デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
成田にてお見送り。奥野帝の帰還、という記事
これは古い記事です。

---------------------------
2006年03月26日
成田にてお見送り。奥野帝の帰還

日本に来ていた「ようこそ洞窟修道院」の奥野さんが、25日に帰られました。私は昨日の飲み会&観賞会(『北斗の拳』の映画ラオウ伝を観るはずだったのです)には参加できなかったものの、土曜は休ませてもらってなんとか行くことができました。当然カノッサ伯夫妻も車で参戦し、成田空港にてお見送りしました。




北口ゲート前にて。奥野さんとカノッサ伯夫妻。






ちなみにこの時気付きましたが、出発ゲートのすぐ側に郵便ポストが。この期に及んでも手紙出すような人間がいるらしい。


出発が1時だったので、11時には到着するように行きました。着いてすぐチェックインも無事済み、あとはもう飛行機に乗るのみ。と、思ったら、奥野さんはこの期におよんで、まだ荷物を増やすという行為を。空港にある旅行用品売り場で、新聞やら何やらを買ってました。「手荷物」は重量に加算されないとはいっても、重さや大きさには注意しないといけないので、チェックインした後に購入したようです。しかし、まさかあんなに買ってくるとは思わなかったので少し吃驚しました。
カノッサさんは残念ながら渋滞で遅れてしまい、ギリギリになってしまいましたが、なんとか間に合いました。そして我々は最後の別れを済ませて、奥野さんがゲートの向こうへと消えるのを見送ったのでした。

そういえば見学デッキに出たことがなかったので、ちょっと見に行きました。






もっと人がたくさんいるのかと思いましたが、全部で10人もいませんでした。



ここから眺めると、向こうの方にロシア国旗が尾翼に描かれた飛行機が。




たぶんこれが奥野さんの乗った飛行機じゃないかと。
なんでも、モスクワに行った後にロンドンまで飛んでくそうです。

ところで、空港の中には土産物屋とか飲食店がありますが、小さいながら本屋もあります。新聞とか雑誌を売ってるスタンドみたいのもあるんですが、そこに成年漫画雑誌の『ピザッツ』があったのには驚きました。どういう人が買うというのだ。これから出発する日本人が買うのか、外人さんがお土産にするのか・・・。


参照サイト
成田空港公式
http://www.narita-airport.jp/


Posted by 管理人・馬頭 at 05:04

---------------------------

参照サイト
ようこそ洞窟修道院へ
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6218/
カノッサの屈辱
http://www.toride.com/%7Ecanossa/
[PR]
by xwablog | 2006-03-26 00:32 | 日記
<< ルカシェンコが三選。ベラルーシ... 女装の騎士が活躍する漫画『シュ... >>