デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ありがとうございます。ブログ開設1周年となりました。20061220
これは旧ブログでの古い記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2006年12月20日

ありがとうございます。ブログ開設1周年となりました。
2005年の12月20日からブログをはじめ、今日でちょうど一周年となりました。
サイトの方の掲示板が広告書き込みで埋め尽くされるようになってしまい、代用としてブログを作り、なりゆきで始めたわけですが、今もなんとか無事に続けられています。
これも見に来てくれている皆さまのおかげかと。掲示板時代からの方もブログ時代からの方も、常連の方もたまたま見に来た方も、このようなつたないブログを見てくださって、ほんとにありがとうございます。
世界史サイトに付属するブログのはずなのに漫画の感想主体となってしまっているのはアレですが、ブログの方向性はこんな感じで続けて行きたいと思います。
一日にひとつは記事を書こうと思ってましたが、この一年でのブログの記事数は534ということで、一日あたり1.5の記事を書いてきたことになります。結構頑張ったかも? 来年も一日一記事のペースを落とさないよう頑張ってみます。画像容量は現在20Mになってしまったので、プロバイダ側から無料でもらってる100M分が埋まるまであと4年は頑張れます。
そんなわけでして、今後もよろしくおねがいします。

さて、一周年記念にふさわしい漫画でも紹介することにします。
そうなると、やっぱりコレでしょうか。

さよなら絶望先生』第6集

『さよなら絶望先生』第6集

(久米田康治。講談社。週マガKC。2006年。400円)

収録話は51~60話まで。
「波に乗ってくるポロロッカ」
「あにいもうと という前提で」
「あれ 不可よ 原作があるじゃないかね」
「百万回言われた猫」
「なんたる迷惑であることか!」
「最早 末期を告げねばならぬ」
「ゼロの特典」
「限りなく惨敗に近いブルー」
「世界の中心で愛を避ける」
「銀の時差」

いつも通り糸色先生が嗜虐的なネタ振りして絶望してくれる抱腹絶倒のギャグ漫画。いやらしい笑いが止まりません。

・「波に乗ってくるポロロッカ」は逆流現象ネタ。パチンコから原作の漫画・アニメに入る中高年とかな。可符香ちゃんはこう言う。「やがてキャベツ太郎でキャベツのうまさを知るのね!」と。
・「あにいもうと という前提で」は、なにかを前提に行われる非常識気味の行動をネタに。
「あれ 不可よ 原作があるじゃないかね」は、多くの映画監督などが逃げ込む通路、「原作通り」などについて。ああ、そうだね。原作通りなら仕方がない。そう言ういいわけの氾濫について。「ジーコの指示通り」「トルシエの戦術通り」は笑った。
「百万回言われた猫」は、本人にとって言われあきた安直な連想に基づくたわ言について。そういえば、ロシア旅行に行った時、話した人みんながみんな、「寒かった」って聞いてくるのには笑った。
「なんたる迷惑であることか!」は、被害妄想ならぬ加害妄想について。気を使い過ぎる日本人の宿痾か。マリアちゃん曰く、「やたらヒガイ者ぶる国ガ多いナカ、いい国ジャナイカコノ国ハ」。
「最早 末期を告げねばならぬ」は糸色先生が期末テストの最中にいきなり末期テストをはじめる話。いろいろなモノの末期症状について。
「ゼロの特典」は、タイミングによって効果が何十倍にもなったりするものの不条理について。
「限りなく惨敗に近いブルー」は、期待外れなモノについて。タイトルはサッカーのことから付けたんだろうけど、この作家さん、やたらサッカーネタ使いますね。
「世界の中心で愛を避ける」は、避暑地に行ったつもりが実は諸々のイヤな事を避ける「避諸地」に行ってしまう話。就職を避けてきたニートや、結婚を避けてきたカップルなどが登場。ちなみに私は日本映画を避け続けて来たライトユーザーです。
「銀の時差」は、時間の経過(体感速度)には個人差があるという話。
まあ、こんな感じでネタ漫画家・久米田康治氏の非常に前向きなひねひねの笑いが満載です・・・・。

絶望した! 一周年記念なのにこんな漫画を紹介するクワルナフブログに絶望した!


参照サイト
さよなら絶望先生(ゆとりWeb)
http://www.yutoriweb.com/say01.htm
さよなら絶望先生宣伝フラッシュ
http://digital-y.hp.infoseek.co.jp/sayonara_z.htm

Posted by 管理人・馬頭 at 20:41 |Comments(2) |TrackBack(0) | 雑記 , 漫画<少年_青年_成年>


この記事へのコメント

遅ればせながら1周年おめでとうございます。このペースとテンションで1年続けられるというのは、怠惰な僕からしてみればものすごい偉業だと思いますよ。これからもご健闘をお祈りします。
しかしこの充実ぶりを見ると、「あと4年は頑張れます」ってのも「ジオンはあと10年は戦える」と同じくらい心許ないような…資源の先細りには気をつけて下さいね。
Posted by 奥野 at 2006年12月23日 16:21

ありがとうございます。
もっとやるべきことはあるような気もしますが、なかなか楽しくやってもいます。毎日書くのは大変ですが、それでもネタは書き切れません。4年は頑張れるの心許なさは、ネタの方よりお金のほう。まさに資源の先細りになりそうな勢いです。
Posted by 管理人・馬頭 at 2006年12月24日 14:44


関連記事
更新記録75・「同人誌」に新刊情報を掲載。「『イヴァン雷帝』人名辞典」完成
http://xwablog.exblog.jp/10524065/
[PR]
by xwablog | 2006-12-20 00:52 | 日記
<< 我らのトルクメンバシュが死亡。... ヨーロッパの風景を切り取る楽し... >>