デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ブラピVSエリバナ! え? ブルームは脇役だったの? ペーターゼン監督作品・映画『TROY(トロイ)』
投票行ってきたんですが、なんかなんでみんなして無所属なんだ。変なのもいるし。

それはともかく。
映画『TROY(トロイ)』をとうとう見ました。

TROY(トロイ)映画DVD2004

『TROY(トロイ)』

(アメリカ映画。監督/ウォルフガング・ペーターゼン。出演/ブラッド・ピッド、オーランド・ブルームほか。2004年。163分。3129円)

なんというか、今までさんざん聞いてた評判が偏ってたのか、とても面白かったので吃驚しました。評判に比べ全然いいじゃないのさ?

原作は入矢堂見聞録じゃないほうの「イリアッド(イリアス)」ですね。書いた人はホメロス。トロイ戦争がメインとなってて、主人公はアキレス(アキレウス。役はブラッド・ピット)。
ギリシャ全土を統一したミュケナイ王アガメムノン(ブライアン・コックス)にはスパルタ王メネラウスという弟がいるのですが、彼の妻ヘレン(ダイアン・クルーガー)は和平交渉で来ていたトロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)と恋に落ちます。そしてパリスは後先考えずにヘレンを帰国する船に乗せて連れてってしまいます。

こうして古代ギリシャ世界全体を巻き込むトロイ戦争がはじまります。トロイは大城壁に囲まれた難攻不落の町であり、さらにパリス王子の兄で最高の戦士ヘクトル(エリック・バナ)がいます。アガメムノン王は無敵の勇者アキレスをなんとか引っ張り出し、さらにトロイに倍する兵士を連れて攻め寄せることになるのですが・・・
てな話でして、まあ、有名な「トロイの木馬」で決着がつくやつです。
160分もの超大作で、戦いにつぐ戦いが見れるし、セットとかもすげー頑張ってます。
思ってたよりもかなり面白かったので、大満足です。
基本的に難しい話は何もない。女がらみで喧嘩になって、力と知恵で相手を出し抜く、という面白い話の諸要素が揃ったもので、映画としても分かりやすく作ってます。最後のまとめ方はどうかと思ったけどね。でも、一応ひとつの映画として上手くまとめたのでは?
それに戦いのシーンはなかなか迫力がありました。集団戦闘も個々の戦いも。

しかし、ヘクトルはなんか悲惨だな。たぶん「なんで俺が(こいつらのせいで)こんな苦労しなきゃいけないんだよー」とか思ってるはず。私、はじめはブラピVSブルームな映画かと思ってたので、ちょっと驚きました。
あと、ヘレンは超美人の設定なんだから、お尻出すのはもう少し後でも良かったかもね。
それと、オチュッセウス役のショーン・ビーンが良かったかと思うのですがどうでしょう。

せっかく、今年の頭に盛り上がってしまった古代熱がやっと冷めてきて、中世ロシア史に集中できるぞー、とか思ってましたが、なんかまた熱があがりそう・・・


参照サイト
忙しい人のための『イーリアス』
http://home.highway.ne.jp/skondoh/il_story.html
イーリアス原典完読を目指して
http://elinika.txt-nifty.com/
イーリアス
http://www.aurora.dti.ne.jp/~eggs/iliad.htm

関連記事
エルサレムを守る騎士バリアンの活躍。リドリー・スコット『キングダム・オブ・ヘブン』
http://xwablog.exblog.jp/7856096


デジタル・クワルナフ サイト・トップへ
[PR]
by xwablog | 2007-04-05 01:37
<< ポーランドの軍事史の本を手に入... 失われたものと再び巡り会った時... >>