デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ハイパー美少女系ミリタリーマガジン創刊!『MC☆あくしず』vol.1という記事
古い記事

---------------------------
2006年06月23日
ハイパー美少女系ミリタリーマガジン創刊!『MC☆あくしず』vol.1

驚いた。
旅行から帰ってから、旅行中に出た本を買おうと本屋に行ったら、こんな本が売ってたから。そりゃ驚くわい。

MCあくしずvol.1


『MC☆あくしず』vol.1

(イカロス出版。2006年。電撃戦価格1200円。)



恥ずかしながら、このような本が出るとはまったく知らないでいたので驚きも大きかったです。
「美少女」と「ミリタリー」という二大要素を融合させた新雑誌ですよ。出したのは『萌えよ戦車学校』が自分的に記憶に新しいイカロス出版ですが、本来は社名通り『エアライン』とか『Jウィング』とかの航空ものや、鉄道ものなどが代表的な会社。どこらへんからか、こうした『萌え』な本が出てくるのか不思議な会社だ。
『MC☆あくしず』は、年四回発刊の季刊誌で、『ミリタリークラッシックス』の姉妹誌ということのようです。第2次世界大戦を題材に、萌え要素満載で「これでもか」というくらいミリタリー&美少女という組み合わせをこよなく愛する作家たちを集めたイラストと漫画が載っています。もちろん軍事に関する文もおざなりにはしてませんし、かなりマニアックなネタも扱ってくれる様子。

描いてる作家さんは、速水さんをはじめ、野上武志氏、RAITA氏、島田フミカネ氏、山本七式氏、巻田佳春氏、颯田直斗氏、大藤玲一郎氏、そして『アンリミテッド・ウィングス』が非常に面白かった松田未来氏、といった強者揃い。

巻末の本の解説のところでも書いてるように、「ミリタリー&美少女」の良さを知らしめる、という目的とともに、衰退しっぱなしのミリタリー業界をなんとかして盛り上げようという意気込みがあるようで、「ミリタリーへの敷居を低くしたい!」とも書いてあります。ああ〜、自分的にはたまらないほどバリアフリーですよ。


参照サイト
イカロス出版
http://www.ikaros.co.jp/


Posted by 管理人・馬頭 at 03:12 |Comments(2) |TrackBack(1) | 軍事 , 歴史 , 漫画


この記事へのコメント

「萌え」を介在させなきゃ興味が出ないなら、ミリタリーマニアなんてやめちまえってんだ!くそっ!!「萌え」なんてだいっきらいだ〜!!!
Posted by モーリー at 2006年06月28日 13:14

残念ながら、そういった人たちは別に「ミリタリーマニア」になりたいわけでは無いのですよ。
まあ、「客層は広がる」けど、それでもその中からコアなマニアになっていく人は微々たるものじゃないかな。
もともとハードなファンと興味無い人との間に、ソフトなファンがそれほどいたようにも見えないので、これでファンのすそ野が少しでも広がればいいんじゃない?

ミリタリー関係は適切な入門書の類いがあまり見られないのが弱点かも。子供向けのやつもね。学研の子供向け文庫本で戦車とか戦闘機とかのがあったような気がしたけど、あれって今も売ってたりするのかな。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年06月29日 03:4


---------------------------

ここ最近の「萌えミリタリー」系のものの内容はえらいことになってます。まあ、他のジャンルでも萌えモノが幅をきかせるようになってますが、質の方は上から下、左から右までいろいろ有りみたい。いい方向に行ってくれればいいですね。

関連記事
『萌えよ!戦車学校』第2巻はII型に改名して発売延期。公式サイト、という記事
http://xwablog.exblog.jp/7280682
独ソ戦を面白く解説するこの一冊。内田弘樹&EXCEL『どくそせん』。イカロス出版。
http://xwablog.exblog.jp/7432019
第二次世界大戦を舞台にした冒険活劇。日本ものとドイツもの。吉原昌宏『迎撃空域 吉原昌宏作品集1』
http://xwablog.exblog.jp/7310649



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ
[PR]
by xwablog | 2006-06-23 05:15 | 史劇
<< ともかく美味いのだよ。この「食... 久々に新聞読んでみた。ヒコウキ... >>