デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
久々にKoeiのゲームやりたくなった。PC用『三国志VIII』廉価版。シミュレーションとしてはいいが
ソチ冬季五輪に向け、ロシア国土をかたどった豪華な人工島建設へ(AFP)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2287129/2171892
ロシアの形してる!

それはともかく。
実は先日、PCを偶然手に入れることが出来まして、さっそくゲーム買った。(ぉぃ

三国志VIII


『三国志VIII』
(koei。販売/ソースネクスト。歴史シミュレーションゲーム。2006年。1980円。DVD)

光栄(Koei)の『三國志』は、5で止まっていたのですが、win機復活となったので、ちょろっと買いに行きました。で、最新のは高いので(光栄のゲームはみんな値段が高い)、昔出たゲームで型落ちになったやつを安くして売ってるので、それを選びました。

懐かしい三国志感覚を楽しみましたが、やはり昔とはちょっと様子が違う。昔みたいに、何もかも自分でやらないといけない感じのシミュレーションから、武将たちに委任したりして行動する部分が増え、違うものに変わってしまっていました。
8ですでにこれなら、最新のとかはやんないでよかったかも。
ターンごとの行動力制度なのですが、微妙に達成感が無いゲームになってました。
あと、自分の使える財産と国ごとの財産が別みたいな感じになってるのも違和感が。それに戦闘の時のアニメーションが邪魔。
いい所は、武将たちが自主的にちゃんと行動してくれるとこかな。昔の自動はバカでしたから。一括でやれるのも増えた気が。
うーん、でも昔の方のがちょっとよかったなぁ。
一応、このゲームの売りとしては、全武将プレイシステムでどの武将でもやれること。シナリオは51本と多彩。時代の幅も増えた。あと、こーゆーゲームの弱点であるところの、一度大国になると滅多に負けないというのを、反勢力連合を組んで対抗できるとか。戦闘の時は、あらかじめ軍議で決めた「戦術」に沿って戦えたり。人間関係も義兄弟とか好敵手とか仇敵とかの関係を表現。
パッと見、面白そうなんですが、操作性とかも微妙。

まあ、いいです。今度は信長の野望にします。(革新とかはやだ)

あ、久々にコナミの『三国志』がやりたくなりました。(またか)

参照サイト
gamecity(光栄公式)
http://www.gamecity.ne.jp/
三國志
http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi/

関連記事
Koei『BLADESTORM(ブレイドストーム) 百年戦争』が本日発売。これは、プレステ買おうか迷うじゃないか。
http://xwablog.exblog.jp/7372841
[PR]
by xwablog | 2007-09-23 01:49 | 史劇
<< 外伝二冊目。ドイツ人一家関連の... カヌー遭難、カストロ再登場、僧... >>