デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
今日放映の『失われた千年王国 ビザンチン~イスラムとカトリックの間に生きた帝国』のことなど
古い記事です。

---------------------------

2006年06月03日
今日放映の『失われた千年王国 ビザンチン〜イスラムとカトリックの間に生きた帝国』のことなど

NHKスペシャルの『失われた千年王国 ビザンチン〜イスラムとカトリックの間に生きた帝国』を見ました。

「キリスト教を国教としたビザンチン帝国は、イスラム勢力と激しく対立しながら、1000年にわたって繁栄を謳歌した。〜」(TVステーションの紹介文から)

ビザンツ帝国をメインで扱った珍しい作品。高度な芸術品や高い建築技術、宥和政策など、ビザンツ帝国の利点を紹介するもの。聖カテリーナ修道院とかサンヴィターレ教会、ヴェネチア、ダマスクス、といった世界各地に残るビザンツ遺宝も見せえてくれます。

なかなか楽しかったですが、「巧みな対外政策によって破滅を免れ皆で仲良く暮らした」的な主張がやけに強く打ち出されていたように思います。昨今のNHKの歴史ドキュメンタリーでよく見られる、当時の問題を現代の政治的・社会的問題に対比しつつ、その解答を提示して誘導しようという意図が見え隠れする構成。もともとは3回分の放映を1回にまとめたものだからか、ビザンチンについては上っ面だけなでた感じで、実際にはコンスタンティノープルでのシーンはほとんど無し。基本のテーマは「民族宥和」「共存共栄」かな?
でも、美麗なビザンツ芸術の宝物や、めずらしいモザイク、建築物の内部、といったものが拝めたので良かったです。
意外と厳しいこと書いてますが、やってくれただけで90点はつけたい(とりあえずは)。

前TBS-iだったかでやった『東ローマ帝国』のシリーズのほうがしっかり歴史とか扱ってくれてました。これは現在、オンデマンドTVってやつで視聴可能らしいので、興味のある方はぜひみてください。

オンデマンドTV---東ローマ帝国
http://www.ondemandtv.co.jp/contents/detailvideo-3810.html


ところで、『失われた千年帝国』を見てる最中に悲劇が。
ビデオの録画を重複予約してたのに気付かず、見てた途中でいきなり強制的に番組が変更され違う番組を録画し出す始末。最後の5分だけ見損ねました。しかも、今の段階だと再放送スケジュールが未定らしいので、再録画の準備もできません。たぶん、旅行中にやっちゃうかもな〜。


これ以外での最近の面白いドキュメンタリー番組といえば、『世界ふれあい街歩き』のリューベック編かな。いい街です。先立つものはまったく無いけど、旅行したくなった。
実は、これの前に同シリーズのリガ編が放映されてたんですが、痛恨の録画忘れ。リューベック編も冒頭が失敗してます。失敗が多いな。
でも、27日にやった『探検ロマン世界遺産』のドゥブロブニク(ドゥブロヴニク)編はちゃんと見ました。内戦で破壊されたというのに、なんとも美しい街です。
しかし、内戦で職を失ったカメラマンの男性がほとんどニコリともしないので痛々しかった。


 
Posted by 管理人・馬頭 at 01:02  |Comments(0) |TrackBack(0) | ドキュメンタリー , TV番組 , 歴史

---------------------------

関連記事
中世のバルカン半島に広まったキリスト教の宗派を解説。ディミータル・アンゲロフ『異端の宗派ボゴミール』
http://xwablog.exblog.jp/7545773

これのためにアンテナを買え。NHK BSハイビジョン。シリーズ『ビザンチン帝国』という記事
http://xwablog.exblog.jp/7457552
[PR]
by xwablog | 2006-06-03 04:45 | 日記
<< 勇気を出してはじめての挿入。異... ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的... >>