るべきポイントをご紹介します。」公式HPより抜粋。



その中では当然ニコライ堂とかが紹介されてました。
ニコライ堂は普通の人は入れないものだと思ってましたが、時間とかを選べば入ることは可能なようですね。
また紹介されていた建築のひとつに、この大塚のホテルの上にある教会も入ってた。









ホテル・ベルクラシック。これはホテルの西側、山手線にかかる空蝉橋の上から撮影したもの。こっちから見ても教会があるとはわかり辛い。







これは大塚駅南口側からみたホテルの上の教会。







ホテルの下はこんな感じ。








教会の形は、大塚駅北口から撮影するとよくわかります。
これと似たアングルの写真が、『東京人』でも使われてました。



この教会は「カナ・ゴスペル・チャーチ(カナ福音教会)」というものだそうです。「カナ」はイエスが婚礼の席で水を葡萄酒に変えたことで有名な「カナの婚礼」に由来。

『東京人』に詳しい情報が載ってたはずなので、興味のある方はいまのうちに買いましょう。

参照サイト
池袋大塚結婚式場ホテルベルクラシック東京
http://www.hotel-bellclassic.co.jp/

Posted by 管理人・馬頭 at 01:10 |Comments(0) |TrackBack(0) | 本


---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-07-15 02:43 | 日記
<< ロシア関連書籍のナウカが自己破... 同名の本は何か副題をつけるよう... >>