デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ポリフェノールまみれのチョコレート効果とカカオの恵み。ほとんどカカオのチョコレート。という記事
古い記事


---------------------------


2006年05月16日
ポリフェノールまみれのチョコレート効果とカカオの恵み。ほとんどカカオのチョコレート。

どうも〜。パスタ週間も3週間目ですが、ようやく明日くらいには終わりそうな感じの馬頭です。
いっつも大量に安い食材を買いに行ってる肉のハナマサ池袋店が、パスタ関連の品物の仕入れが悪くて、ミートソースが補給できず。

ところで、最近コンビニとかで売ってて気になったチョコがこれ。

カカオ99パーチョコレート


左が明治の『チョコレート効果』、右がロッテの『カカオの恵み』です。


表面に書いてある数字からも分かる通り、異常なまでにカカオ含有率が高いです。99パーセントと86パーセント。もう、ここまで来ると「チョコレート」という分類ではなく、「カカオ」という別の食い物のような気もします。
味の方は、凄く苦いです。あまりにも濃いので、どちらの会社のものも、結局は「味」という面ではほとんど同じじゃないかと。
しかし、自分としてはビターチョコレート好きなので、美味しくいただいてます。もっとも、それだけで食べるのはさすがにキツイので、ヨーグルトに砕いて入れてます。これが苦さと甘酸っぱさが混じって、とてもイイのですよ。

覚醒作用はかなりありそう。「チョコレート効果」の99パーセントのやつは、ポリフェノール1700mgと書いてあります。
どうやら、このお菓子、薬局でも売ってるらしい。薬並みとのこと。

このお菓子、同時期にまったく同じコンセプトのお菓子が出るというのも、何か張り合ってる感じがして面白いですね。
「いのちの輝きを見つめる」とか言ってる明治製菓がポリフェノールの大量投与を行い、「お口の恋人」を名乗るロッテがこんな恋人らしからぬ苦々しいお菓子を販売するというのもどうかと。

>チョコレート
カカオ豆を原料にして作られるお菓子。カカオ豆は紀元前2000年くらいからメソアメリカ文明で栽培されていましたが、大変貴重品で、地域によっては貨幣としても使用されました。コロンブスはカカオ豆を手に入れて持ち帰りましたが、それをはじめに献上したのはフェルディナンド2世でした。ただし、それほど重視されなかったようで、本格的に知られることになるのは、コルテスが持ち帰り、カルロス1世に献上してから。砂糖・バニラ・シナモン等を入れて甘い飲み物としました。
17世紀からヨーロッパ各地に広まり、日本への初めての伝来は18世紀末。ただし、慶長遣欧使節団一行はチョコを食べたはず。

参照サイト
日本チョコレート・ココア協会
http://www.chocolate-cocoa.com/
明治製菓
http://www.meiji.co.jp/
ロッテ
http://www.lotte.co.jp/top.html

Posted by 管理人・馬頭 at 01:44 |Comments(3) |TrackBack(0) | グルメ

この記事へのコメント

私はめったにものを「不味い」と思わない方ですが、99%のは嚥下するのを身体が猛烈に拒絶しました。「食い物」と認識しなかったようです。単体で食べるのはキツいですが、ヨーグルトと混ぜる方法は思いつきませんでした。
Posted by 晴天 at 2006年05月16日 03:00

高田さんはチョコレートが大嫌い(ホワイトチョコならいいらしい)なのですが、こんなものを食したら全身の穴から血を噴き出して死ぬかもしれません。

適量をカレーに入れるとコクが出て美味しいなどという話は本当なのでしょうか。しかし、最早チョコレートとしての用法ではないような…アルコール分96%のお酒を思い出しますね。基本は何かと混ぜて服用する。ストレートで用いるのは余程の勇者か、もしくはネタが欲しい場合に限られるという。
Posted by 奥野 at 2006年05月16日 04:33

>晴天さん
あれだけ、というのは確かに辛いですね。自分もはじめは単体で試しましたがキツくて、ヨーグルトと一緒に、という方法にしてみました。まさしくネタ的食い物。
ホントは板状のままじゃなく、一度溶かしたやつをヨーグルトにかけたいのですが、面倒くさいので板のままでかじりつつヨーグルトをすする、という感じです。

>チョコ嫌い
チョコ大好き人間としては完璧菓子たるチョコのどこに問題があるのかわかりませんが、七口噴血して死ぬとなればやむえないでしょう。
チョコでの毒殺にお気をつけくださいとお伝えください。

カレーにチョコというのははじめて聞きました。なんか良さそう。今度試してみますね。

>アルコール分96パーセント
これも「酒」というより「アルコール」という分類のほうがいい、火が付くようなやつですね。
こんなの飲んだら自分は絶対噴き出します!
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年05月17日 01:06

---------------------------
[PR]
by xwablog | 2006-05-16 02:07 | 日記
<< ジェスチャーがわかるとより楽し... 勧める人を間違えたので『コサッ... >>