デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ポーランドの歴史的美術品などの写真がいっぱい。『MILLENNIUM(ミレニアム)』
また洋書を買ってしまった。読めもしないというのに・・・。



millennium_1_ポーランドの本

『MILLENNIUM A THOUSAND YEARS OF THE POLISH STATE』
(POLONIA PUBLISHING HOUSE。ワルシャワ。1967年)

ポーランドの歴史的美術品・工芸品・建築物を写真付きで掲載した本。
英語の本で、写真多数。一部だけカラー写真。

ポーランド史に関わるような写真があるかと期待して、ネットで買ったのですが、歴史的かつレアなものはそれほどありませんでした。残念。



millennium_2_ポーランドの本

けど、いい写真はいくつかありました。
これはカジミェシュ大王の彫像。クラクフの大聖堂にあるらしい。

>カジミェシュ大王(カジミェシュ3世)
1310~1370年。ポーランドのピアスト朝最後の王。在位1333~1370年。ボヘミアやドイツ騎士団との紛争を終わらせ、国家機構の整備に力を注ぎ、「大王」とよばれた。またクラクフ大学を創設するなど学問を奨励した。
(『角川 世界史辞典』P186より抜粋。)



millennium_3_ポーランドの本

これは左がポーランド王となったステファン・バートリ(血の伯爵夫人エリザベート・バートリのおじ)、右がその妻となったアンナ・ヤギェロンカ(ジグムント・アウグストの妹)。この前うちのサークルで出した『イヴァン雷帝人名辞典』にも載っけた人物ですね。
ここらへんだけでも買ったかいはありました。(カラー写真だったら尚良かったんですが・・・)
たぶん、この絵もクラクフにある。

こういった写真の他には、歴史地図がついてたのは嬉しいですね。普通の日本の地図より少し詳しいです。

しかし、最近、ポーランド史関連の情報から離れてるので、また同人誌でも作りたいですね。次の次はポーランド本にしようかな。
『イヴァン雷帝人名辞典』は、読めば読むほど誤植やら間違いやらの問題がある本なので、やはり手直しは大変になりそう。こっちも、いつやれるんだ・・・

関連記事
ポーランドが国として出したポーランドの概説書みたいな本。『ポーランドの国と人々』
http://xwablog.exblog.jp/10174748


デジタル・クワルナフ サイト・トップへ
[PR]
by xwablog | 2007-04-02 01:36 | 書庫
<< 失われたものと再び巡り会った時... スウェーデン国王来日。イランの... >>