デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
特典映像にて別視点を確保せよ。『ブラックホークダウン』コレクターズBOX、という記事
古い記事です。

---------------------------

2006年03月21日
特典映像にて別視点を確保せよ。『ブラックホークダウン』コレクターズBOX

おかしくなったWin機は、どうやらクリーンインストールとかいうのをやらないといけないらしい。再インストールなんかやったことないので、わからないことだらけですが、一番困るのはOSのCDがどこにあるのかが分からないことかと。復活の道は遠そうです。

さて、会社の人から『ブラックホークダウン』のコレクターズBOXを借りて見ました。本編ディスクの他に特典映像のディスクが2枚も入ってるオイシイDVD-BOXです。

『ブラックホーク・ダウン コレクターズボックス』


『ブラックホーク・ダウン コレクターズボックス』
(リドリー・スコット監督。ポニーキャニオン。DVD三枚組み。希望小売価格8190円。)
「1993年のソマリア。国連軍として軍事介入した米軍は、状況打開のため、ソマリアの武装勢力アイディード派の重要人物を特殊部隊を使って誘拐する。しかし、この奇襲作戦は米軍をより大規模な戦闘へと突入させることになるのだが・・・。」


『ブラックホーク・ダウン』はもう何回見たかも分からないほどたくさん見ましたが、このコレクターズボックスでははじめて見ました。本編ディスクのほかに、特典映像ディスクが2枚も入っています。
特典映像ディスク1は、長大なメイキング映像と未公開シーン。
特典映像ディスク2は、ヒストリーチャンネルのこの戦闘の特集番組『ブラックホーク・ダウンの真実』とPBSの『フロントライン』で放映された『モガディシオの攻防』という2つのドキュメンタリー番組と、監督や俳優などのQ&A映像、プロモ、そして事件の推移を見ることが出来るマップとか。凄いのはオリンピックホテルへのヘリ強襲シーンの6アングル変更機能。
この中の『ブラックホーク・ダウンの真実』はケーブルテレビ見れた時に見ましたが、『モガディシオの攻防』は初見でした。どちらも作戦に参加した本人たちが登場するので生の声が聞けます。

特典ディスクの方は2回づつ見ましたが、バカなことに本編ディスクにはコメンタリーが三種類も付いてるので、この後はそれを見ることにします。コメントは監督と製作のもの、原作者と脚本のもの、最後はレンジャー復員兵のもの。コメンタリーだけで三回見ろってのか〜。
実はすでに普通の本編を1回見てしまいました。いやー、何度見ても飽きないですね。

そうそう。ソマリアといえば。
米海軍と銃撃戦、1人死亡 ソマリア沖、海賊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060319-00000024-kyodo-int
「ソマリア沖で警戒中の米海軍の艦船2隻と海賊船とみられる小型船の間で18日銃撃戦があり、小型船の1人が死亡、5人が負傷した。米メディアが伝えた。」
(Yahooニュース。3月19日、共同通信より抜粋。)

ソマリアの沖合いには鮫がたくさんいるけど、海賊もたくさんいるそうです。
紅海の出入り口なんだから、もっと安全性を高めるようしないとまずいんじゃないかと思うんですが。
ソマリア北部にある独立勢力ソマリランドにもっと支援してあげればいいのに。
外務省の海外安全情報によると、比較的治安が安定していたソマリランドも、2003年あたりから少しづつ危険になってるとか。

ついでの情報。
現在ソマリアの国内には、五万五千人の武装兵士、500台の機銃搭載車両(たぶんテクニカルのこと)、200万丁の火器があるといいます。ちなみにソマリアの人口は687万人(1997年)です。

ところで、外務省の海外安全ホームページの所に面白い一文が。
「(注記) 「テロ」については国際的に確立された定義は存在していませんが、一般には、特定の主義主張に基づき、国家等にその受入を強要し、又は社会に恐怖等を与える目的で行われる人の殺傷行為等をいうものとされています。本情報は、このようないわゆる「テロ」に該当するか否かにかかわらず、社団法人海外邦人安全協会が、外務省から提供された平成16年12月末現在の情報等に基づき、海外に渡航・滞在される日本人の方々の安全確保のための参考資料として編集したものであり、外務省の政策的な立場や認識を反映するものではありません。」
うぷぷ。こんなことHPに書く前に、麻生外相の発言を気をつけさせた方がいいんじゃないの?


Posted by 管理人・馬頭 at 01:11

この記事へのコメント

僕らのヒーロー麻生さんを悪く言うなー!ムキーッ!!
この反日分子のうっかり眼鏡めー!!!
Posted by モーリー at 2006年03月22日 00:28

>麻生
漫画好きという点においては自分の中でポイント高いけど、外相としてはやはり三流かと。
どの国でも外相が首相に次ぐような高い地位にあるのはそれだけ重要な役職だから。国が外国と付き合う上での顔ともいうべきもので、諸国の事情に通じ、礼儀をわきまえ、機転が聞いて、機知に富んだ会話の出来る人物がなるべき役職のはず。
それでいながらのあの言動はどうなの?
まあ、こうした失点は、彼が『ローゼンメイデン』読んでるというところで十二分にカバーしてますが! (それに自分の家では「いいパパ」らしいし、ここらへんはかなり高得点なのにね)
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年03月22日 04:55

あの言動がいいんじゃないですか。もっと支那人・朝鮮人どもを震え上がらせてほしいものです。礼儀?そんなもんやつらには必要なし!
ローゼンメイデン読んでたのは知らんかった。翠星石好きだったら、高感度120%ですな。
ちなみに今、仕事中。
Posted by モーリー at 2006年03月22日 13:53

(蒸しパンさんのコメントがありました。翠星石を外相にしろ、と。語尾に「ですぅ」でイチコロ)

>麻生
こいつは震え上がらせるも何もしてないよ。ただそれほど考え無しに発言してるだけ。政治家としては、ちょいショボすぎ。石原都知事並みか。
>ローゼン
翠星石外相は賛成です〜。
ちょうど今、『ブラックホークダウン』の本編をコメンタリーで見てますが、リドリーコメントがむかつきます。リドリーのポイント低下。ご都合主義的プラス思考のバカめ。
復員兵コメンタリーも似てますが、こっちはいいわけがましいのでまだ良いかと。
どれもコメント自体は面白かった。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年03月23日 05:55

ぼくらの英雄、石原都知事までコケにするとは!おのれ!!
民族の面汚しの、ダメダメオタクの、エロ同人マニアめ〜!!!
次に会ったら、カラシニコフの的にしてやる〜!
Posted by モーリー at 2006年03月23日 13:42

おっと、書き込み忘れ。
>翠星石外相
ナイスアイディアです。北鮮に対して
「早く滅びるです。このゴクツブシども」とか言ってほしいなぁ。
Posted by モーリー at 2006年03月23日 13:48

>石原
うぷぷ。弟の知名度のおかげで当選したような都知事が英雄?
銀座で装甲車走らせた業績は認めるけどね。
あと、自分がダメオタクなのも認める・・・。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年03月25日 00:41

---------------------------
参照サイト
ヒストリーチャンネル
http://www.historychannel.co.jp/index.html
PBS
http://www.pbs.org/
海外安全ホームページ(外務省)
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/index.html
ローマ教皇は特製『ブラックホーク』に乗って
http://news.livedoor.com/article/detail/3300622/

関連記事
『pen』2007年8月1日号・特集・ロシア航空宇宙庁・NASA現地取材 宇宙へ
http://xwablog.exblog.jp/7440310
エリトリアとエチオピアの国境紛争の終結か?という記事
http://xwablog.exblog.jp/7387538
[PR]
by xwablog | 2006-03-21 00:20 | 史劇
<< 低賃金労働者の供給か高年齢労働... 日本を見るには広い視野・違った... >>