デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ここまできたら、ハッピーエンドじゃなきゃね。『エマ』第7巻、最終巻。という記事
古い記事です。
まだ外伝がありますよ。
---------------------------

2006年05月26日
ここまできたら、ハッピーエンドじゃなきゃね。『エマ』第7巻、最終巻。

英国メイドの良さを日本に知らしめた森薫氏の『エマ』の最終巻(本編の最終巻)が出ましたよ。

エマ7巻森薫


『エマ』第7巻

(森薫。エンターブレイン。ビームコミックス。2006年。680円)
「侯爵の手の者によって連れ去られてしまったエマ。それを追うウィリアム。再会した二人は、ついに自らの想いを認識するのだった」



はいはーい。『エマ』がとうとう完結です。
森薫氏はすでに「最後はもちろんハッピーエンドですよ」といってましたので、その通りになりましたね。
ウィリアムがアメリカまでエマを追っかけていって、しり込みするエマに「ふたりで決めたことならできると思います」って言うのです。
実は、ハッピーエンディングだと聞いていたので、「逃走エンド」もしくは「移住エンド」だと思ってました。新大陸まで行ったので、そうかと。しかし、新大陸編は3話で終わり。あっさりエマがみっかって帰ります。エマがまた苦労したりするのとか期待してたのですが、それほどそういうのは描かれませんでした。
侯爵と喧嘩別れして、その状態を引きずったままの困難の多い終わり方でしたが、とりあえず二人は幸せそうでよかったです。
エンディングが少し問題かと言う人もいるかと思いますが、自分はこれで良かったんじゃないかと。周辺の話のひっぱり具合、シメ具合が、少し悲しい(とくに父親にロンドンから追いやられちゃうエレノアとか!)のですが、すべて上手くいってみんなして幸せ、というハッピーエンドより、実際的なこの終わりでこそよかったのでは。
何にせよ、随分楽しませていただきました。大変面白い漫画でしたね。
って、外伝がありますよ。まだエマに出た他の人たちの話とかやるって書いてあります。まだまだお楽しみは残っていそうですよ!

ふー、それにしてもこの巻の中でメイダース家のメイドたちがほんとによかったなぁ。ターシャもよかった。あと風呂場シーンも。
あと、なんといってもモニカ姉さまが最高です。
「エレノアのための温室を造りましょう! シダにランにバリアン・ウェア。中央には噴水をしつらえて。そこであたくしたち午後のお茶をいただくの・・・素敵だわ・・・」
お素敵妄想です、モニカお姉さま。
モニカ姉さまの夫フレデリックがとうとう出てきましたが、天然の人で、なんか丁度お似合いといった感じになってて意外です。二人ともすっごい幸せそう。
外伝ではぜひモニカ夫妻ものを。あと、アデーレもの、そしてエレノアものを!


メイド違いな内容ですが、オタク向けの「メイドさん属性チェック」というのをやってみました。

馬頭さん
のメイド属性は
450ポイント
です。

「あなたはメイドさんに萌え始めています。良い傾向ですね。
しかしまだまだそんなのは序の口なのです。
上を目指して頑張りましょう」

メイド初心者ですからこんなもんですか。それに設問も少し偏ってますし。

話が『エマ』に戻りますが、『エマ』のアニメって、もう少し待ってから造れば、通しでちゃんとやれたのでは?
ちょっともったいなかったかも。



参照サイト
伯爵夫人の昼食会
http://pine.zero.ad.jp/%7Ezad98677/
メイドさん属性チェック
http://www.netlaputa.ne.jp/%7Eannie/maidcheck1.html


Posted by 管理人・馬頭 at 02:50 |Comments(2) |TrackBack(1) | 漫画 , 歴史

この記事へのコメント

(なんか文字化けしてしまってますが)トラバ先の『怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】』さんのとこで話題になってますが、どうやらアニメの第二シーズンがやるようです。これは楽しみですね。

怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
http://plaza.rakuten.co.jp/xb70a/diary/200605270000/
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年05月29日 01:05

忘れないうちに書いておく。
『エマ』のエンディング。あのまま『恋におちたシェイクスピア』的エンディングもありえたんじゃないかとか思えました。まあ、ヴァイオラは『十二夜』を前提にというか連想させるために島に流れつくわけですが、エマにその役はちょっと無理か。エマの男装・・・想像つかない。
やはりエマは誰かに仕えないと!
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年09月09日 03:42


---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-05-26 02:43 | 史劇
<< ブラン城の返還。ワラキアの歴史... イスタンブール空港の火災。テロ... >>