デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
リトビネンコ事件の映画化が決定。ポロニウムの放射能で画面にちらつきとかが出たりとかはしない
そもそもジョニー・デップということころがわからないのですが。

ロシア元将校変死事件、ジョニー・デップが映画化へ 米誌
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200701140010.html
「ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)元将校のアレクサンドル・リトビネンコ氏が変死した事件を、米俳優ジョニー・デップが映画化する。米誌バラエティーが5日伝えた。
米映画会社ワーナー・ブラザースは、デップの映画製作プロダクション、インフィニタム・ニヒル社の代理で、リトビネンコ氏の死に関する本の映画権を取得した。デップはプロデューサーを務めるが、作品に出演する可能性もある。」
(CNN1月14日記事より抜粋。)

早っ! まだほんのこの前の話だというのに!
それにそれほど映画化に向くようなネタとも思えないのだが・・・・。

あと、マイケル・マンとコロンビアが所得する可能性もあったようで、なんかそっちの方がよかったような気もしないでも。

映画ついでに。
信じられないけど、『空の境界』が映画化されるとか。
うおお、型月は立て続けだな~。


参照サイト
映画版空の境界公式
http://www.karanokyoukai.com/
空の境界
http://www.typemoon.org/kara/

関連記事
墨家の活躍を描いた傑作漫画、酒見賢一・森秀樹『墨攻』が映画化。主演はアンディ・ラウ
http://xwablog.exblog.jp/10493682
[PR]
by xwablog | 2007-01-14 00:26 | ニュース
<< 飽和状態の自分の部屋に困り、片... ブレダ開城の経緯がわかる。『歴... >>