デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
イランにF-16売却かも。ベネズエラのチャベス大統領。という記事
古い記事

---------------------------

2006年05月18日
イランにF-16売却かも。ベネズエラのチャベス大統領。

米国とベネズエラの関係を見ると、どうみても悪者は米国ですが、恥を知らないアメリカはまたテロにかこつけた嫌がらせをしました。

米国、ベネズエラへ武器売却禁止 テロ対策に不満
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200605160020.html
「米国務省は15日、南米ベネズエラが国際的なテロ対策に非協力的だとして、同国に対する銃火器の販売を禁止すると発表した。現物のほか、銃火器に関する技術も販売禁止対象となる。」

今まで散々売ってたくせに今更です。これ、アメリカ国内の兵器メーカーから文句無いんでしょうかね。

これでチャベス大統領がどれくらい困るのかはわかりませんが、さっそくこんなこともしてます。


米戦闘機のイランへの「売却」示唆、ベネズエラ
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200605170028.html
「ベネズエラのチャベス大統領の国防政策顧問は16日、米国務省が前日に発表したベネズエラへの武器売却禁止に関連し、米国から購入したF─16型戦闘機を第3国へ売り渡す計画に言及した。核問題などで米国と厳しく対立するイランへの売却も検討対象としている。」

さっさと売ってしまえ。
早くしないとステルス機でいきなり空爆してくるような国ですから。

リビアのカダフィが屈した今、もう反米勢力というとパッとしたのがこのチャベス、ラフサンジャニ、カストロといったとこになってしまってますね。

ところで、今日はじめて知りましたが、「ベネズエラ」って国名は、イタリアのヴェネチアに由来するそうです。スペイン人の探検家デ・オヘダが、地元インディオのマラカイポ湖での水上生活者たちを見て名づけたとか。

参照サイト
在ベネズエラ日本国大使館
http://www.ve.emb-japan.go.jp/
 
Posted by 管理人・馬頭 at 03:49  |Comments(35) |TrackBack(0) | 国際情勢 , ニュース , 軍事


この記事へのコメント

 天然資源の価格高騰で潤っている南米の資源国政府は、利潤を国内投資にまわして支持を固めているので、今年に入ったあたりからかなり強気な政策で欧米に対抗したりしています。が、武器がからむとは・・・。
 米国メーカーの技術支援・部品供給なしにベネズエラがF16を整備できるとも思えず、また、買ったところでイランも維持は苦しいとは思います。もっともイランのF14を中国企業が再生させようという時代ですから、案外なんとかなるかもしれませんけども。
Posted by 晴天 at 2006年05月18日 21:54
この前の南米諸国の資源国有化の動きとあわせて見ると興味深いですよね。

ベネズエラ・ボリビアそしてペルー? 南米、広がる資源国有化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060512-00000013-san-int

しかし、確かにイランがF-16をもらっても、使うというよりもアメリカに対する嫌がらせという意味合いの方が強いような。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年05月19日 03:26
馬頭様、ごめんくださいませ。

あのう、ラフサンジャニさんではなく、アフマディネジャドさんでは?
ラフサンジャニさんは、イランでは割合親米な人です。
Posted by Киска at 2006年05月19日 12:28
>キスカさん
どうもー。いらっしゃいませ。
間違いの指摘ありがとうございます。あああ、よりによって穏健派のラフサンジャニ氏と間違えるとは!

アフマディネジャド・ウォッチ
http://park5.wakwak.com/~asia/islam/ahmadinejad.htm

President
http://www.president.ir/eng/
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年05月19日 21:38


---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-05-18 02:11 | ニュース
<< 非党員でユダヤ系の医師の苦難に... ジェスチャーがわかるとより楽し... >>