デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
女人禁制の男の園・大奥を描く逆転世界。よしながふみ『大奥』第1巻
『西洋骨董洋菓子店』や『愛がなくても喰ってゆけます。』のよしながふみ氏の、一部で話題になってる異色の時代劇漫画『大奥』を読んでみました。

「ここは暗い。こんなにも輝くばかりの美貌と才覚を持つ者達がひしめいているというのに、心が暗いのだ」

大奥第1巻_よしながふみ

『大奥』第1巻

(よしながふみ。白泉社。ジェッツコミックス。メロディ連載。2005年。571円)
「天然痘に似た奇病によって男の人口が激減し、女性が社会の中心を担うようになった江戸時代の日本。その日本を統治する幕府のトップである将軍職も女性によって継がれるようになっていた。男が足りない世の中でありながら、将軍だけは美男3000人を集めた女人禁制の世界『大奥』を持っていて・・・・」

面白い! こんな変な設定なのに面白い!
男女逆転という点だけでなく、話とキャラクターがそもそも良くできていて、この歪んだ社会をはじめの違和感を感じさせないで「納得」させる力を持っています。
この漫画、はじめは貧乏旗本の息子・祐之進が大奥にあがり、驚きつつも、その中で頭角を現していきます。
この話は途中からこの大奥の主人である八代将軍・吉宗(女性)が中心となって進んでいきます。この巻の最後には、この大奥を含め、日本社会の全てにおよぶ女性優位の構造の謎に迫ろうかという感じになってます。
はやく次の巻出ないかな~。とか思ったら、11月29日に発売予定です。

参照サイト
The Fumi Yoshinaga Resource(ファンサイト)
http://yoshinagafc.web.infoseek.co.jp/
大奥を知る(武士の時代)
http://homepage1.nifty.com/SEISYO/oooku.htm

関連記事
疫病の流行で社会が変わり女将軍が生まれる時がきた。よしながふみ『大奥』第3巻
http://xwablog.exblog.jp/7920601
去年終わりの新刊等まとめて紹介。将国のアルタイル3巻、大奥4巻、聖痕のクェイサー6巻、新鬼武者2巻
http://xwablog.exblog.jp/10129464
[PR]
by xwablog | 2006-10-23 06:29 | 史劇
<< ハンガリー動乱再び? 違う感じ... 更新記録74・「史劇」の漫画に... >>